Hatena::ブログ(Diary)

資料室ノート RSSフィード

四大陸選手権(2/2〜8 カナダ・バンクーバー / テレビ放送) ... more >>(ISUへ)
CommunicationNo.1522(アイスダンスに関する総会決定事項、No.1496の修正・改定)、
No.1504(シングル・ペアに関する総会決定事項)、No.1505(シングル・ペアのGOE)
2008-2009 採点基準:No.1494(シングル・ペア)、No.1496(アイスダンス)
2008-2009 GPシリーズ実施要綱・エントリー:シニア ジュニア
▽初心者向けのページ(本サイトから):スコアの見方 試合結果 用語辞典
▽要ブックマーク:ISU ランキング Biographies ▽辞書:Yahoo! ▽翻訳:Yahoo! Google

2005-12-19 観戦レポ:GPファイナル・男子

ステファン・ランビエール

他の選手がFSで1度入れるかどうかという4TをSP・FS合わせて3度決め、2位以下とは大きな差がつきました。3Aで転倒するのはいつものことなのですが、それでも230点台に乗せてきたことで、メダルは残り1つになったかなという感じです(参照:トリノへの展望)。

230点台に届いた要因の1つは、スピンのうちレベル3以上と認定されている5つで右足チェンジエッジを入れたことなのですが、たとえチェンジエッジをやらなくても今回の場合基礎点は2.8点しか違わないので、このクラスの選手がやると(しかもシットのみ)、ちょっとこすいなと思ってしまいます。

ジェフリー・バトル

2位をキープできた大きな要因はFSの2Lzです。ここは2回転になってしまったのではなく、彼は意図的に2回転にとどめたはず、と思いたい。最初に予定していた4Tが3Tになったにも関わらず3A+3Tと3Aをいつも通り行ったことで、もう2度目の3Lzを跳ぶことができない状況になっていました。この時点でのベストは、後の3Fか3S+2Tを繰り上げて、その分を2Aに(3Fか3Sが2回転になればそれをリトライ)することですが、プログラム変更の影響を小さく押さえる次善の策だったでしょう。

SPのCSSp3は左足でのチェンジエッジがないのでレベル3までしか上がりませんけれど、FSのCCoSp3は右足キャメルでのチェンジエッジが不足してレベル4を逃しました。

高橋大輔

今回のテクニカルスペシャリストNHK杯でも担当したOLAVARRIETA氏(メキシコ)、アシスタントにスケートアメリカのRAUSCHENBACH氏(ドイツ)でした。ステップシークエンスの判定を比較してみます。

大会判定スペシャリスト
スケートアメリカ(SP)CiSt2、SlSt2 (FS)CiSt1、SlSt3Ms. RAUSCHENBACH
NHK杯(SP)CiSt3、SlSt4 (FS)CiSt2、SlSt3Mr. OLAVARRIETA
GPファイナル(SP)CiSt3、SlSt3 (FS)CiSt2、SlSt2Mr. OLAVARRIETA
Ms. RAUSCHENBACH(アシスタント)

SPのSlSt3は仕方ないとしても、FSのSlSt2はちょっと残念ですね。直前のCoSp1では体のキレがなく、キャメル、シットでのチェンジエッジ、難しいポジションと、レベルアップの要所をことごとく回転不足でレベル3を逃していますから、SlStでもスピードの変化・上体の動きのいずれも認められる水準でなかったのかもしれません。

CCoSp3はSP・FSとも左足のチェンジエッジが不足、FSのLSp2は横での回転が不足でしょう。SPのCSSp3はレベル4でもいいんじゃないかと思います。FSの4Tは3T判定でもおかしくないぐらい回転不足、3Lz+2Tは3Lz+3Tを試みたものの下げられています。

織田信成

FS最初の3Aが1Aになったのは、1手パスに相当する大きなミスです。210点台の記録を持っていた4人による表彰台争いは、この時点で実質的に終わりました。SPのCSSp4で4人、FSのCCoSp3(1つ目)で5人がGOEでマイナスをつけているのは意外です。他のスピンにはなく、この2つでだけ共通して行っているものに、左足変形ポジションでのチェンジエッジがあり、もしかしたらこれが何か不味いのかもしれません。

さて、下はSSに対するTR他の下げ幅(SS-TRなど、全ジャッジ集計。マイナスの方がベター)です。今回のジャッジが辛かったせいか、織田選手の傾向はチェンジャン・リーのそれとよく似ていて、さすがにそれはないだろうと思うのですが、しかし他の4選手に比べると全体に弱いというのが現実のようです。

SPFS
TRPECHINTRPECHIN
ステファン・ランビエール0.530.120.220.160.340.090.090.15
ジェフリー・バトル0.34-0.070.12-0.130.220.06-0.13-0.09
高橋大輔0.410.060.130.100.41-0.030.130.03
織田信成0.660.320.320.320.530.190.220.38
エマニュエル・サンデュ0.500.250.060.030.310.16-0.06-0.03


観戦レポ一覧