Hatena::ブログ(Diary)

たこはちの「へのかっぱ」日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年02月26日(金)

FLの次は、TMとTAのどちらを目指すべきか。

JSTQB FLに合格された方が、次のステップとしてTM(テストマネージャ)やTA(テストアナリスト)を目指す場合、どのように学習すればよいか悩まれることが多いようだ。TMTAに関する市販本は国内にはないし、講習やセミナーといったものもまだ無い。シラバスを読む以外にどんな学習方法があるのか、よく問い合わせがある。その回答をまとめておきたい。

【1】FLの次は、TMTAのどちらを目指すべきか

TMTA受験資格は経験が3年以上だ。それをクリアできているという前提とする。TM試験は、トライアルが2010/08から始まり第5回が2015/08に行われた。次回は第6回が2016/08に行われるだろう。TA試験は、2016/02に第1回が始まったばかりだ。JSTQBは、当面、TMTAを半期ごとに繰り返すのではないかと推測する。次回TAは、早くて2017/02だ。ただ、試験問題評価し、次回の試験問題を作成するのは大変な労力なので、1年以上間隔が開く場合もあるだろう。

FL--> TA--> TMの順に受けることを勧めたいが、タイミングよく試験が実施されるとは限らない。直近で実施されるTAまたはTMに照準を合わせるしかない。FLに合格した半年後の試験を狙うべきである。どちらも3か月間学習すれば、十分に間に合う。これからFLを受けられる方は、FL--> TA--> TMの順で目指してほしい。FLに合格して、半年後にTMに合格した人は結構多いことが分かっている。おそらくモチベーションが持続できるからだろう。半年以上の期間を空けると効率がよくない。

【2】半年後にTMを受ける場合

TMに関する国内の市販本はないし、FLと違って講習やセミナーも見当たらない。テスティング中級コースマネージャ編)のみと言っても過言ではない。TMシラバスの50%はプロジェクトマネジメント知識と言えるので。PMBOKなどの入門書は参考になるかもしれない。

TM試験は、シラバスベースの知識問題が60%、与えられたシナリオTMとして判断する問題が40%といった配分である。シラバスベースの問題は配点が少ないので、実質でシラバスベース50%、シナリオベース50%と考えるべきである。シナリオベースの問題は、自身の開発やテストの経験や一般論から容易に解答できるものが多い。一方、シラバスベースの問題は、シラバスを読み込んでいないと4つの選択肢を絞り込みできない。シラバスの読み込みは必須である。シラバスを十分に読み込んでおけば、シナリオベースの問題でも出題者の意向が察知できるようになる。

※以前に書いた「JSTQB Advanced第1回試験を分析してみた」も参照ください。

【2-1】シラバス学習する場合のおすすめ

JSTQBシラバスは、誤訳も多いのでそれを前提とする必要がある。シラバスが間違っているだけでなく、間違った知識のまま出題される可能性もある。ISTQBの原本と突き合わせて学習すべきだ。公開されたレビューメモなども参照してほしい。

私は、自身専用のシラバス解説書を作成することを推奨している。私自身も実践している。単にシラバスを読むだけでなく、シラバスに気づきを書き込んでいくのだ。誤訳の箇所を指摘して訂正したり、理解できていなかった部分に自分なりの解説を加えたり、出題されそうな部分に想定問題を作ってみたりする。ダウンロードしたPDFシラバスからテキストを抽出(AcrobatReaderに機能あり)して、WORDシラバスを作成するのだ。手作業も多いが紹介しておく。

(1) プレーンテキストの段階で、不要なヘッダーやフッターを削除する。削除しきれない場合は、目立つ文字列に置換して手作業で削除する。

(2) 改訂履歴、前書き、目次、参照書籍、索引は思い切って削除する。そして、この段階でWORDに貼り付ける。

(3) 見出しを整える。やっとPDFシラバスWORDとして体裁が整った状態となる。

(4) 箇条書きに変更できる部分を書き換える。シラバスはだらだらと文章が長い。要素が並列されている部分は、箇条書きに変更しておく。非常に読みやすくなる。英語の「x1,x2,x3 and x4」などの文章はJSTQB係り受けを間違って訳している箇所が多い。それを箇条書きにすることは学習の第1段階と言える。JSTQBの訳がおかしい/理解しにくいと感じたら、かならずISTQBの原本に当たってみるようにしたい。

(5) 学習目標を、各節・各項に移動する。シラバスK2,K3,K4の学習目標は非常に重要だ。それに基づいて出題される。K2,K3,K4の学習目標を各節・各項に配分しておき、各節・各項を読むときに学習目標を意識しながら読める構成に変更しておくのだ。

(6) レビューメモなどを参照して誤った箇所を修正しておく。ISTQBの原本と突き合わせる作業をゼロからやると、おそらく1か月を無駄にする。先人の情報を活用してほしい。

(7) 適宜、コメントを追記する。ここからが学習の第2段階である。コメントは、字下げしてフォントの色を変えるなどで工夫し、オリジナルのテキストをできるだけ壊さないようにする。

【2-2】サンプル問題や市販本について

JSTQBが公開しているサンプル問題は数問しかない。ISTQBが公開しているサンプル問題は40問ある。さらに海外のいくつかのサイトでは模擬問題も公開している。それらで学習するとよい。

出題者は、これらのサンプル問題を参照していることは間違いない。同じ問題絶対に出ないが、類似した問題として出題されたものは確認できている。

※有力な市販本としては、「Advanced Software Testing - Vol. 2, 2nd Edition: Guide to the ISTQB Advanced Certification as an Advanced Test Manager」がある。

【2-3】TMシラバス以外のソースの利用について

JSTQBTM)のシラバスを読み込むことは必須だが、それ以外の関連するシラバス用語集の用い方について問い合わせがあったので追記しておく。

(1) JSTQBFL)のシラバス:あるタイミングで復習する際に再度、眺めればよい。また、TMシラバスの内容がFLでどう書いてあったかを確認する程度で十分である。

(2) JSTQB(Advanced level 概要):特に読む必要はない。「Advanced Levelテストマネージャ試験は、180分で65問。合格ラインは65%。単純計算では、合格には42問以上の正答が必要。65問で115点満点。配点は1問ごとに1点-3点の範囲で重みづけされている。K2問題は1問1点、K3問題は1点-3点、K4問題は2点-3点となる」ということを把握しておくだけでよい。

(3) JSTQB用語:特に印刷して読んだりする必要はない。不明な用語に出くわしたら、http://squaring.jp/term/ で参照ください。中級コースマネージャ編)では必要な用語は都度取り上げている。

(4) JSTQBTA)のシラバスやISTQB(TTA)のシラバスTM受験者は、あえて読む必要はない。読まなくてもTMシラバスで完結している。TA受験者はTMシラバスを読んでおくと効果的だが、逆は必要ではない。

(5) 標準や技法の詳細情報TMシラバスで大体の概要が把握できたら、次の段階として、個々の標準や技法をもう少し深堀りして学習しておく必要がある。例えば、以下のような項目については、ネット情報などで調べて理解を深めておくこと。TMの第1回試験では、見積り計算、FMEA、TPIについて、シラバス以上に踏み込んだ内容で出題されていた。

IEEE 829-1998 ソフトウェアテストドキュメント
IEEE 829-2008 ソフトウェアテストドキュメント
IEEE 1028 レビュー
IEEE 1044 不正
・TPI Next
・STEP
・CTP
CMMI/TMMi
・故障モード影響解析(FMEA)
コスト便益分析(cost benefit analysis)
・3点見積り

(6) プロジェクトマネジメント入門書品質コストリスクマネジメントは必須です。この辺りの知識PMPPMBOK知識であり、プロジェクトマネジメント領域になる。PMPPMBOK入門書など読んだことがないなら、読んでおくと理解が早い。

【3】次回TAを目指す場合

TATMと状況はほぼ同じで、シラバスに沿った国内の市販本はないし、講習やセミナーも見当たらない。テスティング中級コースアナリシス編)のみと言ってよい。

TA試験は、シラバスベースの知識問題が30%、技法適用問題シナリオベースの問題)が70%といった配分である。シラバスベースの問題は配点が少ないので、実質でシラバスベース20%、技法80%と考えるべきである。シラバスを読まなくても技法だけ深く理解できていれば大丈夫と言える。シラバスベースの問題は、シラバスを読み込んでいないと4つの選択肢を絞り込みできないので、20%といえども捨てる訳にはいかない。シラバスでの学習では、前述のように自前のシラバス解説書を作成するとよいだろう。

TAは、TMに比べて、学習しやすい。教材や勉強会などもあり、ネット情報も豊富だ。技法実践は、シラバスを読んだだけでは「0点」だと考えてよい。市販本やネット情報で、各技法適用方法を理解する必要がある。技法についての市販本は、探せばいろいろあるようだが、シラバスで取り上げられる技法を1冊で網羅するようなものはまだない。また、社内や社外でのテスティング勉強会は結構行われているようだ。それに参加するのも良いだろう。最近では、WACATE(ソフトウェアテストワークショップ)というグループでの勉強会が目立つ。ネットで検索しても彼らのPPTがやたらとヒットする。「ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際」というドリル本を推奨していることが分かった。

JSTQBが公開しているサンプル問題は、TATMと同様で、数問しかない。ISTQBが公開しているサンプル問題は40問あり、さらに海外のいくつかのサイトでは模擬問題も公開している。また有力な市販本としては、「Advanced Software Testing - Vol. 1, 2nd Edition: Guide to the ISTQB Advanced Certification as an Advanced Test Analyst」がある。

※以前に書いた「第1回のテストアナリスト試験を受けてきた」も参照ください。

スティング中級コースアナリシス編)は、シラバスの網羅性、サンプル問題の網羅性は高いので安心できる。第1回のTA試験で判断するかぎり、ほぼ十分な網羅性だった。

2016年02月18日(木)

テストアナリスト試験の難問に挑んでみた。

テストアナリスト試験で正解が分からなかった問題を考えてみた。試験問題をうろ覚えなので前提を間違っているかもしれないがあえて取り上げてみる。記述はシンプルだが、机上では解けなかった問題だった。

机上で解けない問題

『4つの因子(A,B,C,D)がそれぞれ4つの値をもつ。たとえば、Aの因子は、a1,a2,a3,a4の値をもつ。ペアワイズテストのテストケースを作成したい。「因子Bがb1またはb2のとき、因子Aはa1またはa2しか選択できない」という条件がある場合、最小のテストケース数は 10,12,16,20 のどれか。』といった内容の問題だ。

正解が16なのか、20なのか判断できない。ISTQBでは、3因子でそれぞれ4値の問題は出題されるが、JSTQBでは4因子でそれぞれ4値だ。2ワイズでは、因子が4個で値がそれぞれ4個であれば、最小でも4*4=16である。これは、3因子4値でも、2因子4値でも16である。3因子4値や2因子4値なら、すぐにテストケースの組み合わせは並べられる。しかし、4因子4値になると、最小でいくつになるかを机上で導くのはかなりむずかしい。ちなみにPICTツールを使って求めると、19個のテストケースが求められた。これが最適解であるかどうかは確信できない。1つのサンプルとして捉える程度のものだ。もっと最適な16個に近い解があるように思える。

※16個の最適解が求まるツールがあるという情報をいただきました。PictMasterだそうです。後述で追記しておきます。また、PictMasterを使えば、この出題の正解は20個であることが分かるとのことです。問題の作者は、PictMasterを使ったのですね。机上で解くには無理があります。

※私もPictMasterを試してみました。PictMasterは、内部的にはPICTまたはCIT-BACHアルゴリズムを使っていて、どちらかを選択するようです。PICTだと19個の解、CIT-BACHだと16個の最適解が得られるようです。

「因子Bがb1またはb2のとき、因子Aはa1またはa2しか選択できない」という条件があったとしても、残りの3個の因子(B,C,D)には影響がないので、16個より少なくはならない。

※情報を提供いただいた方から、条件が加わると一般テストケース数は増えるとの指摘もいただきました。

PICTを使うと19個

PICTのようなツールを使えば具体的な19個を導けるが、机上で求めるのは難解だ。私は机上で解けなかった。16個以上という推測は容易にできるが、16か20かの判断はできない。そもそも、4因子4値の問題は出題してはいけなかったのではないか。数分から数10分で解が導けるためには、せいぜい3因子4値でなければならない。ISTQBの問題をかなり探してみたが、3因子4値はいくつか出題例があるが、4因子4値は1つもない。ISTQBのサンプル問題では、たとえば CTAL-ATA _LO-3.2.6 が3因子4値の問題である。答えは、16とすぐに求まる。

4因子4値の出題は、直交表の出題と同じく、JSTQBの行き過ぎた出題だったのではないかと考える。

ちなみにPICTで求めた組み合わせは以下のようになった。

A       B       C       D 
--------------------------
a1      b1      c1      d1
a1      b2      c4      d4
a1      b3      c3      d2
a1      b4      c2      d3

a2      b1      c2      d4
a2      b2      c3      d1
a2      b3      c4      d3
a2      b4      c1      d2
a2      b4      c4      d1

a3      b1      c1      d1
a3      b2      c2      d2
a3      b3      c4      d3
a3      b4      c3      d4

a4      b1      c3      d3
a4      b1      c4      d2
a4      b2      c1      d3
a4      b3      c1      d4
a4      b3      c2      d1
a4      b4      c3      d1

「因子Bがb1またはb2のとき、因子Aはa1またはa2しか選択できない」という条件とすると、最大3個のテストケースが割愛できることが分かっている。19-3=16である。紛らわしいがPICTのサンプル結果のa1,a2,b1,b2とは異なるので注意のこと。「因子Bがb3,b4のときa1,a2しか選択できない」と置き換えると2個が重複として割愛できる。上記のサンプルでは2個に留まるが、組み合わせが最適であれば最大3個のテストケースが割愛できそうである。

だが、この問題が試験時間の数分や数10分で解けるだろうか。きっと無理である。4因子4値の問題は出題してはいけなかったと考える。四択の問題なので、16個より多いという推測ができれば、正解の選定にたどり着くことは可能だが、そういう趣旨の問題でもない。

PictMasterを使うと最適解16個

PictMasterを使うと、16個の最適解が求まるという情報をいただきました。さらに、PictMasterで与えられた条件を設定すれば、正解の20個が導出できるとのことです。問題の作者は、PictMasterを使ったのですね。条件の与え方も違和感のある表現だと思った。作者は、机上で解いたことがあるのだろうか。机上で解くことには無理があり、適切な問題とは言えない。

16個の最適解は、以下だそうです。「因子Bがb1またはb2のとき、因子Aはa1またはa2しか選択できない」の条件を設定すると20個だそうです。机上で解ける人もあるかもしれないが、私を含めてほとんどの人には解けない。

        A       B       C       D
----------------------------------
1       a1      b1      c2      d4
2       a1      b2      c3      d2
3       a1      b3      c4      d1
4       a1      b4      c1      d3
5       a2      b1      c1      d2
6       a2      b2      c4      d4
7       a2      b3      c3      d3
8       a2      b4      c2      d1
9       a3      b1      c4      d3
10      a3      b2      c1      d1
11      a3      b3      c2      d2
12      a3      b4      c3      d4
13      a4      b1      c3      d1
14      a4      b2      c2      d3
15      a4      b3      c1      d4
16      a4      b4      c4      d2

2016年02月13日(土)

第1回のテストアナリスト試験を受けてきた。

第1回のテストアナリスト試験を受けてきた。東京会場のTOC有明には280くらいの席があったようだ。5%くらいは空席だったろうか。

試験問題は3時間で60問。うち、シラバスからの知識ベースのもの16問、シナリオベースのもの44問だった。うまくミックスされていて、ボリュームも適切な感じだった。見直しする時間もあった。問題には素直なもの、ちょっと捻りのあるもの、サンプル問題の派生のもの、オリジナルのものもあり、総じて良くできた問題だったと思った。過去のFLTMの試験に比べて、初回であるにも関わらず、かなり洗練された感じだ。

作者は、カメラが趣味で、ワイン好き。自動販売機をよく使っている。しかもおつりの出ない自販機だ。肥り気味なのだろう。BMIにこだわる。アジャイルだが、ユースケース記述や直交表も使いこなせるらしい。組み合わせテストに異常なまでに興味があるようだ。そんな設定だ。

合格率の予測

合格率は30%と予測する。自分の体感と周囲の情報からの判断だ。

シラバスを読んだだけでは合格できない。各技法で何個のテストケースが必要となるかが確実にカウントできないといけない。ということが体感として分かった。市販本がないとすると、セミナー勉強会に参加して、ひととおりの技法を正確に学習しておく必要がある。私も、直交表でそこまで踏み込んだ問題が出されるとは予測できなかった。簡単デシジョンテーブルの定義を誤解していることに気づいた。単純な同値分割や組み合わせではなく、条件付きの同値分割や組み合わせが多い。それでも、場合の数が少ない問題が多いので、指折りしてカウントしても対応できる。

スクエアリングサービスもまだまだ十分でないことに気づかされた。期待して学習していただいたのに、不合格者が出るかもしれない。

しっくりこない問題

いくつか疑問のある問題もあった。問題として適切なのか、正解できたのかどうかわからないものもあった。うろ覚えだし、見落としたのかもしれないので確信をもって言えないが、挙げておく。

(1) 問題2では、リスクレベルを発生確率と影響度からどう判定するかの定義が提示されていないので、リスクレベルを判断することはできない。どのテストから取り掛かるべきかの判断が私にはできなかった。リスクレベルの決定は、組織やプロジェクトで決めることである。その前提が漏れている。

※発生確率×影響度で計算させたかったのかな。すると、4×4のものを選択すればよかったかな。でも、それは問題として適切でない。リスクレベル=発生確率×影響度と定義しておかないとダメだ。シラバスには、掛け合わせる場合も提示されているが、それが絶対ではない。

(2) 直交表の問題はやり過ぎだと判断する。シラバスには直交表はキーワードとしてしか登場しない。ペアワイズテストとクラシフィケーションツリーはK3レベルだが、直交表はK3ではない。

※25行、6列、5水準を選んだ。自信なし。

(3) マンションと一戸建ての融資額(?)をクラシフィケーションツリーでテストする問題で、1つだけテストケースを追加するものの正解が分からなかった。問題を持ち帰れないので確認できないが、本当に根拠のある選択肢が挙げられていたのか。1ワイズならどれでも正解だし、2ワイズだと1つのテストケースでは網羅できない。

マンション選択肢にあるのを選んだ。根拠も自信もなし。

※ある受験者の方から情報をいただきました。2ワイズに注目して、既存の3つのテストケースとどの因子のペアも重複していないものを選択するとのことでした。1ワイズでもなく、2ワイズで網羅することでもなく、既存の3つのテストケースと重複しないペアとなるものを選択すればよかったらしい。4つの選択肢を順に、既存の3つのテストケース選択されたペアと一致するペアのあるものを消去していけば、1つのテストケースが残るとのこと。

(4) 境界分析が2値とも3値とも指示されていない問題があった。少ない方ということで暗黙で2値を使わせるのか。

※少し思い出した。2値だと4個で3値だと6個だが、4個の選択肢がなかったので6個を選んだ。

2015年12月16日(水)

テスティングの用語集に120項目を追加しました。

スティング中級コースアナリシス編)に対応して、テスティング用語集に120項目を追加しました。JSTQB用語集(Version 2.3)およびISTQB用語集(Version 3.01)を網羅し、学習に必要な独自の見出し語も追加しています。

用語集は、以下から利用できます。
http://squaring.jp/term/search.do?cid=03

スティング中級コースアナリシス編)については、以下を参照ください。現在、330問を提供しています。来春2016/02に始まるテストアナリスト試験の、おそらく唯一の対策コースです。
http://squaring.jp/EC14-TA/

actor (アクター)
actual outcome (実際の結果)
analytical test strategy  (分析的テスト戦略)
analytical testing (分析的テスト)
anti-pattern (アンチパターン)
api testing (API テスト)
atomic condition (不可分条件/アトミック条件)
attack-based testing (攻撃ベーステスト)
automation code defect density (自動化コード欠陥密度)
business process (ビジネスプロセス)
business process modeling notation (ビジネスプロセスモデリング表記法(BPMN))
business process modering (ビジネスプロセスモデリング)
capture/playback (キャプチャ/プレイバック)
cli testing (CLI テスト)
code review (コードレビュー)
combinatorial testing (組み合わせテスト)
compound condition (複合条件)
condition decision coverage (条件デシジョンカバレッジ)
confidence interval (信頼期間)
consultative test strategy (コンサルテーションベーステスト戦略)
consultative testing (コンサルテーションベーステスト)
control chart (管理図)
control flow testing (制御フローテスト)
convergence metric (収束トリック)
data quality (データ品質)
defect analysis (欠陥分析)
defect category (欠陥カテゴリ)
defect lifecycle (欠陥ライフサイクル)
defect management committee (欠陥マネジメント委員会)
defect triage committee (欠陥トリアージ委員会)
defect type (欠陥タイプ)
domain analysis (ドメイン分析)
effectiveness (利用時の有効性)
efficiency (効率性)
efficiency (利用時の効率性)
embedded iterative development model (埋め込み型イテレーティブ開発モデル)
equivalent manual test effort (emte)  (等価な手動テスト工数(EMTE))
escaped defect (見逃された欠陥)
failover testing (フェイルオーバーテスト)
fault injection (フォールトインジェクション)
feature-driven development (フィーチャ駆動開発)
generic test automation architecture (共通テスト自動化アーキテクチャ)
gui testing (GUI テスト)
level interim test status report (レベルテストステータスレポート)
level of intrusion  (試験性対応レベル)
level test report (レベルテストレポート)
linear scripting (線形スクリプト記述)
man in the middle attack (中間者攻撃)
master test report (マスターテストレポート)
mbt model (MBT モデル)
methodical test strategy (方法的テスト戦略)
methodical testing (方法的テスト)
model coverage (モデルカバレッジ)
model-based test strategy (モデルベーステスト戦略)
model-based testing (モデルベーステスト(MBT))
modified condition decision coverage (改良版の条件デシジョンカバレッジMCDC))
myers-briggs type indicator (マイヤーズ-ブリックスタイプ指標(MBTI))
neighborhood integration testing (近隣統合テスト)
n-wise testing (N ワイズテスト)
off-by-one error (オフバイワンエラー)
offline mbt (オフライン MBT)
online mbt (オンライン MBT)
open source tool (オープンソースツール)
operational profiling (運用プロファイリング)
pairwise integration testing (ペアワイズ統合テスト)
plan risk (計画リスク)
planning poker (プランニングポーカー)
predicate (述語/プレディケート)
pre-meeting preparation (事前ミーティング準備)
prisma (PRISMA)
process-compliant test strategy (プロセス準拠テスト戦略)
process-compliant testing (プロセス準拠テスト)
process-driven scripting  (プロセス駆動スクリプト記述)
product risk management (プロダクトリスク管理)
quality control (品質コントロール)
quality function deployment (品質機能展開(QFD))
quality in use (利用時品質)
quality risk (品質リスク)
questionnaire (質問表)
raci matrix (RACI マトリクス)
reactive test strategy (対処的テスト戦略)
reactive testing (対処的テスト)
regression-averse test strategy (回帰回避テスト戦略)
regression-averse testing (回帰回避テスト)
resumption requirements (再開要件)
review plan (レビュー計画)
review process (レビュープロセス)
risk assessment (リスクアセスメント)
risk coverage (リスクカバレッジ)
risk impact (リスク影響度)
risk item (リスクアイテム)
risk likelihood (リスク発生確率)
satisfaction (利用時の満足性)
semantics testing (セマンティクステスト/意味テスト)
shewhart chart (シューハート管理図)
short-circuiting (短絡評価)
smart goal methodology (SMARTゴール方法論)
software integrity level (ソフトウェア完全性レベル)
standard-compliant test strategy (標準準拠テスト戦略)
standard-compliant testing (標準準拠テスト)
stand-up meeting (スタンドアップミーティング)
system under test (テスト対象システム(SUT))
test adaptation layer (テスト適合レイヤ)
test analysis (テスト分析)
test architect (テストアーキテクト)
test automation engineer (テスト自動化エンジニア)
test automation manager (テスト自動化マネージャ)
test automation solution (テスト自動化ソリューション)
test automation strategy (テスト自動化戦略)
test case explosion (テストケースの爆発的増加)
test case result (テストケース結果)
test data management (テストデータマネジメント)
test definition layer (テスト定義レイヤ)
test director (テストディレクタ)
test driven development (テスト駆動開発TDD))
test execution layer (テスト実行レイヤ)
test generation layer (テスト生成レイヤ)
test mission (テストミッション)
test model (テストモデル)
test process improvement (テストプロセス改善)
test reporting (テストレポート作業)
test selection criteria (テスト選択基準)
tpi next (TPI Next)
traceability matrix (トレーサビリティマトリクス)
usability guideline (使用性ガイドライン)
usability heuristic evaluation (使用性ヒューリスティック評価法)
user experience (ユーザーエクスペリエンス)
user story testing (ユーザーストーリーテスト)
website analysis and measurement inventory (WEBサイト解析と測定一覧表(WAMMI))

2015年12月02日(水)

テストアナリスト試験に向けたコースを作成した。

JSTQBは、来春2016/02に第1回のテストアナリスト試験(Advanced Level テストアナリスト試験)を実施する。スクエアリングサービス事務局では、この試験に対応した「テスティング中級コースアナリシス編)」を提供している。現在、290問の模擬問題を用意している。コースは5,400円(税込)で2年間有効である。おそらく、現時点で唯一の試験対策コースである。

【追記 2015/12/16】現在、310問に増強しています。用語集も合わせて改訂しています。
【追記 2015/12/25】現在、330問に増強しています。
【追記 2016/01/30】現在、370問に増強しています。

試験対策では、まずシラバスの読み込むことが必要であり、また技法実践が必要である。テストアナリスト試験は、180分で60問である。120満点で78点(65%)が合格ラインとされている。半分の30問は技法実践から出題され、30問はシラバスから出題されると理解するとよい。

テストアナリストシラバスを読む

シラバスを読むのは苦痛である。それは、シラバス日本語訳品質が悪いからである。実際に技法ツールを利用したことのない人が訳しているのだろうか、誤訳も多いし、係り受けを間違っていたりする。ISTQBの原本と突き合わせながら学習したい。テストアナリスト編のシラバス(バージョン2012.J01)を独自にレビューし、間違っている箇所を指摘している。http://squaring.jp/EC14-TA/20151202-TA-syllabus-review.htm を参照いただきたい。致命的な間違いもいくつかある。学習者や読者には、シラバスを読む際の参考資料として(ほとんど正誤表の位置づけとして)、利用いただけたらと思う。また、JSTQBで翻訳を手がけられている方々には、参考にしていただいて、早期にシラバスの修正・改訂を行っていただけることを期待したい。

テストアナリストというと上流のロールのように聞こえるが、実態は単なる中堅(経験3年以上)のテスターである。テストの分析設計・実装・実行まで行う。テストの計画作業や終了作業ではテストマネージャ(TM)の支援も行う。もともとテストアナリストドメインテストアナリストテクニカルテストアナリストに分けられていたが、ドメインテストアナリストをテストアナリストと呼ぶようになった経緯がある。テストアナリスト(TA)とテクニカルテストアナリスト(TTA)で分担してテストの分析設計・実装・実行を行うのである。TAが対象ドメイン知識を活かし、TTA技術的な知識を活かすと言える。TA顧客要件(利害関係者要件)を扱い、TTAは成果物要件ソリューション要件)を扱うと言えるかもしれない。どちらかというと、TA機能テストや仕様ベースのテストに偏り、TTAは非機能テストや構造べ―スのテストに偏る。ただし、ユーザビリティ(使用性)はTAが担当し、セキュリティTTAが担当する配分となっている。

TAシラバスは、ISO 9126(後継のISO 25000を含む):品質特性IEEE 829-1998とIEEE 829-2008:テストドキュメントIEEE 1044:欠陥ライフサイクルと欠陥分類などの標準がベースとなっている。

スティング中級コースアナリシス編)では、シラバス(バージョン2012.J01)を完全解説している。JSTQBの誤訳も加味しながら解説している。また模擬問題シラバスの記述を網羅し、公開されたサンプル問題40問を網羅し、RexBlackの解説を網羅して構成している。参照される標準も学習者がネット上で探らなくてもいいように必要な情報を網羅している。

技法ツール実践する

チェックリストを用いたレビュー同値分割と境界分析(ドメイン分析)、デシジョンテーブル、状態遷移テスト、組み合わせテスト(ペアワイズテスト)、ユースケーステスト、探索的テストについては実践が必要である。正確には、実践適用できる知識スキルがあればよい。試験問題では、1つのテーマについて2〜3問の小問があり、配点も異なる。おそらく1つのテーマが2ページ以上になるような大作も出題されるだろう。

スティング中級コースアナリシス編)では大作の模擬問題は提供できないが、抑えておかなければならないポイントを繰り返して学習できるように工夫している。