Hatena::ブログ(Diary)

あすかあすとらる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010 07/19 (月)

DEARDROPS

シナリオ:★★★★ 派手な仕掛けはないが、問題解決→次の問題、と常に目標があってシナリオのテンポが良い

テキスト;★★★★★ 

キャラクター:★★★★★ ヒロインやおっさん、他バンドのメンバーまで個性派ぞろいで良いキャラばかり

演出:★★★★ 

音楽:★★★★★ さすがOVERDRIVEの正統派バンドもの。 

音声:★★★★★ 

ガラの悪い大人のエイジ(ベース)、プロ目指して極端に真っ直ぐなリホ(ボーカル)、気まぐれで脳天気なりむるん(ドラム)と暴走しがちなメンバーを普通なやよい(ベース)と良識派の主人公(ベース)が取りまとめるバランスの良い組み合わせの会話のやりとりが良い。

対決に汚い手を使うライバルやバンドの妨害をする人々もいるが、なんだかんだで最終的には憎めない人物ばかり。

難しい叙述トリックや派手なバトルやキャラクターの死、あざとい萌えなど無くとも面白い作品はつくれると実証した良作品。

エヴォリミット

シナリオ:★★★★ 

テキスト;★★★★★ 

キャラクター:★★★★★ カラミティモンキーズや学園の人々

演出:★★★★★ バトル演出

音楽:★★★★ 

音声:★★★★★ 

バトルの解決を進化で済ませてしまう力押しの部分が目立ってしまうが、それでも各ルートでバトルの対戦カードや進化の方向性を変えてあり、熱いバトル演出を魅せてくれる作品。

折角入れた火星や探査団のSF分がなんでもありの能力系で埋もれてしまっている。

序盤の敵が機械で派手な強さの演出としてかませ犬としているのは良いが、後半の人間(カラミティモンキーズ)に対してパワーばかりが前面に出されて、主人公以外にとっては他人なのでバトルに人間同士の確執を持たせにくい。

などなど、おいしい素材ばかりが揃った良作なのだけど、良作だけに荒が目立って突っ込みたくなる、すごくもったいない作品。

2010 05/27 (木)

これがトゥギャッターの引用twitter記法か。

エロゲが8800円もする理由 - Togetter

2010 03/16 (火)

例大祭7参加レポート

第7回博麗神社例大祭に参加してきました。

f:id:tacshiss:20100316121910j:image


10:00に列に並んだ一般参加者のレポートです。

他の猛者さんのレポートと違って、ホントに普通の時間に到着したのでこれはこれで参考になるかと。


一週間前 カタログ購入断念

一週間前の土日に例大祭カタログを買うはずが雨が降っていたため延期に。

金曜日 カタログ購入

14:00 土曜は地方からの参加者で賑わい、カタログが売り切れる可能性があったので、昼頃に秋葉原に出掛けてとらのあな4Fで限定版例大祭カタログ(射命丸文ねんどろいどぷち付)を購入。

23:00 pixivやwebサイト巡回を駆使しながら、夜中にサークルチェックに勤しむ。

サークルチェック内容

  • pixivMAPが便利!
    • カタログにない新刊の表紙を確認できる
    • MAPと連動で操作がわかりやすい
    • 詳しい情報を見に行く時、webサイトへも2-3クリックでたどり着ける
  • 配置図のコピー
    • 家庭用プリンタではサイズが足りないので、コンビニでモノクロコピー(B4サイズ)
    • 目標のサークルスペースには紅墨でチェックをつける(小文字でサークル名など)
    • ジャンル分けがすべて「同人誌」でわかりにくいので、適当にキャラ別範囲にまとめなおす
    • 前回の同人誌を読み直して、良かった作品をチェックに加える
  • excelで表にまとめる&印刷
    • 配置スペース,サークル名,代表者名,新刊内容,値段,備考など…CD版コミケカタログ風に

イベント前日 土曜日

サークル入場の相方との合流日。

06:00 徹夜でサークルチェックをしていた。

07:00 Twitterにて相方が東京についていたことを確認。連絡を取り地元の駅前で合流する。

10:00 自分…徹夜チェック、相方…一晩運転で疲れていたため、2時間ほど仮眠する。

14:00 自分…引き続きサークルチェック(Twitter巡回)、相方…秋葉原に向かうがカタログ売り切れていたらしい

19:00 晩ご飯を食べに外出

23:00 睡眠……したはず

25:00 どうも寝られない

26:00 東方に疎い相方に対してニコ動作品を交えながら東方講座をしていた (パルスィのパの字も知らなかった状態からプリズムリバーの区別までつくように)

イベント当日

06:00 相方出発…荷物回収やチラシまきの準備があるため、はやめに出発

07:30 自分…じっとしている&パソコンの目疲れ&睡魔でふと寝てしまう

09:00 起床。08:00に出発するはずだったが、1時間遅れてしまった。

10:00 国際展示場に到着。裏側を回りながら列に並ぶ。人の弾幕の一つになる。数分後、開場の合図が。拍手で迎える。4列で並び、皆立ったまま待機。

11:11 自分の列が動く。優秀なスタッフさんの誘導のおかげでスムーズに入場。東5から巡回を開始する。

12:00 列ができている大手は後回しで島中のチェック済みサークルを回る。特にエトワールサムライミさんの「弾幕図鑑」は過去の作品も欲しかったため優先して行った。ぱげらったさんの新刊は相変わらず瞬殺されていた。Alice画集も瞬殺されていた。

12:30 社務所でとらで買えなかったねんどろいど霊夢等購入。企業スペースもあまり並ばずにちゃんと手に入れられました。

12:40 主要目的のサークルは巡回を終え、東5外で休憩。

13:00 未チェックのサークルを巡回。

13:40 東4外で休憩。目の前をタンカが横切った気がする。

14:00 受付でカメラ登録を済ませ、コスプレスペースへ。なんか救急車と怒号が飛び交っていた。救急車も最初からスタンバってるものだと思っていたら丁度そのとき事件・事故があったらしい

15:00 ずっとコスプレスペースでカメコをしていた。休憩を繰り返したこともあり、笑顔でコスプレイヤーさんと会話できた。コスプレイヤーさん集合で相変わらずコスプレスタッフさんの神誘導を見る。

15:30 拍手&三本締めで閉場を迎える。

18:30 帰宅。「お疲れ様」コメントを打ち、神主登場のニコ生打ち上げやtwitterを見ながら爆睡。



例大祭お疲れ様でしたーーー!!!!

まとめ

  • 気候が良く、列で待機中でも快適にまったり過ごせました
  • webサイトも含めたサークルチェックで値段も内容も事前調査していたおかげでスムーズにお金を用意できました
  • 列並び中、twitterにメール投稿していたつもりが、本文でなく件名に文章を書いていたせいでツイートがスキマの彼方へと消えました
  • 大手サークルさんも良心的で、無理に最初から並ばなくても新刊を買うことができました
  • コスプレイヤーさん凄い
  • 混雑・混乱なく過ごせました。スタッフの神誘導に感謝

2009 05/09 (土)

聖剣のフェアリース

POPな演出がステキ

シナリオ:★★★ ちょいと消化不良。

テキスト;★★★★★ チャプターごとにまとまっており読みやすい。いちゃいちゃが観ていて楽しい。

キャラクター:★★★★★ 千鶴のデレが!

演出:★★★★★ 細かなエフェクトまで気が利いている

音声:★★★★★ イングリットの声が可愛すぎる

システム:★★★★★ すごろく風味にアイデア賞

今回はLittleWitchお得意のふきだしUIは無し。残念。

すごろく的なイベントフロオーチャートは観ていて面白い。あれの経験値と習得技能はシナリオにどうのという影響はないよね?なんちゃってゲーム性の演出か。

BALDRSKY

ゲーム性高すぎ。

シナリオ:★★★★ 同シリーズの電脳技術・バーチャル世界に加え、リアル方面にナノ技術が加わり、舞台背景に深みが増した。微妙に共通シナリオが多めなのが読みにくいかも。

テキスト;★★★★ 

キャラクター:★★★★ ロリ亜季姉に一番惹かれているというのは内緒

演出:★★★★★ ログインエフェクトやUIは気が利いている。コンフィグが縦に長すぎるかも。

音声:★★★★★ 主人公も含めてフルボイスなのが素晴らしい

システム:★★★★★★★★★★ ロボット戦にハマる

ゲーム内の武器を特典で配布するというオンラインゲーム的な商法に目をつけたことが面白い。

出来のいいゲームだけにDIVE1でおぼろげながらに背景が見えてしまったので、DIVE2でさらに面白みを増やして、まとめられるかが心配。

ミサイルランチャーがあればなんとか本編はクリアできます。

G線上の魔王

車輪の国の再来なるか

シナリオ:★★★★ 裏の斯きあい、知略合戦は見もの。 後半で減速。

テキスト;★★★★★ 

キャラクター:★★★★★ ハルと権三。

演出:★★★★

音声:★★★★ ハルの独特な考察しながらの喋り方が癖になる

システム:★★★ 普通。

主人公とヒロイン、そして魔王の知略合戦。

ミスリードがあからさますぎることとが欠点。

るいは智を呼ぶ

正面左の娘がヒロインです

シナリオ:★★★★★ 

テキスト;★★★★★ 仲間!というかんじでわいわいした会話が楽しい

キャラクター:★★★★★ 主人公に萌える

演出:★★★★

音声:★★★★

システム:★★★ 普通。

OPムービー:★★★★★ 何度も聞きたくなる名曲

1キャラ1芸1弱点のルールが面白い。

シナリオを読み進めつつ、「このキャラの制約はなんだろう?」と一挙一動を観察・考察したりといった楽しみ方があります。

2009 04/10 (金)

MovableType エクスポート test

MovableType3.2のエクスポートデータからはてなにインポート。

2009 03/31 (火)

2008冬季 アニメ

今期のアニメはどれも徹底して安定したクオリティで、最初から最後まで楽しめました。

絶対可憐チルドレン

バベルメンバーもパンドラメンバーもわいわい動きまわって、キャラ愛、作品愛にあふれた作品でした。中学生編もいつか2期として再開して欲しいです。

とらドラ

舞台の役者(キャラクター)が他の学園モノとは一線を画していて、突っ込み上手の家庭的リュウジにちまちま動き回るタイガ、離れた視点から冷静に干渉するカワシマアミに、独特なハイテンションでとらドラの空気をつくりあげたみのりん、北島コンビのドタバタは見ていて飽きなかった。ハイテンションラブコメいいですね。

とある魔術の禁書目録

比較的設定多めな描写を上手くまとめて、キャラクターもとてもかっこ可愛かった。超電磁砲も2期フラグも楽しみです。

CLANNAD-AFTER STORY-

花畑で汐を抱きしめるシーンはぼろぼろ涙流しながら観ていました。

ドルアーガの塔

「ウトゥです!」前後期と分割したことが功を奏したか、メリハリのついた良いゴンゾ作品でした。原作ネタやパロディも上手く扱っていて元祖ドルアーガ既知の人も未知の人も楽しめたと思う。最後は展開を急いでトバした感があったけど、ジルとドルアーガと化したニーヴァの王道兄弟対決は熱かった。


ルパン三世 VS 名探偵コナン

コラボレーションものとして最高の出来だった。

いつのまにかコナンの身体能力がルパン世界の住人になっていたり、次元教官、次元パパという新しい属性が生まれたり。

いれかわりさしかわり各作品のキャラクターがめまぐるしくコンビを組んで、それがじつにしっくり馴染んでいた。

2009 03/09 (月)

第6回博麗神社例大祭の一般参加レポート

ご参加された皆様、お疲れ様でした〜。

東方プロジェクト最大の祭典、博麗神社例大祭の一般参加レポートです。


2009/03/08 (日)

6:30頃、知人のサークルメンバーと合流。

8:30頃、ゆりかもめにて東京ビッグサイトに到着。

ゆりかもめから様子を見て「あれ?妙に人が少ないな〜?」と思いつつ、逆三角真下の入り口へ移動。

「あれ?サークルと一般が別れてけどいいのかな?」と思いつつ屋内へ。

じつは内部で順路がサークルor一般で分かれており、一緒に来場したサークルメンバーとはそこで分離。

今回一般参加だった私は流れに乗って、そのまま真っ直ぐ進行しました。


そこで会場を横断した形で外に出て、列の長さを確認。

海沿い側の会場外には既に6人列で長蛇の待機列が!!

「さすが、例大祭。素晴らしい」

そこで入場証代わりのパンフレットを購入。

突発参加で新刊情報がわからなかったので「冬コミのときに買えなかった本を」という基準で待ち時間にサークルチェック。

自分はパンフレットを読んでましたが、既にチェック済みだろう周りの人はPSPとかで時間を潰している人が結構居ました。

あとで聞いた話では東3ホールには既に人がいっぱいだったとか。……よく東456に人数が入りきったなぁ〜と思わずにはいられない。


10時、開場の拍手。

さらに20分後、自分の列も動き始め、東3ホールを通過。

入場証を高く掲げながら列進行。

「もう、恥ずかしがっても遅いですよ〜w」というコミカルなスタッフの掛け声とともに入場。

ゆっくりしていってね!」

なるほど。コミケの「走らないでください」は例大祭風(この場合はニコニコ風か)にいうとこうなるのかw


入場してすぐ、「な列」島誕生日席のパゲラッタさん(厨二病棟)のサークルへ。……と思って数列に並んだら目の前で完売してた。

パゲラッタさん人気すごいな〜。

まさかパゲラッタさんも開場30分で完売するとは思ってなかったでしょうw

気を取り直して、同じく近場お誕生日席のノアさんの列へ。新刊、「シャッターガール」「てゐっ!」は無事購入。

その後、ヘルフラグレンスさんの列に並んだ頃、パチュリーおっぱいマウスパッドが完売した模様。さらに1,2壁サークルさんをまわってました。


12時頃

知人サークルの売り子手伝いを1時間ほど。多くの方に冊子を見て頂きました。


13時、島中探索。

あまり事前情報を調べてなかったので、そのへんはフィーリング。おもに表紙をみて「正統派のオールキャラギャグ本を」という基準で探していました。

コミケのときと相変わらず、同じところを3,4往復してましたがw

スタッフさんの誘導のおかげか、人の多さの割りにとても移動しやすかったです。


さて、久しぶりの一般参加。

いつもなら自分のサークルに戻っている頃ですが、今回は時間もあったので前々からやりたいと思っていた活動に挑戦してみました。

今回初体験!「コスプレカメコ」!!

カメラ登録証(500円)を申請し、屋外のコスプレゾーンへ。


さすが本場コスプレゾーン!

皆、さまになっていてカッコイイ!!サークルとはまた違ったパワーにあふれている!

イケメンコーリンマリサコンビがいたり、自機昇格なサナエさんがいたり、ラン尻尾がもふもふしてたり、クーが制御棒を掲げていたり、小さく可愛いレイムさんがいたかと思えば、2m近くもあろうかいう大柄のレイムさんがいたり、慎重もパチェが大勢集まってしたり、スーツで紳士な罪袋さんまでw

幾人かに許可をもらって写真を撮らせて頂きました。

そして最後には、スタッフのレイヤーさんの掛け声で50人近くも集まった集合写真!


15:30 アナウンスのもと、3本締めにて閉会。


例大祭!活気と一体感のある素晴らしいイベントでした!


f:id:tacshiss:20090309104700j:image

2009 02/25 (水)

2008 11/07 (金)

スマガ

沖最高。


レーベル表紙の魔女っ娘ファンタジアな雰囲気とは裏腹になかなかSF方向に凝った作品。

・記憶喪失

・時間ループ

・死後の世界

・平行世界

・認識による概念変革

・閉鎖空間

などメタ世界をさらにメタ視点で囲ったような世界観は独特。

Connection: close