Hatena::ブログ(Diary)

:::洋楽CD新旧ディスクレビュー:::

2017-01-23

No,367 Bill Frisell "Good Dog, Happy Man"

f:id:t_yama0227:20170122082108p:image:left01. Rain, Rain
02. Roscoe
03. Big Shoe
04. My Buffalo Girl
05. Shenandoah
06. Cadillac 1959
07. The Pioneers
08. Cold, Cold Ground
09. That Was Then
10. Monroe
11. Good Dog, Happy Man
12. Poem For Eva




今週はビル・フリゼール(Bill Frisell)と、ライ・クーダー(Ry Cooder)、グレック・レイズ(Greg Leisz)という、燻し銀ギタリストの演奏とサウンドが満喫できるアルバム「グット・ドック、ハッピー・マン」を聴きます。ジャンル的にはビル・フリゼール自身がジャズに分類されており、「ジャズ」なのですが、奏でる音楽はアメリカ南部の香りがする「アメリカン・ルーツ」系で、私好みの土臭さを封印し洗練されたものとなっております。


アルバムには、三人のギタリストが共演した曲は残念ながらないのですが、名曲が多くおススメの一枚です。まず、ビル・フリゼールとライ・クーダーの共演で、ドラムスにジム・ケルトナーというオールスター布陣の5曲目 "Shenandoah" がため息が出るほどの名演。YouTubeにはこのアルバムのトラックはアップされておらず、ぜひ Apple Music や Spotify でお楽しみください。ここではビル・フリゼールのソロを。


Bill Frisell - "Shenandoah" (solo)



続いてビル・フリゼールとグレック・レイズの共演で、11曲目の "Good Dog, Happy Man" 。こちらもため息ものですね。

Bill Frisell Good Dog Happy Man





    都合によりしばらくの間、このブログの更新をお休みます




PERFORMERS:

Bill Frisell - Guitar (Acoustic), Guitar (Electric), Loops, Mandolin, Music Box, National Steel Guitar

Ry Cooder - Guitar (Electric)(track: 5)

Greg Leisz - Pedal Steel Guitar, Dobro, Lap Steel Guitar, Steel Guitar [Weissenborn], Steel Guitar [National], Mandolin –(tracks: 1 to 4, 6 to 12)

Wayne Horvitz - Guest Artist, Organ, Piano, Sampling (tracks: 1 to 4, 6 to 12)

Jim Keltner - Drums, Percussion (tracks: 1 to 4, 6 to 12)

Viktor Krauss - Bass



PRODUCTION:


Producer - Lee Townsend

Assistance Producer - Louisa Spier, Noel Grey

Recording And Mixing Engineer - Judy Clapp

Assistant Mixing Engineer - Adam Muñoz

Assistant Recording And Mixing Engineer - Jeff Shannon

Mastered - Greg Calbi

Noel Grey - Production Assistant

Design - Barbara de Wilde

Photography - Michael Wilson




External links:

Official Facebook page