Hatena::ブログ(Diary)

美徳の不幸 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-10

[][]パワポ嫌い

今日理系の某先生と話し合っているとき、パワーポイント(以下パワポ)の話になった。その先生とは、来年度以降の新入生に対してどのような教養教育をするか、また学生向けのマニュアルをどう作ろうかということを話し合っていたのだが(実は失念していたアポとはこれ。先生からお電話をいただいたのだ。平謝りだ)、先生が言うには、新入生にもパワポでのプレゼンテーションのやり方を教えよう、そのマニュアルも作るべきだ、というご意見だったが、僕自身パワポを全く使わない(使えない)人間で、また使うような分野でもないものだから、冷淡にも「一年生とか、早い段階でパワポを教えても、下手くそな紙芝居になっちゃいますよ」と口が滑ってしまった。電話越しだから判らないが、先生の顔は曇っていたと思う、恐らく。

理系ではパワポによるプレゼンがいわばデフォルトと化しているので、それを早い段階から教えたいというお気持ちだったのだろうが、やはりこのプレゼンソフトには向き不向きがあると思う。僕は下品な言い方を許してもらうなら、パワポは基本的に「こけおどし」のためのソフトだと思う。紙で改めて見るとしょーもない図表でも、エフェクトを使って演出すると、結構大したものに見えたりもするし(笑)。それにパッパと画面が切り替わるので、そのプレゼンに突っ込みたくても「3枚目のスライドの○○はどういう意味ですか?」とかは言いづらい。

僕が主に文献(特に活字化されたもの)を扱う人間だから、これまでもパワポによるプレゼンの必要性を感じなかったのだが、例えば文学部系でも、発掘物や歴史古文書美術品のように「コピーできないもの」の写真を扱ったり、文化人類学のようにフィールドワークしてきた様子の写真を大量に見せたり、社会学心理学において統計グラフを鮮やかに見せたり、というのはパワポも「あり」だと思うけど、基本的に本を読んでまとめてくるような場合には、パワポは不要どころが良くない代物だと思う(実際、新入生にどのようにレジュメを作らせるか、というマニュアル作りでの話し合いだったのだ)。

ちなみに、僕の大学PCにはパワポが入っていますが、起動させたのは1度だけです(オープンキャンパスの時に来客にお見せした学科紹介のファイル。同僚のI上先生が作られ、僕がそのチェックをした時だけ)。

Dr. WatermanDr. Waterman 2007/05/11 00:39 実はわたしも使ったことがありません。理系や社会科学系では図表があるので必要でしょう。
ところで私の宗教学部門でも考古学系の発表を見に行けば必ずパワポです。そのとき、ある先生から聞かされていたことを確かめてみました。その先生
曰く、「誰も発表者の顔を見なくなりますよ」。確かに、図表写真が消えて、スクリーンがブルーになったままでも、誰も発表者のほうは見ようとせず、
何もない画面に目を注いだままだった。だから、教室ではとくに注意しなければいけないそうだ。先生の生きた表情が授業そのものだから。
MWW

t-kawaset-kawase 2007/05/11 01:03 Waterman先生、僕も当然ながら授業で使うつもりもありません。使っている同僚には悪いですが、あんまり良くないんじゃないかな、と密かに思っています。確かに宗教学会でも、考古学系やファイールドワーク系の人は最近パワポのプレゼンが多いですよね。それはけっこうだと思いますが、余りよくまとまってもいないベン図を派手に見せられても困っちゃいます。上記の文章は、そういうくだらない発表をいくつか見させられた、という苦い体験もあっての意見です。
パワポで次々と切り替わる画面を見せるより、素直に要約レジュメをプリントした方が楽だと思うんですけどね。一時期、パワポだと学会発表の際突っ込まれずに済むかも知れないという考えが浮かびましたが、さすがにそういうよこしまな考えは封印しました(笑)。

こいけこいけ 2007/05/11 03:27 川瀬先生が、ふとしたきっかけでどっぷりパワポ信者に改宗するほうに500点!(笑)

通りすがり通りすがり 2007/05/11 12:23 >「誰も発表者の顔を見なくなりますよ」
っていうのは、パワポの作り方が下手なのですよ。
資料を配るタイプのプレゼンでも、資料に目を落として話者を見ない、ということは
往々にしてあるわけで。
使える機能にあわせてプレゼンを作る(=文系の先生に多い)のは下手、
伝えたい内容にあわせて機能を使うのが上手。

o-tsukao-tsuka 2007/05/11 12:47 漫画の講義では絶対的に有利だと思います。とある有名な漫画評論家の方が、出張講義中に慣れないOHPの取り扱いに四苦八苦しているのを見て、確信しました!

t-kawaset-kawase 2007/05/11 12:49 こいけくん
まあ、授業には使わないでしょうね。パワポより黒板に書いたり喋りまくる方が得意だし、楽だから。でも、どこかの教団のフィールドワークとかしたら、使う可能性はありますね。でも信者にはならないと思う。

通りすがりさん(なるべくこういう名前はおやめください。独自のHNを考えてください。同定ができませんので)
資料を配るタイプでも、というのは判ります。僕はそういう講義を日々行っているわけですから(毎週数回は「プレゼン」をやらされている身です)。上にも書きましたが、内容の貧しさをパワポでごまかしているとしか思えない学会発表を数回聞いたので、偏見ができてしまいました。分野によってはありだということで、全面否定はしていません。でも「パワポでなければダメ」という発表であって欲しいと思います。

t-kawaset-kawase 2007/05/11 12:51 o-tsukaさん(入れ違いでしたね)
そういう、図版を大量に見せるような発表では、パワポは良いでしょう。スキャンしたり加工するのも大変ですが。僕もパワポに躊躇しているのは、僕がいざパワポで学会発表したり講義をする際には膨大な資料をスキャンしてPCに取り込まないといけない、というのが実は大きいです。

通りすがり2通りすがり2 2007/05/11 14:24 下手なプレゼンを見て、そのソフトの評価を決める、って学術的ではないですよね。
そういう偏見をもってもいい、と姿勢なのでしょうが…

t-kawaset-kawase 2007/05/11 15:31 通りすがり2さん、あなたが何をもって「学術的」と考えているのか知りませんが。不向きだと思われる分野でパワポを使っているのを見たら、とりあえず眉に唾を付けておく、という「偏見」を僕は経験則から持っているだけです。学者は偏見を持つな、というのは分かりますが、そんなのはほぼ無理ですし、今回の場合僕は自分の「偏見」を自覚しています。自覚していない場合に、非難してください。

o-tsukao-tsuka 2007/05/11 16:35 最近の優秀な複合機はコピー感覚でまとめてpdfスキャンしてくれるのでたいへん便利です〜

t-kawaset-kawase 2007/05/11 17:45 o-tsukaさん、そうか、今はそういう便利なものがあるんですよね。でも、外付けハードディスクとかも買う必要がありますね。まず、その複合機も予算的に大丈夫かどうか(科研とかが当たれば別ですが)。ちなみに、僕が今使用している大学のPCは無事6年目に突入しました。このPCに手を掛けるより、新しいのを買った方が色々安上がりですね、今となっては。

通りすがり2通りすがり2 2007/05/11 22:37 論理的思考もできない人が偏見を誇るとは、ね。
いやいや、そんな程度で偉そうに研究者面されても、と思います。
言い換えれば、頭が悪いですね。

yskszkyskszk 2007/05/11 23:21 学問ではなくビジネスの話になりますが、ホリエモンは高価なビジネスアプリを使わず、何でもかんでもメールソフトで済ませていたそうです。そんなことだからあんな会社になったんだ、ってのは後出しジャンケン的な結果論でしかなくて、そういう仕事のスタイルも「アリ」かもなあ、と思います。自分もテキストエディタとメールソフト以外は「必須」と感じたことはあまりないので。

yskszkyskszk 2007/05/11 23:23 「そんなんだからこの程度のライターなんだ」という突っ込みはナシの方向で(笑)。

t-kawaset-kawase 2007/05/12 00:33 yskszkさん、僕も使っているソフトは、メーラーとブラウザと一太郎とワードとエクセルくらいですね。
堀江君(彼は僕にとって学科の後輩です)は「シンプルなもので難しいことをこなす」ということに多分自信を持っていたのでしょうね。僕は彼ほどの自信家ではもちろんなく(笑)、上でグチャグチャ言いいましたが、パワポを使わない一番の理由は面倒くさいというか、僕の研究スタイルではコストパフォーマンスが悪いなあ、ということなんです。自分のホームページやブログも、できるだけシンプルにしておきたい方ですし。

anonymousanonymous 2007/05/12 10:32 それなら、ソフトを貶すのではなく、
自分には使いこなせない/自分のスタイルに合わない、
という話を最初からすればいいわけですが。
教わったとおりの講義や発表を続けるのも一つの哲学でしょうが、
それが本当に学生のため/聴衆のためになっているかを、
考えることを忘れてはだめですよ。
自分に合った道具の使い方を考えることができること、
ということが、頭脳労働者としての長所だと思いますが、
使いこなせない道具を貶すのは、ちょっと知的センスに欠けますね。

umetenumeten 2007/05/12 11:50 >>通りすがり2
>>anonymous
自分が使いこなせない学知を貶すのは、ちょっと知的センスに欠けますね。

t-kawaset-kawase 2007/05/12 13:54 umetenさん、まあ、どうせ「匿名」でしかプレゼンできない人達ですから、あまり期待はしてなかったんですけどね(笑)。

>それが本当に学生のため/聴衆のためになっているかを、
>考えることを忘れてはだめですよ。

忘れてないから、パワポによる発表は諸刃の剣だって言っているんですけどね、伝わっていないようです。上のコメント欄で書いていますが、「分野によってはありだということで、全面否定はしていません。でも「パワポでなければダメ」という発表であって欲しいと思います」というのに尽きているんですけどねえ。

OXOX 2007/05/12 21:49 こんにちわ。
長いテキストがペーストされただけのスライドを見るのは目が疲れますよね。

私は「パワポでなければダメ」ではなく「パワポでも良いよね」という発表ならば
特に良くない印象を抱かずにそれを見ていることができます。
それはもしかしたら私が発表にパワポを用いることがあるからかも知れません。

発表内容がイマイチな人というのは珍しい存在ではないはずですが
彼らがパワポを使うとそれを見る目が厳しくなるような印象を受けます。

t-kawaseさんは、パワポを何か特別なものだとお考えですか。
確かに、口頭発表に比べると新しい発表手段だと思います。

私は発表やプレゼンの歴史に疎いですが、例えば
ポスタープレゼンテーションがまだ珍しかった時代には
「あいつはポスターを使っているのに大した発表をしていない」
などと揶揄される人が、やはりいたのでしょうか。

t-kawaset-kawase 2007/05/12 23:07 OXさん

>発表内容がイマイチな人というのは珍しい存在ではないはずですが
>彼らがパワポを使うとそれを見る目が厳しくなるような印象を受けます。

そうですね。僕もつい見る目が厳しくなっているのでしょうね。
学会では余り派手なエフェクトを使っている人はさすがにいませんが(無意味に文字が回転するとか、アニメーションとか)、僕が余り上手くないパワポ発表を見て思ったのは「ソフトに振り回されているな」ということでした。上手いパワポプレゼンでは、もちろんそういうことを思いません。なるほどなあ、とその場で感心・納得するだけです。

あと、向き不向きを考えず、パワポで発表すればそれなりに格好が付く、と考える風潮にちょっと苦言を呈したかった、ということでもあります。パワポは特別なものと言うよりまさに「使いよう」、ということですよね。

ポスター発表に関しては、僕もよく判りません。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。