Hatena::ブログ(Diary)

流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-06

「最強のふたり」感想

f:id:synkronized417:20121206190443j:image:w360
 エリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。

 「感動作」「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投じる改心の良作。見た目いかにもな雰囲気を、冒頭のカーチェイス、そしてアースウィンド&ファイアーのご機嫌なダンスナンバーで払拭する演出もさることながら、主人公二人の心境や気持ちの変化を丁寧に汲み取り、時にユーモアを交えつつも美しい物語へと昇華させている点は、非常に好感が持ててグッド。

 実話ベースとはいえ、明らかに過剰な創作をブッ込み、台無しにしてしまうような過ちは侵さず、また中途半端な奇跡で無理矢理ハッピーエンドに落とす事もなく、しかしエンターテイメントとして骨組みはしっかりと残し、最後まで観客を飽きさせない作りも高ポイント。まったく私見ながら、フランス映画らしいどこかアンニュイな空気を纏いつつ、ムダを省いて大事な部分だけを浮かび上がらせる、日本的な引き算の美学をも感じた。

 さて、一見して本作は、身体障害者と健常者がいかにして付き合うかを描いているようで、実はそれを含めた、大きなテーマが隠されている事に気づく。
 簡単に言うと、本作の二人の立場はまったくの正反対。片や、首から下が動かせないが、多くの富と教養を持つ初老の大富豪。片や、健康な体を持ちながら、学も資産も定職もない前科付きの移民青年。本来なら、接点を持つ事自体ほぼありえない関係である。
 しかし、そんな貧しい青年を富豪は受け入れ、自身の世話役という仕事を与える事によって、少しずつ人間として再生させている。教養や社会のルールをそれとなく教え、自分の足で立って歩く術と勇気を授けている。作中の視点では、主に青年の言動が富豪の背中を押し、まだ見ぬ世界を教えているように見えて、実はお互いが認め合い、ともに影響され合っている相乗の関係なのだ。
 もちろん、青年の歯に衣着せぬ物言いと、他から見ればKYとしか映らない行動が、偶発的に功を為したとも言えるが、それ以上に、普通なら疎まれるであろう彼のような人間を迎え入れ、貧富や育ち、世代や肌の色も越えて対等に向き合ったからこその結果だと、断言できる。つまり本作は、真に人間同士が心を通わせるにはどうするべきなのかを、気難しい車イス生活者と陽気な黒人青年の姿を通して世に訴えたかったのではないかと、勝手に想像するが、いかがだろうか。

 もしかしたら、本作を「不謹慎だ!」と怒る人もいるかもしれないし、たまたま上手くいっただけのご都合主義映画だと感じる人もいるだろう。しかし、お互いの至らない部分は指摘し合いつつ、どうする事の出来ない部分は個性と受け入れ、場合によっては武器に変えるぐらいの胆力を世間の人がほんの少し持てれば、世界は今より優しくなると信じたい。本作はその一つの具体であり、かつて北野武氏が語った「いつか健常者と身体障害者が『お前、頭悪いもんな』『お前は手足悪いもんな』なんて言い合える社会になるといいね」の、貴重な成功例であると言える。
(ちなみに、この場合の「武器」とは、オレは可哀そうなヤツだからお前ら同情しろ優遇しろ金よこせ、という意味ではない。念のため)


 ところで本作、聞けばハリウッドでリメイクが決定しているらしい。正直やめときゃいいのにとは思うのだが、個人的に富豪役にはアル・パチーノ、青年役にはクリス・オドネル「セント・オブ・ウーマン」コンビを勝手に推しておく(実際の彼は、黒人ではないそうなので)。
 

 ☆☆☆☆★

 そういえば黒人の彼、「ミックマック」に言語ヲタクの役で出てたんだね。全然気づかんかった(笑)。星4つ!!
 







Ost: Untouchable

Ost: Untouchable


オールタイム・ベスト・オブ・EW&F~太陽の祝祭

オールタイム・ベスト・オブ・EW&F~太陽の祝祭


ミックマック [Blu-ray]

ミックマック [Blu-ray]



差別をしよう!(14歳の世渡り術)

差別をしよう!(14歳の世渡り術)

Wynd ChymesWynd Chymes 2014/03/06 16:39 遅まきにこの映画をDVDで鑑賞。そしてこの映画の巷の感想を閲覧するうちに偶然貴殿のブログに辿り着きました。正直いって映画のおもしろさもさることながら、このブログの
感想閲覧のほうが当方にとっては興味深いものでした。
読むうちに鑑賞歴も長いことが容易に伺えます。それと映画に向き合う姿勢が柔軟で懐の深さも感じられます。他の感想も高評価が多い中、一部のマニアックっぽい(あくまでぽいと表現しますが)方など辛口の評点1を付けて、自分流の持論を回りくどい表現で投稿しているのを見ると逆に不快感さえ憶えます。映画ってそんなにへ理屈の世界ではないと思うのですが。評の末尾あたりにタケシの論評のくだりなど入れられて貴殿の感性の豊かさを感じました。それと余談ですが当方は音楽も結構好きでして特に黒人音楽(Soul,R&B系)は30年近くコレクションしています。この映画の成功はEarth Wind & FireのBGMも一役買っていると思われます。オープニングの車中と中盤の自宅コンサートでの白と黒のぶつかり合いの妙も見事でした。(白:クラッシック 黒:EW&FのBoogie Wonderland)
私自身EW&Fはモダンすぎてそんなには興味の対象外バンドではありましたが、ここへきてやはり世界の超が付く一流バンドではあることを再認識はしましたが。
いずれにせよ久しぶりに見終わって清々しい作品に出会えました。もちろんこの映画は私にとって星5ツです。これからも時々、閲覧侵入させてもらいます。お邪魔しま

synkronized417synkronized417 2014/03/08 22:13  Wynd Chymesさん、コメントありがとうございます。

 いえいえ、小生の鑑賞暦なんて微々たるモノですよ。お褒めいただいてありがたい事ですが、高卒低所得が思いついた事を適当に並べてるだけですので、どうか買い被りなさいませんよう(笑い)。

 いやしかし、仰るとおり本作の音楽の使い方は秀逸でしたね。あのコンサートもクラシックがダメという意味ではなく、毎年同じパターンで飽き飽きしてるところに、相手の欲しているであろうモノを彼なりに考え、実行した結果なんですよね。そして、それを分かった上で喜んで受け入れる。二人の信頼関係が垣間見える、いいシーンです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証