Hatena::ブログ(Diary)

tabizouの日記

2018-06-19

Ubuntu 16.04 LTS に fess-12.1.3.deb をインストールしてみる

11:34

Ubuntu 16.04 LTS に fess-12.1.3.debインストールしてみる

 

以前 Windows 10 にインストールしてみたんだが Ubuntu でも試してみる

※wi版でやったのと全然違うのね・・・・・

ついでにPostgreSQL10のドキュメントも作成してみる

 

参考にしたのは以下のサイト

Ubuntu 16.04 LTS に Fess(deb版) を 外部 Elasticsearch を使う設定でインストールする方法

Ubuntuユーザ追加とsudo権限付与。ユーザ/グループ操作まとめ

 

以下は SQLDeveloper用にインストール

$ sudo apt-get install openjdk-8-jre-headless

$ sudo apt-get install openjdk-8-jdk-headless

$ sudo apt-get install openjfx

 

・Elasticsearch をインストールする

Download Elasticsearch

より プラグインに対応しているバージョンをDLする(最新版とは合っていない感じ)

org/codelibs/elasticsearch-analysis-fess等でpluginのバージョンを確認する

$ sudo dpkg -i elasticsearch-6.2.1.deb

 

fessインストールする

ダウンロード

より 安定版の最新版をDLする>fess-12.1.3.deb

$ sudo dpkg -i fess-12.1.3.deb

# vipw で以下を確認

fess:x:122:129::/var/lib/fess:/bin/false

# cat /etc/group で以下を確認

fess:x:129:

 

・Elasticsearch の設定ファイルに追記する

/etc/elasticsearch/elasticsearch.yml の最下行に以下の表記を追加する

configsync.config_path: /var/lib/elasticsearch/config

 

・Elasticsearch のプラグインインストールする

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-analysis-fess:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-analysis-ja:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-analysis-synonym:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-configsync:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-dataformat:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-langfield:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-minhash:6.2.1

$ sudo /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install org.codelibs:elasticsearch-analysis-kuromoji-neologd:6.2.1

 

Fess の設定ファイルを修正する

/usr/share/fess/bin/fess.in.sh で以下をコメントアウト&修正

# ES_HTTP_URL=http://localhost:9200

# ES_TRANSPORT_URL=localhost:9300

# FESS_DICTIONARY_PATH=/var/lib/elasticsearch/config/

FESS_JAVA_OPTS="$FESS_JAVA_OPTS -Dfess.port=8088" # port:8088に

 

$ sudo systemctl start elasticsearch.service

http://localhost:9200/ にアクセスして正常に表示されることを確認する

 

$ sudo systemctl status fess.service

http://localhost:8088/ にアクセスして正常に表示されることを確認する

 

$ sudo systemctl start elasticsearch.service

$ sudo systemctl stop elasticsearch.service

$ sudo systemctl restart elasticsearch.service

$ sudo systemctl status elasticsearch.service

 

$ sudo systemctl start fess.service

$ sudo systemctl stop fess.service

$ sudo systemctl restart fess.service

$ sudo systemctl status fess.service

自動起動の設定 

$ sudo systemctl list-unit-files --type=service | grep fess.service

fess.service disabled

$ sudo systemctl list-unit-files --type=service | grep elasticsearch.service

elasticsearch.service disabled

$ sudo systemctl enable fess

$ sudo systemctl enable elasticsearch

再起動後、自elasticsearch, fess が起動していることを確認

 

PostgreSQL10のドキュメントを作成する

・必要なパッケージのインストール

$ sudu apt-get install -y libreadline6-dev \

zlib1g-dev \

flex \

bison \

libxslt-dev \

jade \

docbook \

docbook-dsssl \

docbook-xml \

docbook-xsl \

gettext \

sp \

libxml2-utils \

xsltproc

 

$ which collateindex.pl

/usr/bin/collateindex.pl

 

$ git clone git@github.com:pgsql-jp/jpug-doc

$ ./configure --enable-nls --with-libxml --with-libxslt

 

ドキュメントのビルド

・トップディレクトリで以下を実行すると、doc/src/sgml/htmlhtml が生成される

$ make html

 

再度、全ビルドをしたい場合

・一度 make html をすると移行差分だけの更新になります。再度全ドキュメントを更新したい場合は、

$ make clean

$ make html

としても、更新がおこなわれないので(生成されたhtmlフォルダを削除してもダメです)

一度sgmlのファイルを更新してから再生成する

$ touch ./doc/src/sgml/*.sgml

$ make html

$ cd doc/src/sgml/html

 

dir の作成&ファイルのコピー

$ sudo mkdir /var/export/web/fess

$ chown fess /var/export/web/fess

$ chgrp fess /var/export/web/fess

$ sudo mkdir /var/export/web/fess/pgsql10

$ sudo chgrp fess /var/export/web/fess/pgsql10

$ sudo chown fess /var/export/web/fess/pgsql10

$ su - fess

$ cp -r * /var/export/web/fess/pgsql10/

 

http://localhost:8088/admin/ にアクセス

 Crawler

 ->File System

  ->Create New ボタン

   Name:Postgres 10

   Paths:file:/var/export/web/fess/pgsql10/

   Included Paths For Indexing:file:/var/export/web/fess/pgsql10/.+\.html$

   Excluded Paths For Indexing:file:/var/export/web/fess/pgsql10/.+\.css$

   +Create ボタン

 

 System

 ->Scheduler

  ->Default Crawler をクリック

   ->Start Now ボタンをクリック

$ sudo tail -f /var/log/fess/fess-crawler.log

cssファイルが対象外になると思っていたけど、違うなぁ・・・

終了後 TOPの画面から Postgres で検索してみる