Hatena::ブログ(Diary)

美徳の不幸 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-03

[]別に弁護士「正義の味方」とは思わないけど

朝刊読んで、腹の立ったニュース。例の橋下知事の話題。一部引用する。

大阪府橋下徹知事は2日、高校無償化制度朝鮮学校の生徒を除外すべきだとの意見政府内で出ている問題で、府議会本会議終了後に府庁内で報道陣に「拉致問題を切り離して考えることはできない」と指摘し、「在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)と朝鮮学校の関係を確認して、府民が納得できないような関係があるのなら支援すべきでない」と述べた。

 橋下知事は、国が制度の対象とした場合でも、併せて実施する府独自の助成対象から朝鮮学校の除外を検討する考えも示した。鳩山由紀夫首相は除外理由として「指導内容がみえない」などと主にカリキュラムの問題を挙げていたが、知事は朝鮮総連との関係にまで踏み込んだ。

何ですか、「親の因果が子に報い」ですか?それとも出自だけで公然と民族差別ですか?

弁護士がみんな清廉潔白な正義の味方だなんて思いませんが、余りにひどい。

引用(川瀬批判として)引用(川瀬批判として) 2010/03/05 13:49 今回の朝鮮学校排除問題を、佐藤が言うような「寛容の精神」の問題に還元してはならない。北朝鮮と関係する朝鮮学校以外の外国人学校には「寛容」だが、朝鮮学校は「寛容」の対象外、とする人々は数多く存在するわけであるから、この種の主張はそうした人々に簡単に否定されるだろう。また、マジョリティの恣意的な「寛容」の程度によって在日朝鮮人、外国人の教育権が左右されるということならば、情勢次第で簡単に在日朝鮮人、外国人の教育権は否定されることになる。その点で、「<佐藤優現象>批判」で指摘した、「「国益」の論理の下、在日朝鮮人の「人権」は考慮すらされてない」という佐藤の主張の特徴は、ここでも基本的には貫徹しているのである。

朝鮮学校排除問題は、在日朝鮮人、外国人の教育権及び人種差別禁止という普遍的権利の問題である。「国益」上の問題、あるいは「寛容」の問題として朝鮮学校排除問題を位置づけることは、中井や橋下の敷く土俵に乗ることを意味するのであって、そのような主張が力を持たないよう、警戒されるべきである。

例えば、ポストコロニアル系の朝鮮史研究者である川瀬貴也の以下の発言などがその典型である。


「朝鮮学校だけ除外、こういうのを「ケツの穴が小さい」というんだよ。こっちから寛容さを示して道徳的な優位性を保つって判断くらいできないのかね、情けねえ。 」
http://twitter.com/t_kawase/status/9647787410


なぜ「寛容さ」を示せば「道徳的な優位性を保つ」ことになるのかは不明だが(植民地支配の過去清算問題はどうなるのだろうか)、こうした「国益」論的な枠組みに基づいた「寛容」の論理−−川瀬のブログによれば川瀬が大ファンらしい、内田樹がまさにこれである−−は、今のところそれほど目立っていないから放置しておいてよいとしても、リベラル・左派メディアがいかにも好みそうな論理であるため、反対論の主流にならないよう注意しておく必要がある。

t-kawaset-kawase 2010/03/05 23:15 どなたか知りませんが、引用元を書いておいて欲しかったですね。自分で調べたからもう良いけど(語り口調ですぐ誰かは判ったけどさ)。
僕の発言は、「普遍的人権」を信じているからこその発言なんだけど(敢えて右も左もみんな大好きな「国益」から考えるとしても、という文脈なんだけどね)、批判者及びこれを引用してきた誰かさんは僕という人間を判っていらっしゃらないとしか言えないですね。要するに、僕が府知事や大臣だったら、内心はどうあれ(ここ重要)、寛容な態度を取って、「向こう」に好き放題言わせないくらいのずるさは発揮するのにな、ということです。本心からでなくてもそういう態度は結局朝鮮学校の生徒の利益になるだろ、ということですよ。

匿名匿名 2010/03/06 02:03 >僕という人間を判っていらっしゃらない

はい。知りません。批判に当たっては知る必要もないと思いますが。
そして発言する方も、表現の自由から照らせば匿名であっても構わないはずです。

失礼ながら引用もとの発言を理解していないと思われます。
「寛容さ」は、一時的に「利益」になることもあるが、何等保障はない恣意的なものだ、ということだと思います。その意味で「寛容さ」を受ける者は不安定な立場のままです。
あなたは日本国籍保持者ゆえに大臣になれるかもしれませんが、在日の方々は帰化しない限りなれないでしょう? その時点で既に「寛容さ」を巡って権力関係があると思うのですが、いかがでしょうか。
「人権」は「信じる」ものではなく、いかなる形で実現するかだと思います。また「普遍的人権」は「国益」とは一致しないと思いますが。

また丸カッコでこっそり自分の意見等を挟むのは、内田樹節だろうし、身を引く振りをして意見を押し通す効果があるのでよくないと思います。

t-kawaset-kawase 2010/03/06 11:57 >はい。知りません。批判に当たっては知る必要もないと思いますが。

で、僕の上のコメントを見ても、そういうことをおっしゃるわけですね。じゃあ、対話じゃないや。それに、そもそもこれが橋下知事を思いっきり罵っているエントリってことは理解しています?ただ、あなたの僕への批判で「マジョリティの権益の上にあぐらをかいている(意訳)」というのは当たっていると思います。そのことを多少自覚するがゆえに、どう動こうか、とモヤモヤ考えているこちらの事情も少しは分かって欲しい、というのもマジョリティの傲慢さだ、といわれればそれまでですが。

>「人権」は「信じる」ものではなく、いかなる形で実現するかだと思います。また「普遍的人権」は「国益」とは一致しないと思いますが。

僕は国連の方からも「いかがなものか」と言われている状況なのだから、この外圧を利用して実現してやれ、という戦略的な考えです。結局それが今被害を受けている人の利益にもなるし、ひいては「日本は信頼できる国」という評判にもなる、という将来の「国益」に繋がっているという考えですね。「外国人排除」が「国益」になると考えている人とは、同じ「国益」という言葉を使っていても、内容が全然違います。

>また丸カッコでこっそり自分の意見等を挟むのは、内田樹節だろうし、身を引く振りをして意見を押し通す効果があるのでよくないと思います。

書き方に文句言われてもなあ、って感じですね。僕からすれば、「匿名」とわざわざ名乗るのが気に入らない(笑)。よって、同定できないHNを続けるなら、これ以上のお返事はしません。

匿名(笑)匿名(笑) 2010/03/06 13:09 >そもそもこれが橋下知事を思いっきり罵っているエントリってことは理解しています?

知ってます。
罵りの程度が「寛容たれ」というのでは心もとないですよね。
また罵り→「外圧」利用では、知識人としての役割としていかがなものかと思う次第です。日本において「知識人」は死語でしょうでしょうけど。知識人は今のところ鵜飼哲ぐらいでしょうか。

この問題は別に新しくもなんともないですよね。
それが「寛容たれ」では、議論の水準がかなり後退していて、さらに「どう動こうか」では、なんにも蓄積がなかったのかなぁと思ってしまいます。署名ぐらいは集めてると思いますが。
またこの程度の問題を今さら解決したとして、「日本は信頼できる国」になるかは疑問です。

またしても「事故」と思われますでしょうか(笑)
ツイッターは、2ちゃん的な機能なんですねー(笑)

私は表現の自由から匿名で投稿しますので、お返事不要です。
丸カッコを使わずにお返事をいただきありがとうございました。
文体はなかなか変わりませんよ。
それでは。
削除していただいてもけっこうです。

t-kawaset-kawase 2010/03/08 00:36 削除はしませんが、あなたが僕にとっては「厄介な味方」であることは確認できました。僕の側からあなたを「排除」することはありません(あなたの側からされるかも知れませんが、こっちの知ったこっちゃありません)。広い意味での「同志」と思っていますから(あなたには迷惑かも知れませんが、それこそ言論及び思想の自由でもって、勝手にあなたを「同志」と思うことにします)。お元気で。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/t-kawase/20100303/p1