Hatena::ブログ(Diary)

京都寺町法律事務所はなれ RSSフィード

2013-05-22 「キャスコのみ」打ち切り

とりあえず、キャスコだけの依頼者の件ですが、思い出したように相談が来ることはありますが、キャスコだけにとどまらない依頼については、随時処理している関係で、想定している費用に到達することはなさそうです。

これまでご相談いただき、依頼を希望されている(費用に躊躇している方を除く)方については放置する訳にもいかないので、今の依頼者(随時対応分)に合わせて、依頼を受けてしまうことにしました。

これをもって、キャスコ「のみ」の依頼については打ち切らせていただきたいと思います。

状況は確実に悪化すると思いますし、どこまで傍観されるおつもりかは存じませんが、成功報酬制で受けてもらいたいという発想には応じかねますので(キャスコのみというのは、結局他のサルがつまみ食いした後の尻ぬぐいをしろと言っているに等しいのです)、これ以上状況が悪くなってキャスコが倒産するようなことがあれば、そのとき依頼者とトラブルになるのは嫌です。

あしからずご了承下さい。

追伸

弁護士研修ノート」という本にかかれているらしいが、「社会に必要なことは採算が合わなくても進んでやるべきだ・自分が社会に必要とされていれば、市民はあなたが倒産してもらっては困るので救いの手をさしのべてくれるだろう」

こういう発想の人は、完全に職業を間違えています。

「おーーーーーーーい」と言いながら托鉢もって京都の町を練り歩いてください。

成仏理論の原点はここか。

ふざけた弁護士も居たもんだ。

Connection: close