とっておきの明日のために このページをアンテナに追加

2010-08-10

パラドックス13

ミステリーと言うよりはとある条件下で起きたパニック小説、サバイバル小説という方がジャンル分けでは正しいのかもしれません。

ただそう言う分野ではもっと本職の作家さんはいる気がしますし、なぜそんな状況に陥ったのかの説明やオチも説明不足で唐突感は否めず読み終わった後も?マークが頭の中を回っている状態でした。

マルコビッチの穴という映画を評するときになぜジョン・マルコビッチの頭の中を覗けているのかということを考えずに純粋に今の状態だけを楽しむことに徹しようとすれば面白いという評がありましたが、まさにその楽しみ型が合う作品だと思います。

藍色藍色 2010/11/02 02:10 こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

sylphid666sylphid666 2010/11/03 04:26 コメントありがとうございます。
トラックバックさせていただきましたので、ご確認ください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sylphid666/20100810/1281443299