Hatena::ブログ(Diary)

京都寺町法律事務所はなれ RSSフィード

2013-01-27 司法崩壊の足音が聞こえる

んだそうです。

京都弁護士会主催にしては踏み込んだタイトルではないでしょうか。

でも、法曹人口の激増とセットに語るつもりあります?

500人の合格者だから給費で間に合うんです。

私だって500人の合格者に入るために、長い歳月を費やしたのです。

それを択一試験の合格者出すかのように法曹を粗製濫造しておいて、全員に給費などできるか、というのはある意味正論でしょう。

市場のニーズも調査することなく、きっと需要はあるはずだから合格者を増やせと言った間抜けは民間企業経営者だったらとうの昔に会社を倒産させているでしょう。

消費者被害の法科大学院、集団差止訴訟を実施しましょう。

募集停止に踏み切った法科大学院はまだ良心がある方です。これ以上の消費者被害は忍びないというその英断に拍手を送ります。

そういう意味では佐藤幸治と井上正仁は絶対に許せない存在ですね。