ハコニワ このページをアンテナに追加 RSSフィード

特選記事+関連ページ

「アルファ’s blog(仮」は2008年10月29日にブログ名を「ハコニワ」に改名しました。
ゲーム有害論史: ゲーム有害言説史 旧2002-2009
森昭雄の講演: 森昭雄世日クラブ講演
ゲーム有害論言及記事: 毎日新聞 子どもとゲーム NPO法人 子どもとメディアの「活動」実績
ゲーム有害論関連イベント予定表
2月20日15時〜 コンテンツ文化研究会 2011年2月定例会
場所:東京都 新宿区柏木地域センター 第二会議室
Sleipnir ゲーム脳Q&A 
東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
Twitterやってます。

2010/04/06(Tue) 浜辺の魔洞50Fまですらたどりつけません

[]45 bunbu学院爆誕!

まずはこの記事から。画像が多いので直接リンク先を見るのをおすすめ

東京都目黒区青葉台脳科学を基盤に据えた学校誕生する。0才から10才までの乳幼児幼児児童を対象としたアフタースクールである。名前は「BunBu学院」、文武両道人間教育の基礎陶冶をめざすという。(03−5347−4460)

主な講師は、バルセロナオリンピックメダリスト古賀稔彦NHK体操のお兄さん佐藤弘道宝塚スター望月理世、その他国語、算数、そろばん書道マナーピアノなど専門分野の著名な講師陣が教育にあたる。顧問脳科学森昭雄

4月24日(土)入学説明会を開催、古賀選手はじめその道の達人の経験脳科学ドッキングする。「Bunbu学院」の実践に期待が集まる。

子ども教育において重要なことは、見て、聴かせて、理解させ、脳から出力させること」

教授インド最難関の工科大学連携し「脳科学教育」の研究を進めている。

「ヒトの前頭前野における細胞密度の年齢変化」が幼少期の重要性を物語っている。

文武両道・脳科学の学校誕生!-脳科学ブログ(教育への架橋)

数年前にインド教育に目覚めた森が脳科学を引っさげてbunbu学院顧問に就任。まだ発展途上の学問を基に早期教育をやるって大丈夫なの?

bunbu学院の運営元のニリアバニー公式サイトを見てみると。

BunBu学院では、子どもの脳が出来あがる時期にきちんとした環境のなかで、教育をするべきだと考えております。

ブンブ学院では詰め込みでなく…楽しく学び…大勢の中の1人でなく…1人1人の個性能力を大切に…10年後、20年後の日本を背負う子どもたちに、文武両道だけでなく、コミュニケーション能力ディスカッション能力マナー国際社会に出ても恥ずかしくないように、教養や基礎をしっかり身に付けてもらうために本物教育環境設定をいたします。

各界で活躍中の先生方を講師陣にお招きしたレベルの高いアフタースクールは他に例はありません。それがBunBu学院です。

幼児期や小学生の低学年においては、音楽国語、算数や書道などいろいろなことを、多く体験し、さらに人間としてのマナーを身につけることが、将来大人になるためにとても大切なことなのです。

このような時期にいくらよい教育を施しても、家庭でテレビビデオコンピュータゲーム漬では、無意味になってしまいます。このことを踏まえての教育が大切です。

学院は、一流の講師陣によってのお子様によい教育効果が期待されます。

Nothing found for Bunbu

(太字は引用者)

前半は比較的まともなことを書いてある。が、後半の「このような時期にいくらよい教育を施しても、家庭でテレビビデオコンピュータゲーム漬では、無意味になってしまいます。」が疑問。

一般的な教育メディアの影響で簡単に相殺されるなら今頃ゆとり教育とかのレベルでないほどにひどいことになっているはず。

犯罪戦後最低レベルだし、学力も下がったとはいえ、まだまだ世界平均レベルの上に先進国ではトップクラスなんだけど*1

で、その後はコース説明。児童部・幼児部は(自分が見る限り)特に文句の無い教育をしている。しかし、乳幼児部・0歳児部に驚いた。

乳幼児部 1歳〜3歳児 9:30〜12:30

脳科学ベースにしたモリ式メゾッドによる教育

1歳児 親子クラス水曜日(10:00〜11:30)

2.3歳児 月・火・木・金(9:30〜12:30)

IQの高いお子様の育成をいたします。

7月開校予定

0歳児部 妊娠中〜0歳児 10:00〜11:30

0歳からの脳科学ベースとした教育

脳科学森昭雄 教授の直接指導。IQの高いお子様の育成をいたします。

[事前にご両親様面接をさせて頂きます]親子クラス(予定)

露骨に脳科学を基にした教育をすることとともに、「モリ式メソッド」「森昭雄 教授の直接指導」「IQの高いお子様」とか凄い言葉が並んでいる。

その中の一つ、「モリ式メソッド」と聞きなれない言葉があるけど、内容は以下の通り。

モリ式幼児教育メソッド(モリ式メソッド)

この幼児教育は、モリがインド幼児教育法を調査し3歳児が1から100まで数え、20までを書け、1桁の足し算や引き算が出来る現状を見て幼児には限りない能力があることを知った。このような算数をベースにした反復学習による教育法に感動した。これが脳の神経細胞間の複合部を形成しているシナプスが1歳から6歳が人生の中で一番多く、反復学習は脳の神経ネットワークを形成に重要であり脳科学的に理にかなった方法であることに至った。さらに言語を発生できないときに紙媒体に拠る視覚刺激、多くの語りかけや言語と身体運動を取り入れたモリ独特の発育発達に見合った幼児教育法である。

文武両道・脳科学の学校誕生!-脳科学ブログ(教育への架橋)

まとめると、「インド幼児教育法に感動した。」→「反復学習脳科学的に理にかなっている」→「さらにいろいろ取り込んで自分幼児教育法完成」。

そもそもインド幼児教育法なんていってるけど、インド日本並みに就学率があるとは思えない。それにインド学校大半でその教育やっているのか。2008年世界日報の講演ではインドに行った際に回った学校はたったの2校で「たまたまその学校だけがやっていたのでは」と疑いたくなる。それらが明らかでないのにインド幼児教育法と呼ぶのはどうなんだと。

でももっとすごいのは0歳児部の対象が妊娠中、つまり妊婦も対象にしていること。生まれる前から森の「脳科学教育を施すというとんでもないコース。初産の時に得た知識をそのまま第2子第3子と引き継がれることを考えると、影響が参加者の数以上に広がることが目に見える。

なんで教育の中でこんな「脳科学」がもてはやされ続けるのか。正直、脳科学も見限りたくなってきた。

そうそう、説明会が24日13時からあるみたいなので予約取って偵察行くつもりです。「親の代理で行きます」と言えば入れそうだし。5月29日も森の講演があるので行ってみます。

ゲームゲーム 2010/04/13 10:08 顧問おりたらしいですよ

ななしななし 2013/09/19 22:03 >顧問おりたらしいですよ

顧問就任期間は僅か数日。
まあ、もともと「脳科学者」ではなかった人間なんですから、森さんは。
『相応しくなかった』と判断されたんでしょうね。
発言が二転三転するような人を信頼できるか、って話かもしれませんが。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tabiture/20100406/1270571265