Hatena::ブログ(Diary)

土屋つかさのテクノロジーは今か無しか

2014-03-23

第三回電王戦第2戦「やねうら王VS佐藤紳哉六段」について、あるいはやねうらおさんについて思うこと

(思っている事を書いていたら多少の長さになったので貼っておきます。仮にコメントが荒れて、土屋に制御しきれそうになくなったら、エントリごと削除するつもりです。予めご了承下さい)

 昨日行われた第三回電王戦第2戦「やねうら王VS佐藤紳哉六段」は、人間の凄まじさを肌で感じられる戦いで、ルールを知っている程度の将棋素人である自分も、手に汗握る攻防を楽しませてもらった。事前の騒動がなければもっと盛り上がっていた筈であり、その点についてはとても残念だ。

 やねうら王の開発者であるやねうらおさん(以下やね氏)は、SE時代にネット上とはいえ個人的に親しくさせて頂いた事もあり、今回の事件でやね氏がバッシングされているのが結構つらかった。なので、ソフトを戻しての対戦となったのは正直ほっとしていた。その上で佐藤六段に勝って欲しかったのは個人的な心情である。

 やね氏は土屋の考える所の天才の一人であり、我々常人の考えが及ばない部分が多々ある(と、氏の言動を見ていると感じる)。また、逆に、天才であるがゆえに常人の一般的な考え方が理解できない傾向があるように思う。今回の騒動は(あるいは、今回の騒動「も」)、その部分が悪い方に働いてしまったのだと思う。

 以下は、自分の想像するやねうらお像であり、実際そうなのかは知らないし、また電王戦のレギュレーションややね氏が実際に行った改修についてはまともに読んでいないため、分析資料としての価値はない。あくまでその前提でお読み下さい。

 やね氏は妥協をしない人で、妥協する事が自分にも相手にも失礼な行為だと考えている。あるレギュレーション下で対決するとなった場合、そのレギュレーション下で最適化された戦い方をするのが最善だと考える。問題は、そのレギュレーションが曖昧だった場合、「曖昧な中でも可能な限り最適化する」のがやね氏のスタンスなのだという点だ。

 例えば、以下のレギュレーションがあるとする。

1・進行不能バグがあるなら修正しても良い
2・1でバグを修正しても、棋力はあまり変化しないようにしてほしい

 ここでは「あまり変化しないようにしてほしい」が曖昧さを生んでいる。「あまり」とはどの程度だろうか? R10だろうか? R100だろうか?

 試しにR10までは良いとしておこう。それでは次の場合はどうだろう。

3・修正するとR10向上する(可能性がある)進行不能バグが10個あった場合、それを全部直すとR100上がる(可能性がある)が、直しても良いのか?

 これはどうだろう。R100上がる(可能性がある)なら、その修正はすべきではないのかもしれない。しかし、それでは「進行不能バグは直して良い」というレギュレーションは意味をなさなくなる。

 また、バグが直る事でレーティングが上がるかどうか、どの程度上がるかどうかを判断するのは相当困難ではないかと思うので「レーティングが上がる可能性のない進行不能バグだけを修正してよい」という新レギュレーションを作っても、やはり意味がないと思う。

 既に色々怪しくなっているが、更に、上記をこう言い変える事はできるだろうか。

4・進行不能バグが10個あって、それを一個ずつ対処するのは面倒なので、探索ロジックをStockfishベースに切り替える。バグは排除され、代わりにR100上がる(可能性がある)。

 これを「可換」と言えるかは人によると思う。普通は言わないだろう。また、「可換」だとしても実際にやるかも人によると思う。これも普通はやらないだろう。そんな短期間で探索ロジックを差し替えるリスクとかを考えるととてもできないからだ。けれど、やね氏はやるのである(注:実際にやったのかは知らない)。「それが許可されていて、できるのであれば、やらない方が失礼だ」と考える人なのだ。

 「そもそもバグとはなにか」というのすら定義が難しい中、将棋というルール、プログラムというルール、ドワンゴや連盟というルールが混在する中で、自分の娘のようなプログラムを、可能な限り最も美しい状態で晴れ舞台に、尊敬するプロ棋士の前に立たせたいという親心がやね氏にはあったのだろう

 その時、普通なら「まあここは紳士協定でスルーすべき所だな」というレギュレーションの曖昧な部分について「娘がより綺麗になれる余地があるのにそれを使わないのはおかしい」と考えるのがやね氏である。逆に、そのことを非難されても「なぜ許されている(≒してはいけないとは言われていない)事をしてはいけないのか?」と、その非難を理解しないだろう。今回はそれが完全に裏目にでてしまったのだと思う。

 繰り返しになるが、自分は、旧バージョンでの対戦になったのは良かったと思っており、その点についてドワンゴは興行主として(一度は新バージョンでの対決を決めるという間違いを犯したものの)、恥の上塗りをした上で旧バージョンへの差し戻しを願い出た事は評価していいと思う(悪意のあるPVについては反省してもらいたいが)。

 電王戦は始まってまだ3回目である。正直、今年の結果如何では来年第4回があるか怪しいのだけど(……)、次回があれば、今回の経験を踏まえてレギュレーションがより厳密になるだろうし、それを通じて「人間とコンピューターが勝負をするというのがどういう事なのか」を、我々は模索し続けられるのだと思っている。

 もしかするとやね氏はもうコンピューター将棋を作る情熱を失っているかもしれない(やねうら王2014を見れないのはとても残念だ)。しかし、いずれはまた、なにかもの凄いことを始めるであろう事には疑念がない。そしてその時も、レギュレーションの許す範囲で自利を最大化しようとし、その行為を周囲に叩かれ、しかし、やね氏自身は自分が叩かれる理由を理解しないだろう。

 しかし、その常人との断絶が、やねうらおという天才プログラマーの業なのである。

ななしななし 2014/03/23 23:17 いい記事でした♪

名無し名無し 2014/03/23 23:40 やねうらおさんの次回作(やねうら王2014)にご期待したい

ななしななし 2014/03/24 00:21 やねうらお氏が仮に引退されると残念

ななしななし 2014/03/24 02:54 より多くのアプローチでプログラムが増える方が発展的なので
やねうら王のロジックは発展させて欲しいところ

通行人通行人 2014/03/24 23:30 有意義な考察です。

げげちげげち 2014/03/25 07:06 今回の事の理解が深まるいい記事だと思いました。

通りすがり通りすがり 2014/03/25 10:08 いいお話聞けました。ありがとうございます。

半万年半万年 2014/03/25 12:40 主様のこの良記事もあり、今回の一件で磯崎氏と山本氏の器の違いが見えてきました。
できれば今年の電王トーナメントでponanzaを破って優勝するやねうら王2014を見てみたいものです。

ぴ 2014/03/25 20:51 やね氏も、佐藤六段も、それぞれ与えられた枠組みで最善を尽くそうとしていたはずが、枠組み自体が食い違ってしまったという事なのか。
連絡を欠いた為にトラブルとなったのは残念ながら、プログラムの素晴らしさは発揮されました。しかし、研究スケジュールは大混乱で、佐藤六段の実力が十分発揮されにくい状況となってしまいました。
やね氏のような天才の力を十全に発揮するには、枠組みを明確に示す事が重要でありましょう。
狭い枠組みを与えられれば短い工期でスカイツリーを作れる能力がありながら、曖昧な枠では、枠を最大限に広げて石垣を作ってしまい、ゆくゆくはピラミッドになります、と言ってしまうような天才。この天才の前にあっては、紳士協定や暗黙の了解など軽く蹴飛ばされてしまう。
なればこそ、説明を尽し、枠組みが明確になれば凄まじい力を発揮するに違いない。

pptppt 2014/03/25 21:47 やねうらおさんはコンピュータ将棋について、素人にもわかりやすく技術面を説明してくれる貴重な存在です。そして話がおもしろい。

やねうらお2014を私も見たいです。

通りすがり通りすがり 2014/03/26 17:09 素晴らしい記事ありがとうございます。私もこの考察に同調します。

すっきりすっきり 2014/03/27 01:04 私がぼんやりと、こういうことじゃなかったんじゃないだろうか?と思っていたことが土屋様の記事でわかり易くご提示いただいたことで腑におちました。

良記事のアップありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/t_tutiya/20140323/1395557842