折れ日記

2011-03-13

[][][]学会

3/14,15,16に予定され口頭発表予定だった、ALGODE 2011および電子情報通信学会総合大会は両方とも中止とのこと。

2010-08-16

[][]Freeform Origami

ICGG 2010 (The 14th International Conference on Geometry and Graphics) (2010/8/5〜8/9 京都大学)に初参加しました。http://www.icgg2010.org/

今回はOrigamiセッションがあり、そのなかで"Freeform Variations of Origami"というタイトルで、ICCで展示したFreeform Origamiに関しての理論などを話しました。

ソフトウェアは今度こそ今月中に公開したいと思います。http://www.tsg.ne.jp/TT/software#ffo

D

D

2010-06-06

[]ロマネスコ

モデリングしてみました。

Rhinoceros + Grasshopper + VC# component

Romanesco

2009-04-24

[][]剛体折紙シミュレータバージョンアップ

しばらくぶりのバージョンアップです。

http://www.tsg.ne.jp/TT/software/index.html#rigid_origami

計算速度と入力精度が上がっているほか、半開状態を最終状態としてサポートしました。

2007-09-28

[][]剛体折紙シミュレータはじめました

剛体折紙シミュレータを公開しました。

http://www.tsg.ne.jp/TT/software/

2007-08-12

[][]折紙バニー

去年はUtah Teapotということで、今年はStanford Bunnyを折紙化しました。Teapotは手動で頑張って設計できましたがBunnyはソフトを作って初めて可能に。折れるという確証はあるのに、終盤になるまで折れる実感が沸かなくてちょっと焦りました。こんな経験は久しぶり。当然不切一枚折り。

Origami Stanford Bunny

[][][]未踏ユース報告会

8/4は未踏ユース報告会の発表でした。というわけで自由なポリゴンメッシュが折紙化できるソフトを作りました。という話をしてきました。当初予定していたものよりもOrigami Tessellationsよりの技術になってアルゴリズム的にもだいぶ進歩。とにかく半年足らずで、実際に折れるStanford Bunnyを半自動設計できるレベルに至れたのは幸いでした。

[][]SIGGRAPH 2007

続いてサンディエゴで開催のSIGGRAPHでも折紙バニー携えてポスター"Origamizing 3D Surface by Symmetry Constraints"を発表してきました。ポスターはがりがりとアルゴリズム中心で書いたけど、食いついてくれる人は「あの大好きなBunnyが折紙になってる!」という感じでした。折紙折りとしてはこういう反応は非常に嬉しいものです。

2007-05-31

[][]MARSパターンの解像度変化パターン

以前(二年半前)に考えたパターン。原型となるミウラ折りのようなパターンはPaulo Taborda Barreto氏が"MARS"として第二回の折紙の国際会議で提案している平織りパターン。

これをオープンな折りで解像度を二倍四倍にしていくパターン。

flickr

Multi-resolution MARS Crease Pattern

youtube

http://www.youtube.com/watch?v=bmP7HoGrFG8

2007-02-15

[][][]三次元折紙設計ツール

2006年度下期のIPAの未踏ユースに採択されました。

http://www.ipa.go.jp/jinzai/esp/2006youth/koubokekka2.html

三次元折紙設計ツール自体は妄想段階も含めて構想四年になります。やっと実装できるってレベルに至りました。いちばん最後は、ユーザ層をどうやって広げるかが一番の課題になりそうなテーマです。目指せ「ペーパークラフトより簡単」。