Hatena::ブログ(Diary)

所長サンの哲学的投資生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-04

今年の旅

ここ2年ほどずっと調整に注力をしていた。
マニラのレストランに続き、
昨年は日本の物件も売却して身軽になった。

大きく勝負してたのを、
一旦コントロールしやすい規模に落とした。
どうにも判断のしにくい投資環境がだらだら続くので、
資金を手元に集めたかんじ。

マニラから西安に戻り、1年ファンドをケアした。
すべてを優良テナントで埋めることはムリだけども、
その場その場で最適な投資判断をしたつもり。
ひとの人生に色々なことがあるように、
テナントの商売環境も様々な事態が起こる。
少なくともテナント自身よりは大家のほうがストレスは軽微だ。

リスクを潰すことに躍起になると不動産投資は身が持たない。
多くの不動産投資家と関わってきて感じるのは、
絶対的にポジティブな思考のかたが長期で結果が出る。
もともと他人に任せて本人はラクをするための商売なのだ。
他人に任せれないかたは、そもそも向いてない。

西安で6年ほど不動産を見てきたけど、
今の投資がこれから大きくへこむことはまあないとおもう。
家賃の滞納とかは中国なんでままあるけれど、
内部のルールで3度目で打切りにしている。つまり退去させる。
決定権はこちらにある点で大家業はとてもコントロールしやすい商売だ。
とりあえず暮れには満室にした。
見届けたので西安を出ようとおもう。

西安の次は、
いったん日本に拠点を作ってから移動しようとおもう。
ちょうどいい機会にこのブログもしばらくしたら閉じます。
さいきんは知識も情報もどんどん捨てるのが快感です。

学びは好きなのだけど、学び続けるとどんどん身体が重くなるので、
途中から身体が読書も受け付けなくなった。ほんとに。
読み始めると倦んでくる。騙し騙し並行読みで気を紛らす。
たぶん自分の必要を超える知識過剰が厭なのだ。
長い文章を読むのも書くのも面倒になった。

でも、「ぼくのかんがえたこと」のようなゆるい日記は、
仲間にむけて続けることにしたので、
場所はこちらに移します。
http://syocyo.hatenablog.com/

では、また新しい報告をゆるりと。