Hatena::ブログ(Diary)

なにぬね〜独り言でもつらつらと〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-11 未来から宇宙から会いに来てよ!

『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』第一話「黒猫は星の夢を見ない…」

ストーリー

 トーキョーエクスプロージョンと呼ばれた事件の夜、双子の姉弟、蘇芳と紫苑は隕石の落下に遭遇し、紫苑は契約者となる。

 それから二年後。普通日常を謳歌する蘇芳の前に次々と契約者達が現れるのだった。

第一感想

DTB』第二期『流星の双子』ついにスタート

 最初はフツーの学園ラブコメみたいなノリに吃驚していたら、荒みきった黒の登場で二度吃驚。あの草食系男子スマイルゲストヘイガールの心を鷲掴みにしていた黒はどこに……?!

 以下感想。

流れ星が落ちた夜

 第一期クライマックスはトーキョーエクスプロージョンが起きた夜、蘇芳と紫苑達の真上に落ちた謎の流れ星。その際紫苑は契約者となり、まさに「変化は突然」としか言いようがない事故だった。そして、その時見えた観測霊は銀のもの……?

 人間と契約者が互いに絶滅するまで争うような世界では無く、互いが共存できる道を選択した黒。本来なら、アンバーの導きの元ヘルズゲートは不可侵領域となるはずだったのに……。

 姉弟に訪れた変化は、その反作用と言うか、「黒の選択に対する対価」とも受け取れるが……?

嫌煙講座

 第二期も『DTB』の煙草嫌いは健在っ!

 それをノーベンバー11の相棒だったエイプリルに言わせるのだからもう掴みはバッチリ

 MI6組はエイプリルは何とあっさり死亡してしまうものの、新たなエージェントオーガスト。さらにノーベンバー11の小粋な伊達男(って書いたけど意味分からんw)成分を受け継いだジュライは健在なので、まだまだ物語には絡んでくるようだ。

いきなり告白タイム

 ニカかわいいよニカ。ターニャかわいいよターニャ。

 で、オールオッケーなニヤニヤタイムでした(笑)。

 特にニカの「大切にする! 大切にしたいんだ!」と、段々弱気になって来る所はいかにも男子的で非常によかった。

 そしてターニャの「あ、可愛い」!!!

 ちょwwww可愛いのはターニャだあああああああああああっっっ!!

 でもそんなターニャが契約者になった後の、

「お前の子を産むつもりなどまだ無いのに、こんな事してても無駄だ」

と合理的過ぎる発言にはニカと一緒にブロークンハートだったが。

 こえええっ! 女子が合理的になったら超怖えっ! 

蘇芳と言う少女

『DTB』第二期もう一人の主役である彼女。元気一杯の僕っ娘で、黒の鎖骨が無い分を目一杯補ってくるヒロインです(ヲイ)。

 しょっぱなから人間と契約者の違いに惑い、本当の星を知らない世代として、日常を謳歌していた彼女。

「傷つくから夢を見るな」と言われ続けた彼女が、「夢(人間と契約者の共存)を見て傷ついている黒」と出会い、現実直視してなお、夢を見続ける事が出来るのか?

 銀や未咲、そして時をかける少女としてどこの時間軸にも出演可能なアンバーとの共演が楽しみ。

 ところで彼女の、「タイツはいてるから恥ずかしくないの!」は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」に次ぐ新たな名言になると思われ(コラ)。

紫苑と言う少年

 流れ星の落下を受け、契約者となった少年。蘇芳の弟。契約者らしい合理的思考で蘇芳を追い詰めるものの、どうやら彼自身、蘇芳に対しては感情らしいものを向けている様子。

 能力テレパシーで、対価は歩けなくなる(?)だろうか。しかし襲撃後「対価は払い終えた」と言い残し姿を消す。

「能力を持った人間」である黒同様、突然変異的なイレギュラーな契約者、と言う事か?

 どうも蘇芳→黒。紫苑→アンバーに対応してそうなキャラ立てだけに、今後が怖いぜ……!

契約者達の戦い

 相変わらず迫力あるアクションが見ものの契約者達の戦い。

ジョジョ』系の「能力謎解き」アクションとは違い、契約者達の戦いはその能力と対価のギャップが相変わらず面白い。

 ターニャの「髪の毛をちぎる」に戦き、ゴランのハンバーガーを食べるに爆笑。相変わらず、まったく脈絡も無ければ能力と比例もしない対価が愉快。その発想に脱帽。

黒の死神、再び

 再び現れた黒の死神。しかしそのビジュアルは、ボサボサの髪の毛に血走った瞳、傷だらけの仮面と非常にショッキングなものだった。

 感情ある契約者として戦い続ける日々は、やはり心優しい黒に確実にダメージを与えていたのか……。

 銀はどこへ行ったのか? また未咲との再会など、黒のこれからにも期待。

次回は

「かぜひかないでね!」……ってあのラストでそういう事言う!? 言っちゃう!? 

山 2009/10/12 03:26  「世界が一夜にして変わる事は往々にしてあるものだ」……か。「甘酢っぺ〜〜〜〜〜〜!」と思いながら視ていたはずなのに最後辺りになると何か酸っぱいものがこみ上げてきました(苦笑)。やっぱり気を許すべきじゃなかった…………(笑)!
 ちなみに「第一期と第二期の間の話を詳しく知りたいなら、漫画『DARKER THAN BLACK-漆黒の花-』を買ってね♪」という事ですかねw。

>ノーベンバー11の小粋な伊達男成分
 何でしょう。凄く分かりやすい(笑)。

>黒の鎖骨が無い分を目一杯補ってくるヒロイン
 syousaさんも「対価を払い終えた」様ですね(笑)。
 写真を撮るのは「夢(家族)」に関わりがあるのでしょうか。レンズ越しに世界(真実)を写し、その瞳は何を見る……。

>黒猫
 意味ありげに出てきてあっけなく散ったどっかで視たような猫(笑)でしたが、ぺーチャに近づいていた事に意味があるのでしょうか。

>ニカァァァァァァァァァァァァァァァッッ(涙)!!!!!!
 ターニャの合理的な発言もそうですが、あの能力でニカを襲った虫の大群ってもしかして「Gさん」……?まぁ、何にせよあんな畳み掛けるような仕打ちを受けたら普通ならば精神崩壊しますよね(涙)。蘇芳達にもスルーされましたし(いえ、三人ともそれぞれ理由があって行動してましたけどw)…。告白が成功した時に「甘酸っぱいw!」と思いながらも「勝ち組かよ、ケッ!」と素直になれずに毒づいたりして本当にごめんなさい……。

>相変わらず、まったく脈絡も無ければ能力と比例もしない対価が愉快。
 「凄い能力ほど対価がリスキー」というわけでもなく、「割に合わない」例も少なくないというのが、この世界観にマッチしていて好きです(笑)。

>FSBエージェント・ゴラン
 高速移動能力があるから爆発も避けられたのですね。周りから視認できないくらいの(短距離)スピードと視認できるスピードを使い分けていたのは良かったです。木にぶつかる直前や蘇芳を捕まえる直前は普通に見える速さだった事、「筋肉痛になる」と本気かジョークか分からない愚痴をこぼしていた事から、肉体自体は「普通」であるのは仄めかしていましたから、高速移動中の雨は彼にとって恐ろしい「凶器」だったでしょうねぇ(苦笑)。このバトルは初見の方々にも「契約者同士の戦いとはどんなものか」をできるだけ理解してもらえるように描かれていた感じがします。

>黒の死神
 嗚呼、ヘイさん……。

>「かぜひかないでね!」
 「かぜひかなかった」対価で「夜うなされた」んですけどッ!

syousasyousa 2009/10/28 18:21  コメントありがとうございます!

>気を許すべきじゃなかった
 あれから数週間。見るたびに吐血ものです(ヲイ)。

>何でしょう。凄く分かりやすい(笑)。
 伝わってたー! よかった!

>その瞳は何を見る
「おのれディケイド! お前のせいで『DTB』の世界も破壊されてしまった!」ですね、鳴滝さん。

>虫の大群
 寒いところにはいないと言う話だったのに……。まったく連中は、本当にどこにでも湧いてきますね!
 あんなのに襲われたニカ、まさに涙目。

>夜うなされた
 あの呑気な物言いとのギャップに、三時間ほど悩みました(笑)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証