虚構の皇国 blog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-08-07

『神国日本のトンデモ決戦生活』発売

00:45 | 『神国日本のトンデモ決戦生活』発売を含むブックマーク 『神国日本のトンデモ決戦生活』発売のブックマークコメント

f:id:tadanorih:20100807002456j:image

A5判223頁 定価(本体1800円+税) 合同出版 


大東亜戦争」下の総動員態勢がひきおこした、クダラナイこと、知っていても役に立たないこと、人類の運命にとってはどうでもよいことを厳選して収集しました。なにとぞご笑覧のほど、よろしくお願い申し上げます。

目次

I 神々しき靖国の社

嗚呼、靖国神社

靖国神社の英霊に捧げる文大募集!

「靖国の精神」で逝こう!

サクラガサクマデ サヤウナラ

軍神も観音も天使も靖国へ

靖国烈女 大熊よし子女史の変容

靖国遺児の貧乏美談

「父に会いに来ました」系靖国の遺族たち

臨時大祭招待遺族の無賃乗車券

靖国臨時大祭参列遺族への思想調査

靖国の聖母子像

「奉頌歌 靖国神社の歌」奉納式

弔意に対する礼状の見本

英霊を迎える「ご挨拶」

軍国の母表彰式

日本婦道の暗黒――軍国の母ぶり競争

〈靖国の妻〉たちの貞操問題

日本忠霊圏の建設!

現代の山椒大夫東条英機の子ども品定め

靖国神社臨時大祭参列者の自殺未遂事件

II 日本よい国

「日本よい国」伝説

日本よい国み神の国

テンチャウセツの季節

日の丸フェティシズム入門

「日の丸」の正しい掲げ方

阿呆たちが作った「日の丸」美談

すごいぞ「君か代聯盟」!

美しい国日本の礼儀作法

小国民の常識ですよ!

英霊をたたえる模範解答

北原白秋もやっちまったな

高村光太郎のエロティック時局詩

皇紀二五九一年の夏休み

紀元二六〇〇年の高等女学校の運動会

非常時下の年賀状

「銃後」の立教高等女学校報国団

中国のお友達と仲良くしよう

III 称えよ八紘一宇

八紘一宇で蹶起せよ

妄想世界地図

米本土空襲

帝国周遊算数

夢の大東亜縦断旅行

「しかし棉がほしいな」

ファシスト少女フランチェスカちゃん

「お父さんのすることではない」

南方資源への限りない憧憬

教室の中の南洋

『標準支那語早学』にみる日本軍標準会話

ラジオ体操の帝国

ラジオ体操と大東亜共栄圏

ナゾの「熱帯進出力」

日本文化の尖兵


IV 勝ち抜く決戦生活

主婦之友的決戦生活

母の教育相談

神がかり皇道栄養学の犯罪

大政翼賛会的結婚式のスタンダード

空襲下の育児

台所戦争に勝利せよ!

台所を要塞化せよ

決戦型ブラウス

必勝防空寝巻

知られざる国民服

決戦下の内職

恐怖の「躍進遊技」

V すべては勝利のために

国民精神総動員@大阪

国民総動員のパフォーマンス

勝利の日まで大増税

空爆下の出勤向上

戦争と安全

戦う日本国家の身体

贅沢は人類の敵――鈴木庫三

昭和十八年の巡査部長試験問題

決戦下の住宅

航空機を家庭で作れ!

「植えてはいけないケシ」のつくりかた

戦争のための受験戦争

植民地支配のための学校

これぞ決戦旅行体制!

ローマ字・英字を追放せよ

模型報国

苺ミルクは禁止!

戦争と菓子店の使命

かなしきニコニコ慰問帖

慰問袋はデパートで

有閑婦女子を徴用せよ

「あなたのお化粧は目立ちすぎませんか」

生殖決戦にも敢然決起!

拓南塾の特別講義


VI 言霊の戦争

やっぱり日本は神の国

サイパン玉砕……「それは愉快なことぢゃ」

靖国神社の「冦敵撃攘必勝祈願祭」

奇譚!『戦ふ神国』

戦時下「殺生戒」のゆくえ

神がかり戦争と皇国婦道

魂のゆくえ――「浄土」対「靖国」

「忠霊公葬」論の暗黒

極楽浄土へ行く者は国賊だッ

おばさんたちの軍事教練

文字の聖戦

アメリカ兵をぶち殺せ!

「野獣民族アメリカ」

決戦下の実戦英作文

英語は日本語である

ナゾの「決戦盆踊り」

灰すら残せない存在灰すら残せない存在 2010/08/08 19:56 早速悪徳商法に引っかかって買いました。
大手本屋なら、とおもったら、新刊なのに一般書籍の棚の中に一冊のみ。けしからん。
小林某とか、旬が過ぎた評論家が無駄に新刊の棚を占領している辺り、一般ニッポソ人の知的レベルは(以下省略)。

以下感想を

ウヨ系サブカルチャーがあふれている今、それらが暴走したら、どうなっちゃうのかが頭の中に浮かびそうで恐いです。
萌え系イラスト(マンガじゃない)で飾られた『小国民の常識』とか…あ、その前に心のノートがあったっけ  orz

痔主粉砕労農連帯痔主粉砕労農連帯 2010/08/08 22:55 早速昨日買いましたぞ!
地域のチェーン店の中で最も大きく、硬い本もいくらかある店で人文の戦争コーナーに3冊発見。
しかし周りは産経とか草思とかWACが過半でしたorz

いろいろ感想はありますが、詳しくは後日としますが、とりあえず「生殖決戦にも敢然決起!」にはやられました。

貧乏院生貧乏院生 2010/08/09 02:25 遅ればせながら出版おめでとうございます。
私,まだ現物を拝見していないのですが,内務省図書課あたりの指導で伏せ字になっている箇所はございませんでしょうか。

prolegomenaprolegomena 2010/08/09 06:33 出版おめでとうございます。
貴ブログはいつも楽しく
拝読させてもらっております。

現在の「キモヲタどもがネット右翼になりやすい」という傾向の
分析にも使えそうですね(´ー`)

【御参考】
インターネットにおける「右傾化」現象に関する実証研究
http://www.d-tsuji.com/paper/r04/index.htm

痔主粉砕労農連帯痔主粉砕労農連帯 2010/08/09 08:29 >伏せ字

伏せ字の前に用紙統制でダメになりそうですな。

shirashira 2010/08/09 17:07  たった今Amazonで注文いたしました。到着が楽しみです。

いまじんいまじん 2010/08/09 22:05 名古屋駅の高島屋に入ってる三省堂で発見。歴史書の書棚に平積みになってました。早速ゲットして機内で読了しました。もういっぺん読んでみよ。

tadanorihtadanorih 2010/08/10 03:29 >灰すら残せない存在さま
お買い上げありがとうございます。なんか今年は小林よしのり画伯や西尾“焚書”幹二の現代トンデモ本の当たり年らしく、書店の本棚がなかなかかぐわしいでごわす。それらの本につられて本書も売れると良いのですがw

>痔主粉砕労農連帯同志
お買い上げありがとうございます。
>産経とか草思とかWAC
――に混じって売ってもらうのが狙いでありまして、勘違いしたおじいちゃまが『国民の遺書』といっしょにかかえてレジへと向かう姿を……

>貧乏院生
>内務省図書課あたりの指導
校正の過程でぶつかった最大の敵は“良識の壁”でしたね。そのあたりはまだナマナマしいものがあって、推し量っていただきたく存じます。

>prolegomenaさま
ありがとうございます。ご紹介のリンク先、興味深く拝見いたしました。統計学の素養がないので、レポート難解でしたorz……。

>shira様
ありがとうございます。ご期待に添えればよいのですが……。

>いまじんさま
歴史書にあったんですか! 書店員さんはジャンル分けに困ったんでしょうね……。

ryoryo 2010/08/10 06:45 ちょw
いきなり在庫切れじゃないか?!

オルテガオルテガ 2010/08/10 23:11 Amazonでポチったのが早速届いておりました!
しっかし、もう在庫切れになっているのは、我が皇国ニッポソの戦中時代をなかったことにせんとするコミンテルンの陰謀ですか?

オルテガオルテガ 2010/08/10 23:11 Amazonでポチったのが早速届いておりました!
しっかし、もう在庫切れになっているのは、我が皇国ニッポソの戦中時代をなかったことにせんとするコミンテルンの陰謀ですか?

オルテガオルテガ 2010/08/10 23:12 二重投稿してしまいました。失礼、これもコミンテルンの・・・。

ken_74ken_74 2010/08/11 01:13 都内へ出かねばゲットできぬかな…と思っていたところ、近所の書店に2冊置いてありました。西尾幹二の「GHQ焚書図書開封」シリーズと一緒に和えるといっそう深みのある良い味わいになりました。

vanacoralvanacoral 2010/08/11 15:40 今日購入いたしました。今の北朝鮮と同じレベルにまで堕ちていた時代がわが愛する日本にもあった事、そしてそんなひどい時代を有難がる連中の存在にも暗澹たる気分にさせられます(素で玉砕を「愉快」と思う阿呆も実際に今の日本にいたりして)。

通りすがり通りすがり 2010/08/11 20:24 bk1で昨日注文したら本日もう届きました。異様に早い。大日本帝国の呪いか?。奥付日付が8月15日というのも皮肉が効いていますね。

t-wakt-wak 2010/08/13 14:32 はじめまして。『戦う広告』(小学館、2008)の著者です。早速取り寄せて拝読、あらためて帝国ニッポンがマトモでないことを痛感するとともに、現在の私たちが鏡映しになっていることを今さらながら思い知りました。と同時に、今も昔も変わらぬメディアの「香ばしさ」や「あざとさ」も実感。

メディアのトンチンカン振りも痛々しさ、そして国民がそれに乗せられるという構図は、今も変わりません。それだけに、こういう本の背負う役割というのは大きいものがあると思います。

tadanorihtadanorih 2010/08/13 23:32 >ryoさま
BK1! BK1!

>オルテガさま
>コミンテルンの陰謀
あははははは もうじき、「コミンテルン」の何たるかを知らぬ世代によって、「コミンテルンは南米に逃れアマゾン奥地にコミンテルン第四帝国をうちたて……」みたいな伝説が作られてゆくんでしょうねw それはそれで楽しみですな。

>ken_74さま
西尾焚書先生の最新刊は「国体論」と銘打っておりますので、興味津々です。はやくブクオフに落ちてこないかしら。

>vanacoralさま
ありがとうございます。「戦前の日本人は立派だった」伝説って根強くて、最近読んだ村上龍『五分後の世界』のUG描写には激しく笑いました。

>通りすがりさま
いやあ皮肉だなんて、そこまで考えてなかったっすorz どちらかというとオマージュかな?

>t-wakさま
ありがとうございます!「鏡映し」とはまさに言い得て妙で、私も全く同感です。このことこそが、これを書こうと思った動機なのです。

『戦う広告』は出てすぐに購入、すでに本書執筆中であったため、「やられたー」と思いました。書店店頭では並べて積んでくれている書店もありましたので、相乗効果となればこれほどうれしいことはありません。今後ともよろしくお願いいたします。

通りすがり X通りすがり X 2010/08/16 12:48 やっと書店で見つけたので、購入しました。

時節柄、悪い意味で古さを感じさせない内容なのが悲しいところですが、それだけに「靖国解体」を願いつつ読もうと思います。

通りすがり X通りすがり X 2010/08/16 12:48 やっと書店で見つけたので、購入しました。

時節柄、悪い意味で古さを感じさせない内容なのが悲しいところですが、それだけに「靖国解体」を願いつつ読もうと思います。

通りすがり X通りすがり X 2010/08/16 12:50 二重投稿しちゃった ... 。

ななしななし 2010/08/16 20:18 近所のツタヤとか軽めの本屋には置いてなかったので、昨日ようやく駅前まで行って買ってまいりました。
…ざっと読んでみて最初に感じたのはなんといいますか「大日本帝国に生まれて来なくて良かった、マジで良かった」でしょうかw
まあ、あんな感じの本とか人とか現在でも見掛けますが、やはり修身等の国策として根っこの所から洗n…もとい教育されてた頃とはヤヴァさが違うと言いますか…
まあしかし、あの香ばしい惨状が明治以降の皇民化教育が花開いた結果だとか考えると、やはり石原とか新しい歴史教科書とかあの周辺には早々に退場してもらわなければいけないと本気で痛感しました(汗

comma3comma3 2010/08/17 11:23 67ページ上の図の説明文「…全国の国民学校初等科”自動”から…」となっていました。

tadanorihtadanorih 2010/08/19 14:28 >通りすがりXさま
ありがとうございます。「悪い意味で古さを感じさせない」というのはまさに言い得て妙であります。だからこの方面は面白いんですねー。

>ななしさま
ありがとうございます。
>「大日本帝国に生まれて来なくて良かった、マジで良かった」
こういう感覚は私も持っていて、非常に共感します。高校の日本史の授業で、退屈のあまり「生まれるんだったらどの時代はイヤかゲーム」を脳内でやってました。

>cmma3さま
誤植のご指摘をありがとうございます。もう……恥ずかしい。

時々拝見時々拝見 2010/08/19 20:51 大きな本屋二軒まわったのに、ない!
小林某の糞書があるのに、しかも売れてるとは!本屋も本屋なら客も客だ、とここで怒ってもしょうがないのですが。

SIVAPRODSIVAPROD 2010/08/27 22:10 力作購入させていただきました。

これは全メディア人、いや各御家庭に必須本ですな。ちなみにこんな気が狂ったようなことを喚いてた人々が戦後シレッとして同じような業界で活躍してたりってことが一番コワかったです。

tadanorihtadanorih 2010/08/28 00:49 >時々拝見さま
版元のがんばりが足りないですね−。あるところにはいまだに高く高く積んであるのですが orz

>SIVAPRODさま
お久しぶりです。いつも楽しくブログを拝見させてもらっています。今回は意図的に「戦争責任」云々ということには触れなかったのですが、「この人たちは戦後どんなツラさげて渡世したんだろう」と不審に思っていただければ、私にとってはたいへん嬉しいです。
ご家庭に1冊――男子中学生のベッドの下に潜ませたい本ですねえ。

名無し名無し 2010/08/29 19:26  たぶん「この本の中にあるような世界が正しくて、それを笑う筆者はケシカラン」と息巻く国士サマが湧いて出るんでしょうねえ。
 そのテの人は歴史の記述について「勝った側が自分に都合の良い筋書きを押し付けている」と必ず言いますが、負けた側だって同じ事をしているのにねえ。
「トンデモさんは自分に当てはまるフレーズで他者を非難する」ですな。

connienekoconnieneko 2010/08/29 22:06 本日ジュンク堂のオススメコーナーに気合いが入って展示されていたので、手に取ったら面白そうなので、迷わず購入しました。売れる!面白いもの!

tadanorihtadanorih 2010/08/30 00:00 >名無しさま
>息巻く国士サマが湧いて出る
ところが不思議なことに、意外と数が少なくて拍子抜けなのです。
先日、「日本文化ちゃんねる桜」の電波スレに拙ブログのURLが張られていたんですが、

http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=5267&forum=8&post_id=193034

あんまり国士さまのリアクションがなくて淋しいかぎりです。もしかすると、小生も電波愛国者の仲間だと思われているのかも知れません。

>connienekoさま
ありがとうございます! まことに感謝であります。ジュンク堂は書評も書いてくれたしなー。

名無し2名無し2 2010/09/03 22:01 昨日、銀座の某軍歌バーに行ったところ、ほかのお客さんから、御著書「神国日本のトンデモ決戦生活」を紹介いただきました。本日、早速、買い求めまして、読ませていただきました。確かに、今だから笑えるような内容ですが、当時は、軍部統制下、庶民の(ある意味では)偽らざる生活だったんでしょうね。ところで、「米本土空襲」という項がありますが、「米本土空襲飛行機献納資金募集」に関連して、帝都日日新聞社が募集して「米本土空襲の歌」が作られていたのをご存知ですか?作詞は間宮志津夫、作曲は深海善次、歌手は内田榮一です。その一番の歌詞だけ掲載しますが、すごい歌詞ですね(^^;;
何が正義だ 人道だ
飽なき魔手を うち振ふ
鬼畜の如き アメリカを
倒すは今だ この秋(とき)だ
さうだ 翼の 日の丸に
大和魂 打ち乘せて
やるぞ ヤンキー 大空襲  ♪♪
如何でしょう?

名無しさん名無しさん 2010/09/05 06:19 CLAWさんちで知って購入いたしました。
まだ読書途中ですが、北朝鮮は大日本帝国を真似ているというのがよくよくわかる内容になってますね。

さてP67「2010年の現在でも」を「21世紀の現在でも」と次版から修正されてはいかがでしょうか?少しひっかかったもので・・・

tadanorihtadanorih 2010/09/05 15:47 > 名無しさん
>CLAWさんちで知って購入いたしました。
ありがとうございます。

> まだ読書途中ですが、北朝鮮は大日本帝国を真似ているというのがよくよくわかる内容になってますね。
たぶん、東アジアの全体主義・国家主義はどんなにあがいてもこういうパターン
になってしまうのではあるまいかと愚考しております。

> さてP67「2010年の現在でも」を「21世紀の現在でも」と次版から修正されてはいかがでしょうか?
あっ、そうですね。もしも重版されたら訂正します。ご教示ありがとうございます!

ひでひで 2010/09/06 15:37 はじめまして。戦時中の「主婦の友」を古本屋で見つけ、そのあまりの異様さに衝撃を受けネットであれこれ調べているうちにこちらへたどり着きました。
そして「トンデモ決戦生活」アマゾンで購入させて頂きました。まだ半分しか読んでませんがキモ面白い本ですね。
ついでにアマゾンのレビューも書かせて頂きました。ちょっと苦言も入っていますが気になさらないで下さい… ブログの更新、これからも楽しみにしております。

tadanorihtadanorih 2010/09/06 20:21 >ひでさま
コメントをありがとうございます。いただきました苦言、誠にごもっともであります。本文デザイナーのクレジットをわざわざ入れたそのワケは……ご推察ください。

名無しさん名無しさん 2010/09/23 04:04 寝る前の読書でしたのでようやく読み終えました

P117「首相経験者」と過去形の表現と同時に「男根的東京都知事」との現在限定での表現があります
「東京都の知事となったのに」など、現在過去両方で受け取れる表現はいかがでしょうか?

帯に「これは北朝鮮ではない!」とでも書いておけばネットで大炎上をして今以上の売り上げが期待できたのでしょうが、正直御身の危険があるのでこの方法を勧められませんね・・・

tadanorihtadanorih 2010/09/23 09:20 >名無し様
ご指摘ありがとうございます。
数年間にわたって書いてきたものをまとっましたので、時制に混乱があります
ね……。校正の過程では、そこまで気が回りませんでした。もしも重版されたら整
理します。