Life is very short

2014-07-29

関数の中で pecoを複数回使う

| 00:43

pecoでlaunchctl start/stopを呼びやすくする - NullPointer's Blog


使い手の自由なんですが, 別にコマンドを分けなくてもいいかなと思った.

あと pecoや percolって 1関数内で 1回しか使われていないケースが

多いけど, 何回使ってもよいと思います.


サンプルコード

function peco-service() {
    local SERVICE_NAME

    SERVICE_NAME=$(service --status-all 2>&1 \
                       | awk -F '  ' '{print $2}' | peco --prompt='Service>')
    ACTION=$(printf "start\nstop\nrestart\nreload"| peco --prompt='Action>')
    if [ -n "$SERVICE_NAME" -a -n "$ACTION" ]; then
        echo "${ACTION} ${SERVICE_NAME}"
        service $ACTION $SERVICE_NAME
    else
        return 1
    fi
}

イメージ

f:id:syohex:20140730004044g:image

任意のリビジョンからの差分が表示ができるようになりました

| 00:25

リポジトリ

https://github.com/syohex/emacs-git-gutter/


git-gutter:set-start-revision

M-x git-gutter:set-start-revisionで任意のリビジョンを設定できます.

buffer localな変数にそのリビジョンは格納されるので, バッファごとに

異なるリビジョンを指定することが可能です.


想定しているのは 'origin'や 'HEAD'です.

pull request前に, コミットを複数回行ったときなど便利かと思います.

文字列を入力するとリセットされ, 前回のコミットからの差分となります.


一応 mercurialでも動作することを確認しています.


おわりに

問題があれば, github issuesまでお願いします.

Hex-to-RGBAを移植しました

| 23:47

手放すなんて絶対無理!SublimeTextの便利パッケージ - Catcher in the tech


手放せないようなので移植してみました.


リポジトリ

https://github.com/syohex/emacs-hex-to-rgba


イメージ

https://github.com/syohex/emacs-hex-to-rgba/raw/master/image/hex-to-rgba.gif


おわりに

別に変換しなくても, rainbow-modeで色を表示すればいいように思えます.

2014-07-25

LL Diverの「エディタ対決」に登壇することになりました.

| 11:30

LL Diver | Dive into Lightweight Languages


依頼を受けて 1日ほどどうしようか悩んだんですが, 推薦していただいたと

いうこともあって登壇することにしました.


他の代表者は超有名人ですし, 私なんかでよいのかという感じもしますが,

少しでも盛り上げられればと思います.


@さんや @さんほど Emacs愛に満ちている

わけではないので, disることもあるかもしれませんが, よろしくお願いします.


チケットはこちらから購入できます.

よろしければ見に来てください.