Hatena::ブログ(Diary)

京都寺町法律事務所はなれ RSSフィード

2017-04-12 事実認定の最大の敵

裁判の途中で、裁判官が結論を決め付けていることが分かる言動がある。

こうなると何を説明しても全部無視される。

残された手段は、大切な証拠の一部を出さないまま、原審判決を書かせる。

控訴審で、取っておいた証拠を出す。

その証拠があれば、原審でも結論は変わっていたか?

そんなことはない。証拠を提出しても無視されて終わる。

結果証拠の価値まで傷つけられる。