Hatena::ブログ(Diary)

流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-07-21

「風立ちぬ」感想

f:id:synkronized417:20130721185736j:image:w360
 崖の上のポニョ以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督最新作。モデルグラフィックスで連載された、零式艦上戦闘機(通称:零戦)の設計者として知られる実在の人物・堀越二郎の半生を描いた同監督のコミックを映画化。


 誤解を恐れず言えば、これは良くも悪くも宮崎駿という人物が初めて手がけたヲタク映画」だと評する。商業性、エンタメ性を極力排し、監督ご自身のやりたい事、伝えたい事を表現するのに徹した、おそらく最初で最後の作品になるだろうと小生は考える。

 空に憧れる少年時代にはじまり、関東大震災、未曾有の大不況、そして大きな挫折を乗り越え、航空史にその名を残す稀代の傑作機零戦を完成させるまでを描いた本作。これまでのジブリ作品とは一線を画し、物語の抑揚や大小のクライマックスをほとんど用いず、ただ淡々と堀越をはじめ周囲の人々に起こる出来事を見せる事で、ユーザーそれぞれに行間を読ませる余白を与えている。
 一見地味で、場合によっては手を抜いているかのような印象を受けるかもしれないが、画面の中に無限に近いイメージを持たせ、絵と音だけでは表現しきれない、いわば「空気」のようなものまでそこに取り入れる手法は、昨日今日のアニメ人に出来る芸当ではない。アニメ先進国と称されるわが国においても、これだけ繊細且つ確かな仕事をこなされる御仁を、小生は宮崎監督を含め二人、いや三人しか知らない。

 ヌルヌルイキイキ動く、我々のよく知るジブリ作画」久々の復活もさることながら、モブを含む全ての登場人物が機能的にムダなく配置された、キャラクターバランスの巧みさも実に秀逸。特に堀越の妹・加代は、ラストの手紙のシーンはもとより、一見仕事人間である堀越の人物像を明確にし、同時に「女性、あるいは身内から見た堀越氏」という観点とも取り入れる重要なポジションだったと、高く評価したい。
 加代もそうだが、ヒロインの菜穂子黒川夫人といった、男では到底掴み辛い女性の行動理念を、宮崎監督は何故こうもうまく汲み取り、作品に込められるのか。ひょっとして密かにそっちの気があるんじゃないかと妙な勘繰りをしてしまいたくなるが、少なくとも本やインターネットで得た知識ではなく、長年の経験で骨肉となった蓄積の賜物に違いあるまい(変な意味じゃなく)。

 また、個人的に面白いと感じたのは、要所要所で様々な試み、例えば堀越がのちに妻となる女性・菜穂子と紙飛行機を飛ばし合うシーンで、さりげなく戦前から使われているカートゥーン手法が、そのまま用いられている点。にも関わらず、最新のアニメ技術と並べても違和感や古臭さをまったく感じさせないのは、遊びの天才・横井軍平氏(故人)の言う枯れた技術の水平思考の体現のようであり、本作のテーマの一つであろう「時代を超越する夢と情熱と、それを形作る手仕事への敬意」の具体に他ならないと断ずる。
 

 ただそれだけに、監督が本作に込めたそれらメッセージを、十全とは言わないまでもある程度正確に汲み取れるユーザーが果たして何人いるだろうか、という危惧も少なからず受けるのもまた事実。まがいなりにも年間100本以上を鑑賞する、映画ヲタクの末席の汚す小生のような者ならまだしも、鑑賞するのは宮崎駿という名だけで映画館に足を運ぶ、いわゆる普通のお客さんがほとんどのはず。
 もちろん、高卒低所得の小生が監督の考えを完全に理解できるわけはなく、多くの方は小生なんぞよりよほど理解力も読解力も長けてらっしゃると存じてはいるが、最初から「子供向けではない」と公言されているものの、それでも「あのジブリだから」と期待していた方々が、このすこぶるエンタメ性の薄く、且つ航空機に多少なり知識のある者にしか分からない専門用語が飛び交う本作を、本当に「イイハナシダナー」以上のモノを得て会場から出て来られるか。場合によっては、ただ退屈な映画だったと切り捨てられる可能性も少なくはあるまい。
 その意味で、冒頭で述べたとおり、小生は本作をヲタク映画」と評さざるを得ない。自分のしたい事、やりたい事を貫けば、着いてこれない者が出てくるのが当然。聡明な監督ご自身も、その辺り覚悟を決められて制作に臨まれたと若輩ながら察する。

 しかし同時にこう思う。そんなリスクを背負ってまで、監督が本作を制作された意図は一体何なのか。それはきっと、夢だからこそ、好きだからこそ妥協せず、甘えを許さず、プロに徹しなければならない事を、若い世代に身をもって伝えるためではないか、と。失礼ながら、年齢的に考えて宮崎監督が作れる作品は、本作が最後か、良くてもあと1、2本。アニメ業界も含め技術者の減少が長年叫ばれる情勢に対し、もっと夢を追いかけろ、もっと仕事を愛せと、堀越の飄々とした姿を借りて伝えたかったのだとしたら。
 だからこそ、ご自身の趣味である大戦時の戦闘機を題材にした作品を、しかしあえて徹底的にプロとして挑み、アニメ人たる自身の集大成として、その仕事ぶりを見せつけたのでは。つまり本作は、本編と制作の両面から、夢を形にする美しさと、その生命の強さを表した、いわば宮崎監督からの生前遺言だと考えるが、いかがだろうか。

 ゆえに下記する採点は、思いのほか低いものとなっているが、これは本作を観た人がどう捉えるかを客観的に想定したため(実は普段のレビューもそうなんだが…)であり、作品そのものの価値を貶める意図は決してないと断っておく。まあおそらくは、監督ご自身もそんな採点がどうとかなんて境地には既にいらっしゃないかもしれないが、とにかく、これから本作を観に行こうと思っているそこの諸兄姉、どうか「だってジブリだし〜」なんて軽い気持ちは吸殻入れにでも投げ捨ててから臨んでいただきたい。


 余談だが、主演のA野については…、個人的に死ぬほど嫌いという点を差し引いても、まったく話しにならんとだけ言っておく。一部では、ヤツを宮崎監督の後継者だと言う頓馬もいるようだが冗談じゃない。ヤツがジブリで監督やったら、今度こそ確実に日本のアニメは完全に潰れる。そもそも、監督がヤツの才能を本当に認めているなら、主演ではなく作画の一つも(長くなるので以下略)。

 なお、ヒロイン役の瀧本美織は意外と良かった。

 ☆☆☆★★++

 それからホモって言うな(笑)、星3つプラスプラス!!


 ところで話は変わるが、作中堀越が使っていた定規みたいなモノ。何かを計算する道具のようだが、今もああしたモノが使われているのだろうか。その辺の知識に明るい方、どうかお知恵を。













【送料無料】風立ちぬ [ 堀辰雄 ]

【送料無料】風立ちぬ [ 堀辰雄 ]
価格:470円(税込、送料込)



【送料無料】零戦 [ 堀越二郎 ]

【送料無料】零戦 [ 堀越二郎 ]
価格:580円(税込、送料込)






















ナドレックナドレック 2013/07/22 19:30 TBありがとうございました。

>定規みたいなモノ。何かを計算する道具

あれは計算尺ですね。
1928年に書かれた『宇宙のスカイラーク』にも、主人公の科学者がタバコをもくもく吹かしながら計算尺で宇宙船の設計をする描写があります。かつての科学者・技術者にとっては必需品でしょう。
関数電卓の登場後は、ごく限られた分野でしか使われてないと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%88%E7%AE%97%E5%B0%BA

synkronized417synkronized417 2013/07/22 21:26  ナドレックさん、コメントありがとうございます。

 なるほど、関数計算などに用いたのですね。電卓のなかった時代、設計関係の仕事には欠かせない道具だったわけですな。使う事はないと分かっていても、ちょっと欲しくなりました(笑)。情報ありがとうございました。

ふじき78ふじき78 2013/08/06 10:55 いやあ、ジブリだからと思って見に行ったら何だかなあ。

二郎の着てる明るい色のダボっとしたスーツが今の時代見るとホストみたいで。まあ、確かに金銭じゃないけど主人公は彼女から搾取しかしてない気がする(自分のリスクを犯してない)。

synkronized417synkronized417 2013/08/11 20:44  ふじき78さん、いつもありがとうございます。返信が遅れて申し訳ありません。

 あの時代はアール・デコ真っ只中ですし、日本の服飾業界も少なからず影響があったはずなんですけどねぇ。ミヤさんがその辺考慮ていないとは思えないんですが、あれがジブリの描き方なのか、それともああいったスーツが主流だったのか、気になるところです。

 監督曰く、男はどういう仕事をするか、何を成したかで価値が決まるそうで、まあその見解に異論はないのですが、確かにアレでは奥さんは何なの?みたいな感じに取られてもおかしくないですね。その点も含めて、観る人によって賛否両論ある作品だろうなと思っております。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証