Hatena::ブログ(Diary)

まともに暮らそう Live decent ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-27 山岳部 無謀な春山講習 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生した。地元消防によると、登山をしていた高校生らが巻き込まれた。県警によると、高校生7人と教諭1人の計8人が心肺停止状態だという。行方不明者はいないという。県災害警戒本部によると、他に複数人がけがをしている。県教委によると、県立大田原(おおたわら)高校の生徒が巻き込まれたという。

 消防によると、高校生らはスキー場ゲレンデ上部で登山中に雪崩に巻き込まれた。

 那須塩原署や消防、県教育委員会によると、現場では25〜27日、栃木県高校体育連盟主催し、県内七つの高校の山岳部の1、2年生が参加する登山訓練「春山講習会」が行われていた。高校生らは27日午前7時半から登山を始めたという。県警によると、現地は悪天候が続き、ヘリコプターが飛べない状況だ。那須塩原署によると、計画段階での参加人数は生徒57人、教員12〜13人。

 県教委によると、講習会に参加しているのは大田原那須清峰矢板東、矢板中央真岡真岡女子、宇都宮の7校という。

 宇都宮地方気象台は26日午前10時半ごろ、栃木県北部に雪崩や大雪注意報を発表し、注意を呼びかけていた。担当者は「未明からの約10時間積雪となり、気温は比較的高い。雪崩が起きやすい環境だった」と話す。

 地元温泉旅館従業員女性(62)によると、スキー場は3月20日に閉まっていた。昨晩から雪が降り、20〜30センチ積もったという。「1月くらいの感じで積もっていた。スタッドレスタイヤでないと来られないくらい雪が積もっていた」と話した。

2017-03-04 安倍首相公私混同 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2017-01-19 破壊の享楽 シン ゴジラ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2016-10-30 最貧困女子考 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

kindle鈴木大介著『最貧困女子』という本を読んでみた。うかつにも私は、このベストセラーを知らなかった。

貧困女子と、最貧困女子。

2016-04-05 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

障害者に対する差別と眼差し

ツイート投稿したのは、乙武洋匡(39)。「かつらの上司を笑いますか。頭髪の場合は、この人を笑っちゃいけないと個別判断しているのに、障害だけはひとくくりにタブーという現状に違和感があった」。幼少期から障害者と接する体験こそが解決のカギになるとも言った。

 ただ、乙武はその後、週刊新潮が報じた不倫問題批判を受け、一切の活動を控えている。一方、あそどっぐは報道初日ニコニコ動画生放送乙武不倫ネタにしたが、翌日にやめた。

 《5人と浮気したなんて、すげえな》

 視聴者から寄せられるコメントに「障害者なのに」という無言の前提を見てしまったからだ。

2015-12-31 眠るコヨーテ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

神話で始まり、詩で終わるこの新聞社説はわかりにくい。

世界はどうやってできたか。アメリカ先住民のアコマヴィには、こんな神話があるという。

 雲が固まってコヨーテになり、霧が凝縮してギンギツネとなる。ギンギツネは熱心に仕事をして、陸地をつくり、木や岩をつくる。コヨーテはその間、ただ眠っているだけ。コヨーテは眠ることでギンギツネの創造に協力しているのだ――。(河合隼雄神話心理学」)

 何もせず、何の役にも立っていないコヨーテがどうして、世界をつくっていることになるのだろう? この、ちょっとおかしな創世神話は、夢をみたり、理想を語ったり、目には見えないものに思いをはせたりする力が、実際に現実を動かす力と同等に、世界を成り立たせるには必要なのだということを暗示しているのかもしれない。

 2015年が終わる。

 眠りの浅い、1年だった。

 ■私たちの「値札」

 重機がうなり、ダンプカーが土ぼこりを巻き上げる。

 東九州自動車道北九州市から宮崎市までを結ぶ約320キロのうち、最後の1区間7・2キロの工事が、来春開通を目指して急ピッチで進んでいる。完成すれば約10分早く行き来できる。

 当初予定から1年遅れ。ミカン園を営む岡本栄一さん(69)が用地買収に応じなかったためだが、今年9月、福岡県による強制収用が完了した。

 道路ミカン園は分断された。だが岡本さんはいまも、約1億7千万円の補償金の受け取りを拒んでいる。もらえば、反対してきた16年間が「なかったこと」になってしまう。とはいえ、収用された倉庫などは新設せねばならず出費はかさむ。妙な袋小路に追い込まれている。

 「今年のは見栄えが悪くて」

 初出荷の日。岡本さんに手渡されたミカンの皮には黒い斑点がある。強制収用のごたごたで手入れが行き届かなかった。味は変わらない。でも、見栄えが良ければM寸10キロ2500円、悪いと1200円という。

 中身より見かけ。この世界はいま、そんな風にできている。

 「おやじの代からの土地を守ってミカンを作り続けたい」。思いが素朴であるほど、信じるのが難しくなるものだ。

 どうせお金なんでしょ。

 もっと巧(うま)くやればいいのに。

 しかし、巧くやるとはどういうことか。思いをさっさと数字に変えて、できるだけ多額の補償金を手にすることだろうか。

 巧く立ち回って億のお金を手にしたら、岡本さんの「値」は上がるのか下がるのか。10分の便利を喜ぶ私たちには、いったいいくらの値札がぶら下がっているのだろう。

 ミカンを口に放り込む。

 甘い。そして酸っぱい。

 ■「魂の飢餓感」

 8月に閣議決定された、戦後70年の安倍首相談話は、とても巧く書かれていた。

 「植民地支配」「侵略」「痛切な反省」「心からのおわび」。焦点だったキーワードはすべて盛り込み、結果、中国韓国の反応は抑制的だった。

 あれから4カ月。いま、あの談話から最も強く伝わってきたことは何かと問われたら、どう答える人が多いだろう。

 言葉とは不思議なものだ。

 思いに裏打ちされていなければ、ほどなく雲散霧消する。

 「歴史的にも現在においても沖縄県民自由平等人権自己決定権をないがしろにされて参りました。私はこのことを『魂の飢餓感』と表現をしております」

 沖縄県の翁長雄志知事は12月、米軍普天間飛行場辺野古移設めぐり国と争う裁判で、こう訴えた。「魂の飢餓感」への理解がなければ、政府との課題の解決は困難なのだ、と。

 キーワードを組み合わせて巧みに言葉を操ってみせた人は、この陳述をどう聞いただろう。

 人には「魂」としか言いようのないものがあることを知っただろうか。技巧では、その飢えや渇きは満たせないことに、思いを致しただろうか。

 12月。7年前に過労自殺した女性の両親が、ワタミなどを訴えた裁判は、ワタミ側が1億3千万円超の損害賠償を支払うことなどで和解した。

 26歳。手帳に書き残された「どうか助けて下さい」。

 享受してきた「安さ」の裏に何があるか、私たちは考えてきただろうか。目には見えないものへの感受性がもっと豊かな世界だったら、彼女はいま、来年の抱負を新しい手帳に書きつけているかもしれない。

 ■それでも考え続ける

 深くねむるために 世界は あり/ねむりの深さが 世界意味だ(「かたつむり」)

 7月に没した哲学者鶴見俊輔さんは、こんな詩を残した。

 あなたが、私たちが、深く眠るために。世界がそうあるためには――。答えは出ないかもしれない。それでも、考え続けるしかない。私たちはこの世界に関わっているから。いや応もなく、どうしようもなく。

2015-10-10 排除される家族 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

保護された姉妹、1カ月ぶり入浴 親子が月4万円で生活:朝日新聞デジタル

貧困連鎖は、話題になることが多いが、解決のための処方が示されることはない。

問題を指摘することが、ジャーナリズムの目的なのだが、問題化することで、逆に差別助長することはないだろうか。

例えば、広汎性発達障害知的障害をともなわない自閉症)の指摘と障害者手帳の発行はそのことにあたる。

当事者女性は、この診断を受けるメリットは「ほぼない」とブログに書いている。広汎性発達障害の診断を受けるメリットはあるか?そして精神科に行ったきっかけ? - 広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

つまり、これは医師が診断名としてつける障害の名前なのである。

障害認定されれば、手帳(身分証明)が発行される。このことで、受けるメリットはない。

せいぜい精神保健福祉手帳の3級である。3級で得するのは、医療費が多少やすくなるだけ。しかし、うつにでもならない限り、

心療内科に通院することはない。

では、発達障害の人がなぜ、うつになるかというと、対人関係のストレスによることが多い。

朝日新聞掲載された女性の場合もこれにあたる。

夫はトラック運転手や倉庫管理など10年で10回以上転職した。年収は200万円前後。家賃や光熱費以外は酒やたばこに消え、自分の事務職の給料などでやりくりしていた。

 9年前に長女が生まれてから、「頭が悪い」「ダメな女」などと毎日なじられた。洗濯物がたためない。ご飯を作りながら、子どもに気を配れない。酒が入ると、胸ぐらをつかまれ殴られた。後に分かることだが、母親には二つのことが同時にできない「広汎(こうはん)性発達障害」などがあった。

 6年前に次女が生まれた後、「能力不足」との理由解雇された。次の職が見つからず、家計悪化。夫の失業で約2年間は生活保護も受けたが、夫が再就職すると打ち切られた。夫は給料家計に入れず、月約4万円で生活した。長女が小1になったころから電気、ガス、水道のどれかが止まるようになった。

母(41)と姉妹生活は、夫のDVや失業などでより一層苦しくなっていった。

 朝食はパン1枚。夕食はご飯と冷凍ギョーザ納豆夏休み学童保育のお弁当は、おにぎり1個だった。

 「おなか痛い。今日は休む」。嫌がる長女を、集団登校の待ち合わせ場所に引っ張っていく日も増えた。そんな日は保健室登校になった。理由を聞くと「くさい、毎日同じ服って言われた」と泣かれた。

 「シラミがいるみたいよ。駆除してあげて」。長女が小2になった夏、同級生母親から指摘され、薬局に走った。薬は2千円。手が出なかった。

 夫の叱責(しっせき)は続き、うつ状態になった。警察署に通報したのは夫だった。「子どもの前で妻にDVしてしまう。彼女たちを保護してください」。シェルターにつながり、夫とは別れた。

 「つらいことなんてなかったよ。学校もおうちも楽しかったんだよ」。そんな長女の言葉を、母は自分への気遣いだと推し量る。

 母は母子生活支援施設の職員から勧められ、精神障害者保健福祉手帳を取得した。生きづらさの訳がわかり、自分を責める気持ちは薄らいだ。長女からいろいろ要求されても、「一つずつ言ってね」と言えるようになった。

 カレーライスや肉うどん料理は苦手だが、職員と一緒に夕食を作り、一家3人で食卓を囲むようになった。ときどき姉妹が職員に「味見して」と料理を差し入れる。「よくできたね」と褒められると、跳びはねて喜んだ。「ここがいい。職員さんや他の子もいるから」と長女は言う。

 子どもが18歳まで施設にいられるのが原則だが、利用者の約6割が2年未満で退所する。生活保護を受け始める人が多く、施設費用と二重措置になる期間を短くしたい行政の思惑もある。

 母も生活保護を受けながら週3回、障害者作業所で働く。施設に来て2年。退所後の生活は描けていない。

母親が、週三回、作業所で働いて得る収入はいくらか、あなたは知っているだろうか?

せいぜい、8000円ほどではないだろうか。

これでは、生活保護なしでは、生活することすらできないだろう。

生活保護を受ける期間は、年金を払うことが免除されるが、働けなくなったとき(高齢になったとき)に得られれるお金がないということである。

つまり、この女性は働いても、雀の涙ほどのお金しか得られない。彼女が一般の会社就職しないかぎり、生活保護を一生受給しつづけるということになる。

しかし発達障害手帳を持った人がハローワークに行って、紹介を受けるしごとは、障害者枠での仕事である。

ほんとうに、彼女は就労することができないのだろうか。

繰り返して言うが、発達障害は知的な問題がない障害なのである。40代女性がつける仕事はどんなものがあるか。

ヘルパーになるためには、資格をとることが必要である。仕事はそればかりではなない。

1億総活躍を勧めるなら、彼女のような女性が活躍できる制度をつくればいいのである。