Hatena::ブログ(Diary)

流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-01-16

「大脱出」感想

f:id:synkronized417:20140115212705j:image:w360
 「ザ・ライト -エクソシストの真実-」ミカエル・ハフストローム監督「ロッキー」「ランボーシルヴェスター・スタローン×ターミネーター」「コマンドーアーノルド・シュワルツェネッガー主演。罠にはめられた脱獄のプロと謎の囚人リーダーが、脱出不可能の監獄から脱獄を計るアクションスリラー。

 ハリウッドの二大アクションスター、スライシュワちゃんが奇跡のW主演。映画ファンにとってゴジラVSガメラ」「アントニオ猪木VSジャイアント馬場」「孫悟空VS範馬勇次郎に匹敵する、まさに長年待ち望んだ究極のドリームタッグの実現たる本作。
 ストーリー自体は、ぶっちゃけご都合主義の勢い任せ。冒頭の掴み部分では、スパイ大作戦よろしく、なかなか緻密でクレバーな一面を見せてくれたものの、中盤辺りから計画も下準備も雑になり、クライマックスではとうとう「どさくさに紛れて物理で殴れ」という、行き当たりばったり甚だしい展開に。
 途中、「なるほどなー」と思える部分は多少あるにせよ、基本は筋肉と暴力と、そしてまた筋肉という、よく言えば超がつくほどシンプル、悪く言えば恐ろしいまでの大雑把な作り。そもそも、予告とポスターで監獄の正体がボロバレしてる時点で、せっかくのささやかな謎解き要素も台無しというお粗末さ。普段なら「ここのスタッフ全員ビンタ。監督とライターは追加でレインメーカーとなるところ。

 とはいえ、実際この二人が並んで立っている段階で、そんな細かいストーリーなど誰も求めておらず、とにかく世界一有名なムキムキ系マッシヴ親父がドツき合い、銃をぶっ放し、最後はぶっとい腕でガッチリ握手を交わすシーンを拝めれば、誰も文句は言うまい。
 むしろ、この二人なら収監直後に鉄拳で外壁をぶち破り、押し寄せる警備兵と囚人どもをボッコボコに弾き飛ばした挙句、武器を奪って所長室を占拠、なんて朝飯前だったところを、あえてそうしなかった点に本作の良心が見える(ソウカ?)。

 欲を言えば、この案件がもう20年早く実現していれば…とは、おそらく世界中の誰もが思っているところで、事実、二人とも全盛期に比べると明らかにアクションのキレも悪く、エッチラホッチラ感が出てしまっているのは否めない。が、年を重ねた分、より狡猾さと鋭さの増したスライと、よりカリスマ性と貫禄を増したシュワちゃんを確認できたのは、嬉しい誤算と言える(それを誰が望んでいるかは別にして)。

 一種の「ファン感謝デー」的なお祭りムービーで、二人のファンなら観といて損はないはず。今夏公開予定の「エクスペンダブルズ3」でも共演が決定しているそうなので、今から日本上陸が楽しみ。

 とりあえず、今回はこんな感じで。


 ☆☆☆★★

 さり気なくジェームズ・カヴィーゼルとカーティス・"50セント"・ジャクソンが出演している点にも注目(笑)、星3つ!!





 そういやジャッキーが参戦するって話しはどうなった?










スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証