法学部で学ぼう


この不況の中、資格を取ってキャリアアップを図りたいと思っている方は、たくさんいらっしゃると思います。でも、どんな資格が一番役に立つのか?本当に役に立つ資格を知っている方は少ないのでは?資格試験の学校や予備校などは、人気資格を売り込むだけで、本当に役立つ資格は何か?ということは教えてくれません。人気がある資格=役に立つ資格でしょ?いえいえ、残念ながら、人気がある資格=役に立つ資格ではないのが現状です。その理由は、メールマガジン「その資格は食えますか?」で!


2009-06-24

知的財産管理技能検定試験といえども甘く見ていたら合格できない

| 15:54

知的財産管理技能検定試験は、作られたばかりの試験ですし、ほかの資格試験に比べても、難易度は低い試験です。おなじ、特許関係の資格である弁理士と比べると、雲泥の差ともいえるでしょう。知的財産管理技能検定試験に合格するために、予備校に通うなどとばかばかしいと感じてしまう方もいらっしゃると思います。

しかし、特許に関する法律は、法学部でも、専門的に勉強しない限り、なかなか触れる機会のない分野です。

法学部で勉強していれば、どの辺りが、重要なのかということは、感覚的にわかるかもしれませんが、それでも、正確に理解したいのであれば、講義などで勉強した方がよいでしょう。

知的財産管理技能検定試験のあと、弁理士試験に挑戦したいとおもっている方は、なおさら、講義などを聴いてから、勉強した方がいいとおもいます。

これから、知的財産管理技能検定試験の勉強を始めようとおもっている方は、参考にしてください。

資格の勉強をするなら

続きを読む

Connection: close