Hatena::ブログ(Diary)

資料室ノート RSSフィード

四大陸選手権(2/2〜8 カナダ・バンクーバー / テレビ放送) ... more >>(ISUへ)
CommunicationNo.1522(アイスダンスに関する総会決定事項、No.1496の修正・改定)、
No.1504(シングル・ペアに関する総会決定事項)、No.1505(シングル・ペアのGOE)
2008-2009 採点基準:No.1494(シングル・ペア)、No.1496(アイスダンス)
2008-2009 GPシリーズ実施要綱・エントリー:シニア ジュニア
▽初心者向けのページ(本サイトから):スコアの見方 試合結果 用語辞典
▽要ブックマーク:ISU ランキング Biographies ▽辞書:Yahoo! ▽翻訳:Yahoo! Google

2008-12-01 真央のCiSt

久しぶりに書き下してみます。ボンパール杯SPのものですが、NHK杯もほぼ同じでしょう(ただ、途中引きの映像で分かり難い)。BOやFIはエッジ、toeはトウ、:の右は次の行へ進むのに使ったターンなど、右回り左回りはターンなどの方向、時計回り反時計回りスケーティングの方向、△はターンで反対の足を着くのが早すぎるなど不完全かなと思うものです。

レベル3には充分なターン・ステップの数、左右のバランスがあります。レベル4には回転方向の転換、例えばFSのSlStの2/3ぐらいのところにある、右足左回りツイズル(ブレード持ちながら)〜右足右回りツイズルというようなものが足りないかなと思います。

   左足 右足 
 1|      BO  : (=2Aの着氷)チェンジエッジ (反時計回り→時計回り)
 2|      BI  : チェンジエッジ (時計回り→反時計回り)
 3|      BO  : 左回り ロッカー (反時計回り→時計回り)
 4|      FO  : 左回り カウンター (時計回り→反時計回り)
 5|      BO  : 左回り (左足モホーク/右足スリー)
 6| FO   FI  : (かがみながら左回り、左足スリー)
 7| BI       : (チェンジエッジ)
 8| BO       : (クロスカット)
 9|      BI  : 左回り (ストローク)
10| FO       : 左回り スリー
11| BI       : 
12|      BO  : △右足 右回り カウンター (反時計回り→時計回り)
13| FI   FO  : (右足→左足 シャッセ)
14| FI       : 右回り チョクトー (時計回り→反時計回り)
15|      BO  : △左回り チョクトー (反時計回り→時計回り)
16| FI   ##  : △右回り チョクトー (時計回り→反時計回り)
17|      BO  : △右足 右回り カウンター (反時計回り→時計回り)
18| FI   FO  : 
19| F#       : シャッセ (クロスシャッセ)
20|      FO  : △右回り ロッカー (時計回り→反時計回り)
21| toe  BO  : (左回り ピボット)
22| toe-steps: 
23|      FO  : 右回り ツイズル (時計回り)
24| toe-steps: 右回り
25|      BI  : 
26| BO       : 右回り スリー
27| FI       : 左回り ブラケット
28| BO       : (クロスステップ)
29|      BO  : △左回り ツイズル (反時計回り)
30| toe-steps: 左回り
31| FO       : 左回り (左足スリー)
32| BI   FI  : (かがみながら左回り、右足スリー)
33|      BO  : (左足を大きく振り上げる) 左回りホップ
34| toe      : 
35|      FO  : (時計回り)
36| FI   FO  : 
37| FI       : 左回り ブラケット
38| BO       : 右回り チョクトー (時計回り→反時計回り)
39|      FI  : (右足右回り カウンター)
40| FI   BI  : (かがみながら右回り1回転、時計回り)
41|      toe : 右回りホップ
42| BO   BI  : 
43|      BI  : 右回り ロッカー (時計回り→反時計回り)
44|      FI  : 
45| FO       : 右回り モホーク
46|      BO  : 左回り スリー
47|      FI  : 右回り ブラケット
48|      BO  : (チェンジエッジ)
49|      BI  : △右回り ループ (時計回り)
50| BO       : (チェンジエッジ)
51| BI       : △左回り ループ (反時計回り)
52|      BO  : 

2008-11-23 シーズン開幕〜

え、とっくの昔だって? 何とおっしゃる兎さん。今までのは前座ですよ。

突然ですが、1つクイズを出しますね。

次の競技の中で、性質の異なるものが2つあります。それはどれでしょう?

ところで、前座は何と読みました? 普通はゼンザでしょうけれど、あそう読みだとマエザになるんですかね。一応マエザという言葉もあるようでして、この場合、テレビ朝日フィギュアスケート放送の修行中というとらえ方ができますね。しかし、石の上に3年ならぬ氷の上に30年とて、NHKの水準には及ばぬような気がするんですが・・・

さて、もう1つ問題。

今シーズンはフリーの要素で、数の減ったものが多いですけれど、逆に増えたもの(増やせるもの)があります。それは何でしょう? 即答できた人はレベル4、考えてわかった人はレベル3、調べて分かった人はレベル2でしょう!

P.S. HPは24日の夜に、まとめてどどんと更新します。

るるるるるる 2008/11/25 20:46 増えたのはテレ朝地上波では放送してくれないやつですかね。
このブログを見返してわかったので、レベル2.5ってとこでしょうか。

ぼけマオタぼけマオタ 2008/11/26 23:49 モーグルとレスリングは、ボール・パック・ストーン等の球形の物を使っていません。

おっさん36おっさん36 2008/12/02 21:43 イニング制でゲームを区切るという意味でカーリングとソフトボールかな。
増えたのは、アイスダンスの、要素に数えられないリフト?

マオぺたんこおっぱいマオぺたんこおっぱい 2008/12/04 12:24 >増えたのは、アイスダンスの、要素に数えられないリフト?
はい、テレビ実況の受け売りですね。レベル1!

2008-07-02 総会決定事項(シングル・ペア)

総会決定事項はコミュニケーション1504。○は5/8の記事に書いたものです。

共通

○あるジャンプの後、ステップ等を挟まず直ちにアクセルジャンプを跳んだ場合、全体をシークエンスとみなす。

●重度のフルッツ・リップ(long wrong edge, no correct edge at all etc.)はこれまで通り「e」を付けてGOEをマイナスの範囲に強制するが、軽度の場合(short or not so obvious)にも「!」(attention)を付して、GOEを各ジャッジの裁量に委ねる。

●名前を呼ばれてから演技開始までの時間が2分以内→1分以内。

●負傷や衣装・靴のトラブル(すなわち選手の責任)により演技を中断する場合、再開までの時間は2分以内→3分以内とし、減点2を新たに課す。

●グループ最初の選手が直前のウォームアップ中に負傷し、充分な治療が施せなかった場合、名前を呼ぶまでに追加で最大3分の猶予が与えられる。


シングル

○ジュニア男子SPで、アクセルジャンプとして3AもOK。

○FSの要素を1つ減らす:男女シニアのスピンが4→3、ジュニア男子のステップが2→1、ジュニア女子のスパイラルシークエンス1→0


ペア

○FSの要素を1つ減らす:ステップ、スパイラル1つずつ→ステップだけ(08-09、10-11)、スパイラルだけ(09-10)

○FSで、リフト2つ+ツイストリフト2つ(異なる種類)という組合せもOK。

●FSで、リフト・ツイストリフトも後半の基礎点1.1倍。

●SPで、スパイラルシークエンスの「常に最低1人がスパイラルポジションをキープしていること」という必須事項を削除。

●リフトでの男性の回転は、伸ばしていた腕が曲がり始める(=女性が降り始める)までをカウントする。(女性が着氷する(または男性のフリーレッグが氷から離れる)までだったこれまでより余裕があり、オーバーして違反要素となることも少なくなりそう)


その他1505でGOEの基準が整理されています。

2008-05-28 ISU総会議題から(2)

ISU理事会の要請によりアイスダンス技術委員会から提出されたものだが、アイスダンスがコンパルソリー、オリジナル、フリーの3つで競技していたのを、2009-2010シーズンからジュニア限定でコンビネーションダンス(コンパルソリー1分とオリジナル1分50秒をつなげたようなもの)とフリーの2つにするという提案が!? なお、これが通った場合、2010-2011以降全ての大会で同じようにするかは、2010年の総会で決めることに。

Communication No.1500

2008-05-08 ISU総会議題から

下に挙げたのは、ISU総会(6月開催)の議題のごく一部です。あまり賛成できないのもありますが、1つを除いて全て技術委員会から提出されたもので、実現する可能性は小さくないようです。

シングル・ペア・アイスダンス
  • (P78 No.299)コンビネーションジャンプの基礎点は、これまで各ジャンプの基礎点の単純な和だったのを、第2ジャンプ以降を1.1倍してから合計することに。
  • (P51 No.166 カナダ案)上について、こちらは係数1.5倍案。また、シークエンスで0.8倍するのをやめて、単純な和とすることに。
  • (P79 No.308、310、P89 No.346)ISU選手権において、FSに進める選手数をシングルが24→20人、ペアが20→16組と減らす。アイスダンスでもOD24組、FD20組に。また、開催国の選手が誰もFS・ODFDに進めなかった場合に、1人・組だけ特別に出場できるようにした措置も無くす。
シングル
  • (P67 No.250)ジュニア男子SPで、アクセルジャンプとして2A限定だったのを3AもOKに。
  • (P73 No.274)シニア男女FSで、スピンを4つから3つに減らす(ジュニアと同じになる)。
  • (P73 No.275)ジュニア男子FSで、ステップシークエンスを2つから1つに減らす。
  • (P73 No.276)ジュニア女子FSで、スパイラルシークエンスを無くす。
  • (P74 No.279)FSで、あるジャンプの後、直ちにアクセルジャンプを跳んだ場合、全体をシークエンスとみなす。これまでは何らかのつなぎを入れなければ別々の要素となった。
  • (P74 No.284)FSのステップシークエンスでは、音楽の特徴が表現されているかどうかもGOEで評価することに(SP=Rule510については言及無し)。
ペア
  • (P75 No.287)シニアペアFSで、ツイストリフトが1つだったのを2つも可に。ただし、リフトと合わせて4つというのは変わらず、その場合はリフトが3つから2つに減る。
  • (P75 No.288、289)ペアFS(シニア・ジュニアとも)で、ステップシークエンス・スパイラルシークエンス各1つだったのを、指定された1つだけに(08-09はステップ、09-10はスパイラルというように交互に)。
  • その他、シングルのNo.279、No.284と同様(こちらはSPについてもある)
アイスダンス
  • (P84 No.328、330)ODで、1回転までのジャンプをOKに(ただし両者同時に1回転はいけない。いずれもFSと同じ)。また、氷上でのスプリットポーズ(2005-06に一時的に許可)もシーズンによらずOK。
  • (P84 No.328、330)OD・FDで、パートナーの靴の上に座るのもOK(靴の上に立つのは2005-06に解禁)。