Hatena::ブログ(Diary)

京都寺町法律事務所はなれ RSSフィード

2012-10-18 少しだけ補足説明を

さて、何度か、HPをご覧になって、問い合わせのお電話を頂きます。

被害者の方自身からお電話を頂くことは、嬉しく思います。

もっとも、そのきっかけのほとんどは、依頼した弁護士に不信感を持って、始めてネットで検索して、たどり着くというものですから、当然、簡単な過払いについてはつまみ食いされた後なんですね。

その状態で依頼をされても、お断りするしかないんです。

弁護士は社会正義と弱者救済のために仕事をするのではないのですか?

さすがに問い合わせをしてくる人に、そのように言われたことはありません。

しかし、記事を見ている人の中には、そう思っている人もいるのではないですか?

その言葉は、最初につまみ食いをした弁護士司法書士に向ける言葉だということに気付いてください。

再考しました。

金額を出すのもかえって誤解を招きそうだし、寿司の例えも、やっかみ、嫉み妬みの同業者には反発の材料にしかならないでしょう。

要するに、身を削ってまで金儲けを企んだ弁護士の尻ぬぐいをするつもりはありません、ということです。


追伸

本日、CFJとの子どものケンカみたいな裁判が終わりました。

まあ、馬鹿な簡裁裁判官判決など覆してやりましたよ。

判決にしたかったですが、和解です。

実質勝訴ですけどね。