アメリカ在住オタは電気ウナギの夢をみるか。〜オタク文化伝導日記〜

分室: ネギま!で遊ぶ (4/27更新)
お勧めはカテゴリは[米オタ文化][文化]あたり

2005-02-27

[]JapanBowlでのアニメ講演


いやあ、今回は我ながら素晴らしい出来でしたw


シナリオ通りにきっちり観客の心を掴んで、揺らして、ひっくり返して、最後には笑わせて、しっかり満足して帰ってもらえましたよ。


現時点の自分の英語力で出来ることの120%は出せたかな。満足満足。


(補足になりますが、JapanBowlというのは高校生向けの日本語能力を争う大会です。各高校からの代表3人が、日本語の問題をクイズ形式で解いていき、上位3チームがワシントンDCで行われる全米大会に出れるという形式。今回はその大会の、ゲストスピーカーという形で日本のロボット技術とアニメの関連性について話させてもらいました。)



ところで、今回の一番の収穫は、たまたま会場に居合わせた、アニメアイオワというアメリカアニメコンベンションの主催者の方と意気投合できたことです。


どうやら大変気に入ってもらえたようで、今度9月にアイオワで行われるコンベンションで、是非プレゼンをしてくれと頼まれました。まさか他州まで行ってやることになるとは思いませんでしたよ。びっくりw


それとは別に、地元の日本語学校からもやって欲しいみたいな話を受け取りました。自分のやるプレゼンは必ずどこかにエロいネタが仕込まれているので”父母参加”という条件の元行うのはアレだったりするのですが、そこらへんは超微妙ボーダーラインまでエロ度を下げてがんばってみたいと思いますw


#ちなみに今回は、”高校生向け”の”アカデミックな”イベントでのトークということで、エロっぽいネタは”HMX-12マルチ”と先行者のキャノン程度に押さえておきましたw まあ、このレベルなら、日本語学校でもいけるかな。




ところで自分はプレゼンを組み立てるとき、主にバラエティ番組のシナリオや演出、構成を参考にしているのですが、マネして作るのもそろそろ限界が近づいてきたかなって感じがします。


そこで、シナリオや演出、構成に関する本を探しているのですが、何かお勧めのものはないでしょうか?


ご存知の方がいましたら、一報もらえると嬉しいです。



それと、放送脚本に関する本を見たことある方っていますか? 非常に参考になりそうなので探しているのですが、なかなか見つかりません。これのほうも、知ってる方がいましたら教えてもらえると嬉しいです。




2005-02-17

[][]ラジオ体操

明日の中学での講演でラジオ体操をやってくれと頼まれたので、クソ忙しい中、真夜中1人でラジオ体操の練習。思いのほか忘れている、というべきか、むしろ10年以上のブランクを考えると憶えているというべきか。


最初音源が見つからなかったとき、ネタで「ラジオJOJO体操」でも教えてやろうと思ったけれど、さすがに俺も分別ある大人なのでやめておきました。


http://zenryokuhp.cool.ne.jp/Flash/taisou2.html


やべぇ、今見るとせっかく思い出した「公式版」を忘れてしまうw

2005-02-12

[]マネーの虎

今日は今学期の"Japanese Otaku Culture Project" 改め "Japanese Anime/Manga Culture Project"の補助金交渉に行ってきました。


最初に提出した企画書では、講演2回にコラム6本で$3700ヨコセとの無理難題を所望。まあ、通るわけないんですが。


で、帰ってきた査定額が$1000。をいをい、そりゃねーだろ。確かに前回最初$1200だったのをゴリ押しで$2700にしてもらったりしてコミティにちょっと嫌われちゃったかもしれないけど、$1000はねーだろ。この、ばか、ばか、まんこっ!!


と、普段だったら何とかして賃上げ交渉を行うのですが、今回は企画書提出後に博士課程への進学を決めたので、例え全額OKとの返事が来ても仕事は減らす予定だった、と酸っぱいぶどうの論理を振りかざし、よしとすることにします。


希望額がもらえなかった場合、適度な量に仕事を減らせるとの条件を飲んでもらっていたので、後はどれだけ少なくするか。


このファンド、何気にコミティがShitでFuckなんで今期でもうやめようと思っていたところ。今回は後先考えず、如何に少なく働くかを至上の目標に掲げ交渉に臨みます。


というわけで、とりあえず最初に行ったのは、最初の企画書の額が無理難題、というのを棚に挙げた賃金計算。講演2本、コラム6本で$3700を単純な比例計算で$1000に落とすと、仕事量はコラム3本!をいをい、これを通すのか俺っ!


次に行ったのは、不詳t3303の書くコラムがいかに大学にインパクトを与えるかの詭弁。


ここ数年日本のアニメは大変な人気で、学内にもたくさんのファンがいる。アニ研などは、会員100人を超えるほどである。日本のアニメ文化に対する需要は確実に高まっているといえるであろう。しかし、他の日本文化と違い、クラスでも扱わないので知りたいのに情報が得られないというフラストレーションが高まっている。そこで、このM大学の日本人の中でも最も日本のアニメ文化に詳しいこのt3303がアニ研と手を組んで、日本の最新の情報を彼らのために、彼らにもわかりやすい形で提供することにした!これは部員のみへの影響という最も少ない見積もりでも100人のニーズとワンツを満たすものであり、また、異文化情報を交換することによる、学生の国際化や自国文化への深い認識に貢献するものである。実際、これまでの一年半の活動を通して返ってきた反響は私の活動の成果を如実に表している。今回、活動のために用意された時間で最も効率よく彼らに貢献できる活動を検討した結果、コラムを3本書くという結論に達した。このコラムは読者が100人近くいるもので影響も多大であり、また、講演と違って資料としても残るものである。記者としても登録されているので、今更書かないなどというのも、編集委員の方々や、何より楽しみに待っている読者の方に申し訳ない。そのようなわけで、今期はコラムの執筆によってM大学の学生のニーズを満たし、国際化にも貢献していきたい。まる。


で、実際にやることは、適当なアニメのレビューとかですが(ぉぃ


そんなわけで、今日実際交渉してきたわけですが、担当者、しょっぱなから15分の遅刻。これで一分俺が有利にw 遅刻のことは快く許し、にこやかに交渉開始。担当者がプロジェクトの進み具合を聞いてくる。俺、金額が確定していないので休止している旨を伝える(詭弁送ってから2週間待たされた)担当者申し訳なさそう。言い訳は快く聞く。次に担当者、言い訳交じりに$1000しか出せないといい始める。普段ならここから戦闘開始なのだが、ここは予定通り敢えて受け入れる。担当者、拍子抜ける。このスキだあっ!!!と一気にコラム3本で話を進め無事サイン終了。勝った!!この条件を飲まれないようだった今期はプロジェクトやらない覚悟だったんですが、何とか平和に解決して何より。


ネギま!とかの感想でこんなにもらえるなんて、言うなれば高級ホテルの缶コーラ。需要と供給のバランスは恐ろしい。

2005-02-05

[][]会場下見

高校生向けのプレゼンアニメと日本のロボット産業」をやる会場の下見をしてきました。

場所は郊外の裕福層エリアにあるパブリックスクール。


アメリカ高校というと、普通にガードマンが巡回していたり、入り口の警備が厳重だったり

するんですが、ここはどうやら金持ち高校らしく、建物も立派で、しかも、ノーチェックで

建物に入れるような環境でした。さすがApple Valleyなんて悠長な名前がついているだけあります。


内部の環境もなかなかに立派でした。全体的にオープンスペースなつくりで、見た目は

日本の高校とはだいぶ違った印象です。床もカーペット敷き。


日本の高校の場合、公立だからこそ、環境は公平にしようみたいな考えがありますが、

アメリカの場合、その地域で学校を運営するというような考え方があるため、

場所(アメリカでは、社会階層によって住む場所が分かれる)によってだいぶ公立学校の環境が

異なるようです。


と、脱線はさておき、発表の会場はそこそこ広めの階段教室。広さ的には十分です。


当日は、全米規模で行われる高校生日本語選手権大会?みたいなものの州予選の会場となり、

自分はそこのエキシビジョンプレゼンテーターのような役割を演じることになります。

エキシビジョンは全部で5種類あるので、参加者はそれぞれ好きなものに参加することに

なりますが、日本語学習者の多くはアニメから入っているので、そこそこの人数は見込めるん

じゃないかなあとは思っています。

2005-02-04

[]中学の件、続報

中学アニメの話をするかもって件、レストランで直接担当者と会って

打ち合わせてきました。謝礼の方はちょい微妙だけど、昔やったプレゼン

使いまわしができるんでまあいいかなあと。


クラスの子はほとんどがアニメから日本語に興味を持ったとのことで、

やりがいもありそうです。ただ、彼らは「犬夜叉」のような作品が好きなので、

ほとんど知らない自分にどこまでフォローできるか謎ですが。


で、担当者に講演可能なトピックのサンプル(PowerPoint)を見せて相談。

内容は↓みたいな感じ。


・日本オタク文化紹介(概論)

・「萌え」とは何か

アニメビジネスと日本の国際戦略

アニメと日本のロボット産業

・ヴァーチャルオタクライフinJapan

・もののけ姫から読み解く、日本人の信仰感(主にキリスト教との比較)


リストを見ればわかるように、使えそうなのは「アニメと日本のロボット産業」くらいw 

ってなわけで、今回もこれをやることに決定しました。


当日の流れとしては、


1.日本語で、起立、礼、着席

2.各自自己紹介(日本語で)

3.プレゼンアニメと日本のロボット産業」+Q&A

4.ラジオ体操

5.犬夜叉上映(日本語、英字幕)

6.Q&A、フリートーク


Q&Aの質問事項は事前に募っておくそうで。


時間は85分。まあそこそこいい感じにまとまりそうです。

mattetayomattetayo 2005/02/05 08:09 終わったら是非ご報告をば。とくにQ&Aで何を聞いてくるのか興味あるなあ

t3303t3303 2005/02/05 13:55 了解です。詳細とはいかないまでも、そこそこ詳しく報告しますw

2005-02-02

[]中学アニメの講演?

ついさっき、「とある中学校の授業の一環で日本のアニメのことをやるから、

何か話しに来てほしい」とかいう依頼を受けました。


えーと、中学生向けって、何を話せばいいんだろう。。w 

コアな話はよせって釘さされたしw


とりあえず詳しい資料をよこせとの返事をしておいたので、近日中に届くであろう資料を見て、

苦労にギャラとやりがいが追いつきそうだったらやってみることにします。


ちなみに今月末は高校生向けに「日本のアニメとロボット産業」に関する講演をする予定。

アトムにASHIMO、ちぃにQRIOと攻めていって、落ちは先行者w 

中華キャノンは万国共通で受けますわw

mattetayomattetayo 2005/02/03 16:01 コアってアメリカ的には何がコアなんでしょうね(笑)あとロボの講演はT-52援竜なんぞも取り入れてみたら? http://www.enryu.jp/

t3303t3303 2005/02/03 19:05 コアは、オタク向けの話じゃなくて中学生が楽しめるような話をしろってことだとおもいます。むしろむずそうw それと、援竜の情報ありがとうございます。これはいちお使う予定でいました。他にはAIBO、ROBO-ONEの大会、HRP-2、アルテミス、番竜、あたりをメインで紹介しようかなと。

2005-02-01

[]貧乳どうよ?って聞いてみた

アメリカ人の友達(オタ、アニ研部長)に、貧乳について聞いてみた。


ご存知の通り、アメリカはセクシーダイナマイト天国(古語?w)

アメリカ人男性が標準的に好きな女性は、ここらへん(www.maximonline.com)

を見るとよくわかるらしい(部長談)


ローティーンアイドルが跋扈する日本、ロリ天国オタク業界が今後アメリカで更なる

躍進を遂げるには、これはゆゆしき事態です。


そういうわけで、聞いてみました。

アメリカ人のオタク的に、未発達な女の子、貧乳とかのキャラってどお?」と。


正直、「Hehehe!それが人気あるんだZe!」とかを期待してたんですが、回答は、

まあ予想通りというか「好きな人もいるかもしれないけど、一般的ではない」とのこと。


一昨日も書いたように、アメリカはロリショタアレルギーなんで、ペドフェリアンな人種は

洒落ぬきで最低呼ばわり。なので、仮に萌えていてもあまりおおっぴらにはしない人が

多いんじゃないかなあ、との意見でした。


これは彼の個人的意見なので正確にはわかりませんが、やっぱそんな雰囲気なんでしょうねえ。

アメリカでの人気キャラとされる、天地無用の砂沙美を引き合いに出しても、

「かわいいと思ってる人は多いと思うけど、ecchiな意味で好きな人はあまりいないだろうね」

との意見だし。


#関係ないけどecchiはすでに英語になってます

結論としてはやっぱり「好きな人もいるかもしれないけど、一般的ではない」が妥当なライン。


まあ、そんなもんなんだろうねぇ。

2005-01-30

t33032005-01-30

[][]ネギま!はビニ本

ひょんなことから友達に本を買ってもらえることになったんで、この機会に前から気になっていたネギまの英語版をゲト!


日本ではPS2版の18歳以上推奨が話題になってますが、ここアメリカでは単行本が16禁。しかも他に例がないビニ本扱いですw


原因は、前作のラブひなの単行本がエロいとキリスト教原理主義の市民団体が文句をつけたからだそうで。。。まあ、10歳の男の子を14〜5歳のSchool Girls 達が風呂場で囲んでひん剥いたりする描写は、ロリショタアレルギーのアメリカではかんなりヤバイんだろうけどw


つうか、本に直接16禁シール張るのはやめてくれ。。。ビニール剥がしたら思いっきり表紙に張ってあってめちゃ萎えたorz



追記:

講談社系のマンガはTOKYOPOPってとこから出ることが多いんですが、ネギまはDelReyとかいうマイナーな会社でした。ラブひなへの風当たりに懲りて手を出さなかったのか、DelReyが努力で勝ち取ったのか。。


ちなみに小学館と集英社の作品は、協同出資会社のVISってとこから出すシステムになってるらしいです。


去年の夏に行ったAnimeExpoでお話した社員の方によると、もともと小学館の会社だったのを集英社が株を買い占めて自社作品の展開先にしたそうで、古株の社員連中は憤りを隠せない感じでありました。


集英社はもともと小学館の子会社だったとはいえちと乱暴かなと思いつつも、最近加熱している米国&世界市場を押さえるには、どっちにもおいしい話だったのかもしれないです。


どこも必死にがんばってる様が、ひしひしと伝わってくるので。

2004-03-18

[][]電気屋のアニメコーナー

先週末から今週末にかけて春休みだったんですが、調子に乗って

遊びまわりすぎて更新をおろそかにするどころか宿題に追われるハメに

なってしまいました(ダメ 10日も空けちゃったんで軽く更新します。


最近"Best Buy"という日本でいう家電量販店に行ってきたんですが、

そこの日本産アニメコーナーが意外と充実していてびっくり。

陳列棚で4つ分もありました。比較のため2軒見てきたのですが、

アニメはどちらの店も棚4つ、対するディズニーは棚1、2こ、ファミリー向け

コーナーが棚2,3こ分といった感じでした。ディズニー+その他家族向けで

アニメとおんなじくらいでしょうか。


専門店ならいざしらず、一般向けの店でここまで大きく扱われているとは

思わなかったので正直ちょっと驚きました。

タイトルも旧作のBOXから最近の萌え作品まで幅広く取り揃えており、

品揃えでいったら日本の家電量販店の平均を超えてると思います。

最近はかなりのタイトルが英訳されているという状況と、一般向けにも

比較的大きく扱われているという事実を考慮すると、日本のアニメ

アメリカが発掘するという時代はもう終わりかけていて、

次にやるべきことは一般向けの市場をもっと開拓するための

イメージ戦略などの、ただ持ってくるだけとはスケールが一回り違った

大きな仕事になるんじゃないかななどと思っています。


日本のようにアニメは子供か大きなお友達向けみたいなレッテルを貼られると

(すでに貼られつつあるような気もしますが)どうしても伸びなやんじゃいますし

やっぱりイメージ戦略は必要だと思います。

最近の作品はオタ向けばっかりで、文脈を知らない人達に対する求心力が

非常に弱まっている感じがします。ここのところをうまく押さえていかないと

日本規模の市場がもういっこ出来る程度で止まってしまい、CoolJapanどころか

うさんくさいOtakuJapanになってしまうんじゃないでしょうか。

実際キリスト教系の保守派の人達はラブひななどの露出が高い作品を

レートなしで販売しているということに対して反対運動を開始してたり

してますし、今後アメリカで売りさばこうと思うなら、やはりイメージ戦略が

非常に重要だと思うのです。


ところで今の日本の最先端の萌えをCoolなものとして海外に出すことって

出来るんですかねえ。萌えの半分くらいはエロみたいなもんだし。

アメリカに来て気づいたんですが、日本並に性的なモノが開放されている

国ってそうないんですよ。アメリカの方がよっぽど厳しいし、他の国は

もっと厳しい。そんな開放的な国日本でさえ、ロリコンオタクの殺人!!

みたいに(歴史的に仕方ないかもしれないですが)叩かれるわけで、

これがアメリカで起こったら結構な騒ぎになると思います。


こうしてみると、過去の秀作を掘り起こされ尽き、新規が萌えばかりでは

どんなにがんばっても今後数年の後には市場がしぼみはじめるような気がして

しまいます。頼みの綱だと思ってたイノセントもなんかアレみたいだし、

今後どうすりゃいいんでしょうかねえ。

自分としては、ネット巡回してて何度か見かけた意見でもありますが

アニメは子供のものっていうレッテルをちゃんと剥がし、大人が楽しめる作品

(「大人も」ではない)を作り、しかも売れるようにしていくっていう努力

がやっぱり必要だと思います。

本格的に海外にアニメを売ろうと思うなら、まず電通などのでかい広告代理店が

率先して国内でのイメージ向上を図る、これが第一歩なのではと思います。


シナリオ的には、萌えエロ作品ができるだけ日本アニメのブランドイメージ

傷つけないようにしつつ、過去の遺産が食いつぶされないうちに

新規の一般市場向け作品を開発します。これには広告代理店の協力が

欠かせないと思います。そして、この文化を下から支える萌えでありエロであり

同人誌的なものも規制はせず守っていく方針をとります。

こうすることにより結果として一般人は一般向けのみを鑑賞し、オタは

両方を鑑賞するという構図ができあがると思います。これはつまり

アニメがcoolになったとしてもオタクがcoolなわけではないということ

なのですが、オタクがファッションになったら空中分解してしまうという

考えかたから見ればこれは非常に妥当であり、オタクを守るという意味でも

よい選択なのではないかと思います。この構図を作ることができれば

一般市場向けの大量消費作品とマニア向け市場の濃い作品という輸出体制は

整うわけで、これによりアニメをcoolにしつつ、海外のオタクをオタクたらしめる

ということが可能になると思うのです。


電気屋の棚についてちょっとだけ書くつもりがいつの間にかダラダラとした

長文に。。。(ぉ 課題がやばい。カルマンフィルタとかSLAMとかわかる人

いたら助けてください(ダメダメ 

流行の言葉で言ったら「バカ!バカ!まんこ!!」


今日の結論:みさくらネタ最高!特に↓

http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1079513672/3


まとまったところで、ごきげんよう。

kazu0248kazu0248 2004/07/08 21:05 なんかおんなじ様な日記でびっくりしました。いやはや俺もアメリカでオタやってます。アメリカでエロゲについては俺も書こうと思ってます。実は加奈(Kana-English)が結構一部で人気みたいです。詳しくはうちの日記で。

2004-03-09

[]村上隆は商人

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040307

「町山智浩アメリカ日記」さんの村上隆の話題にコメントつけたのですが

最近更新頻度が下がってるのでこっちにも同じ文章載せておきます。

つか、最初からトラックバックにすりゃよかったじゃんとか思いつつ、

はてなでは見えにくいのでそれも使いにくかったり。


村上隆はアートの世界にオタク文化を持ち込むことに成功したという点では

評価できると思います。確かに作品の多くはオタ臭とでもいうものが抜かれた

抜け殻のようなものが多い印象はありますが、一般へのアピールを考えた場合

それは必要な処理なわけでもあり、逆にそこが嫌われる理由の一つでもあると

思います。

これは妄想ですが、今後日本がオタク文化を海外に輸出しようとしたとき、

戦略として取られる一つの形が「村上隆」的やり方なんじゃないでしょうか。

大衆はコアなファンを嫌います。これまでアメリカに存在しているオタコミュニティ

とも子供文化とも違ったチャンネルとして、ファッションとして大衆に訴えかければ

そこに一つの市場が生まれるのではないでしょうか? 

ああ、こんなこと書いてるとオタクの魂売ったみたいで嫌だなあと思いつつ、

村上は魂を売ったのだと実感。村上隆=商人、こう考えればすっきりするかも。


現状での氏への本音です。オタクとしてはどうかと思いますが、

ビジネスマンとしては評価できると思います。



追記:

# watarihujio 『t3303さん、アートの世界に持ち込んだものがオタク「文化

じゃないから、嫌われてるんでしょうね。結びの一文、まさにその通りだと

思います。』

# t3303 『watarihujioさん、ご指摘ありがとうございます。

今までは何で氏がこんなに嫌われるのかイマイチ掴めなかったのですが、

これですっきりしました。となると、オタク文化からアクを抜き一般人の口に

合うよう調理するという試みに成功した、あたりが彼の評価ポイントでしょうか。

個人的には、彼のビジネスは評価に値すると思いますが、アーティストとしての

魅力は感じません。』


CGIレンタル