Hatena::ブログ(Diary)

流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-03-27

「仮面ライダー1号」感想

f:id:synkronized417:20160327201117j:image:w360
 仮面ライダーシリーズ生誕45周年記念作品にして、1972年公開仮面ライダー対じごく大使以来、実に44年ぶりとなる藤岡弘、主演ライダー映画。おやっさんこと立花藤兵衛の孫娘・麻由を、ショッカーの魔の手から救うため、本郷猛仮面ライダー1号が、仮面ライダーゴーストとともに戦う。

 まず何より、脚本とシナリオが酷い。ムダなセリフやカットの多さもさる事ながら、ショッカー内の新旧派閥争い、ゴーストとの掛け合いなどの使い方も上手くなく、どうしようもないリズムの悪さ、居心地の悪さを覚えてしまう場面が多々。

 ビジネスとしての世界征服を掲げるノバショッカーはヨシとして、その方法が考えられているようでかなり雑な上、結局何も解決しないまま、ボスがブッ倒されたら終わりという、安直を通り越して投げっぱなし全開の展開には、ただただ唖然。
 幹部の一人、長澤奈央演じるイーグラだけ何故最後まで怪人態にならなかったのかや、戦闘力的なスペックはさておいても、これまでの劇場版に登場した敵と比べて、ものすごく薄っぺらい組織のように感じられてしまった。

 また、キャラクター同士のバランスが極端によろしくなく、おまけに上記したような余計なシーン、例えば冒頭のカラオケや、バーで殴り合うショッカー戦闘員といったお笑い要素が悉くスベリ倒した挙句、グダグダ感に拍車をかけているのは、痛恨の極み。
 一応、現在放送中のライダーも立てねばならんという、配給元の事情も分からなくはないものの、正直ゴーストスペクターが介入するメリットは、ほぼゼロ。それまでの大集合ムービーとは違い、他のライダースーパー戦隊が出てこなかった事、平成2期ライダー眼魂使用、大杉漣演じる地獄大使など、評価すべき点もそれなりになくはないとはいえ、一作品としての完成度は、思いのほか低い。
 はっきり言えば、ここ数年の「スーパーヒーロー大戦」枠の中でも、最低の部類に入る出来と評さざるを得ない。

 しかし、そんな事さえも気にならない、否、そんな事すらまったくどうでもいいと言い切れるくらい、本郷猛仮面ライダー1号演じる藤岡弘、先生存在感が、ただただ素晴らしい。ぶっちゃけ、藤岡先生のあの勇ましすぎる立ち姿をスクリーンで拝むためだけに、劇場に足を運ぶ価値は十分以上にある、本作最大にして唯一のセールスポイントと断ずる。
 冒頭、ショッカー戦闘員に喰らわす前蹴り一発で、歴戦の深みと重厚さを体現する、齢70にして、あの逞しさ、あの凛々しさ、そしてあの説得力。愛する者を守るため、若者に未来を託すため、時に優しく、時に厳しく、己が傷つく事を厭わず、重篤の身を盾にして戦いに赴きながら、誰よりの命の尊さを知り、熱く語るその姿は、まさしく不器用で武骨な、しかし一本筋の通った昭和の男。男の中の漢。
 本作のためにリデザインされた、マッシブで力強い、それでいてどこか哀愁すら漂わせる1号は、そんな本郷猛藤岡弘、先生象徴であり、男とは、ヒーローとはこうあるべきと背中で語る魂の具体であると感じられた。
 ぶっちゃけ、放送前あれだけ「なんか太ましくね?」「動き重そうww」とネットで言われていたゴーストも、そんな極太1号を目の当たりにした後では、カラフルなマッチ棒にしか見えない。ネオサイクロン号ノーヘルで跨り、颯爽と現れるその雄姿だけでも、観る者全てのハートに、熱い正義の炎を灯す事ウケあい。

 徹頭徹尾、藤岡弘、の藤岡弘による、藤岡弘のため、THE・藤岡弘ムービー。それ以上でもそれ以下でもなく、ある必要もない。もっと言うならば、藤岡弘、先生が出ているシーン以外、全てカットしても成立するぐらいの、藤岡弘濃度1200%映画。特撮ファンなら、否、男なら観るべし!

 ☆☆☆★★

 藤岡弘、先生、勉強させていただきました。ありがとうございました!!星3つ!!











仮面ライダー1号ぴあ

仮面ライダー1号ぴあ
価格:1,058円(税込、送料込)



仮面ライダー1971〜1984 [ 講談社 ]

仮面ライダー1971〜1984 [ 講談社 ]
価格:12,960円(税込、送料込)



仮面ライダー Blu-ray BOX 1【Blu-ray】 [ 藤岡弘 ]

仮面ライダー Blu-ray BOX 1【Blu-ray】 [ 藤岡弘 ]
価格:24,975円(税込、送料込)



あきらめない [ 藤岡弘 ]

あきらめない [ 藤岡弘 ]
価格:1,296円(税込、送料込)



ふじき78ふじき78 2016/04/03 22:19 > もっと言うならば、藤岡弘、先生が出ているシーン以外、全てカットしても成立するぐらいの、藤岡弘、濃度1200%映画。

少なくともゴーストパートは切ってもらいたい。藤岡弘、氏を見てからゴーストのオチャラケパートが来ると、そのギャップの大きさにやられる。

synkronized417synkronized417 2016/04/04 21:24  ふじき78さん、いつもありがとうございます。

 ですね。正直ゴーストはいらん子でした。まあ、スポンサーさんやら配給会社やらの事情もあるんでしょうし、藤岡問答(?)に付き合わされる若い衆が必要だったのは分かるとしても、これならいつぞやの電王よろしく別々にやるか、最初から単体でやった方が良かったかもです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証