飛んでから見れ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-26

ここがそんざいするりゆう 

 今見てみたらあまりにもひどかったので格納。

 

 

 とことん話題に乗り遅れるのが私流。

 いいじゃないそれでも、と思うのですけれど、まぁちょっと恥ずかしかったりも。

 

 私のブログはわりとそこらじゅうの話題に口を出してはトラバするという、

 なかなかに空気の読めていないいやな感じの宣伝をする部分が多くあると思うのですよ。

 わかっているなら直せといわれそうですが。

 爽快・楽しくなる動画:紹介ブログのあり方

 以前書いた、なぜ紹介ブログをするのかというところからの流れ弾です。

 何に反応したかっていうのは明確で、

>自分の紹介で再生数を上げられると驕るのは筋違い・思い上がりもいいところ.

 と、いう部分ですね。

 

 私のブログ自分語り系、思索思考系に勝手に分類しているのですが、

 はじめた本来の目的は別にあったりします。

 もともと、たったひとつの作品を紹介するためだけに作ったブログだったりします。

 実のところ、私はニコマス関係以外にもひとつブログを持っていて(もともとMMO系のブログでした)、

 別に自分語りだけならそこでやってもいいのです。じゃあそうしろよという話ですが。

 

 紹介する、紹介したいという行為であったり願望であったりは

 つきつめれば、もっと知ってもらいたい、もっと評価してもらいたいという思い上がりに違いないわけで。

 これはどこの記事だったかな。

 思い出せないのだけれど、おそらくカズマさんのところで見かけた記事だったと思う。

 埋もれることが問題じゃないんだ。出会うべき作品に出会えないことが問題なんだ。という感覚。

 私が紹介したい、その作品はもっとたくさんの人が出会うべき作品だと思っているのです。勝手に。

 人によっては十分知られていると思われるかもしれません。

 作者さんはもう十分に知ってもらったよと思っているかもしれません。

 それでも私はもっと多くの人にその作品と出会ってもらいたい。

 身勝手なんてレベルじゃなくって、誇大妄想とか気狂いとかそのへんに分類される感情だと思います。

 でも私はその作品がもっとたくさんの人の目に触れられるなら気が狂ってもいいと思っているのです。

 

 なので、以前、ランキングに載ったら荒れてしまった好きな作品を見たときに少なからずショックを受けました。

 さまざまな人の目に触れるということは、ポジティブな感情だけを呼び寄せるわけではないということに

 いまさらながらに気付いたからです。

 そして今回のこの流れを見て、私は紹介ブログの力ではまずそこまで辿りつけない、

 という事実に、見てみぬ振りしようとしていた事実を突きつけられ、さてどうしようかなと思ってしまいました。

 私は紹介ブログ、特に一作品についてがっつり語った系のブログで紹介されている作品はとりあえず全部見てます。

 人の心を動かす作品を見て、私の心を動かされたい。

 その人の心の琴線に触れてみたい。

 そういう思いがあるのですが、そういえばみんながみんなそうとは限らない。

 

 私はもともと自己中心的な人間なのでそういうあたりまえのことに気付けないことばかりで、

 いつもどこかでミスって生きてきたのじゃないかなと少しビクビクしているところがあって。

 まぁ、それはいいのだけれど。

 

 紹介、したいのです。

 紹介することでその作品とより多くの人たちの出会いを助けてあげたいのです。

 どれだけ不遜なことであるとしても、そう、したいのです。

 ニコニコで、それはどのように現されるかと問われれば、再生数やコメントやマイリス数しか私には思いつかない。

 つまらない子だと思うかしら。とは魔法をかけての歌詞ですが。まぁ、そのとおりだと思います。

 

 さて、話は最初に戻ります。めずらしく。

 たった一つの作品を紹介したいがために始めたサイトなら、さっさと紹介してしまえばいいと思います。

 でも、私の目的は紹介するそのことだけではなくって、より多くの人がその作品に触れることなのです。

 今の私ではそれは無理でしょう。

 私は不遜な気狂いでもかまわないので、それを承知で書くのならば、まだまだアクセス数が足りない。

 今書いたところで、きっとそれは明確な効果として現れない。

 以前トラックバックさせてもらった、超大手、敷居の先住民さんのブログで紹介してさえ、

 1000もアクセスが伸びるかどうかわからないという話でした。

 毎日2000人以上のひとがアクセスするサイトでさえ、そうなのです。

 毎日10人くらいきてればいいのじゃないかと思う(それすらあやふやで危うい)今のままでは、

 きっとダメなのだろうと思います。

 なので私はトラックバックを送るのです。リンクを張るのです。コメントを書きにいくのです。

 

 こんな記事を書いてしまえば、きっとたくさんの人は不快な思いをするでしょう。

 作品を紹介された人は、私の作品はあなたの好きな作品を紹介するための踏み台ではないと思うでしょうし、

 トラックバックを送られた人は、お前のサイトを有名にするために記事を書いたのではないと思うでしょう。

 上記で書いたことが私のすべてであるとは言いません。

 はじめてみて、いろいろな人と話をして、いろいろな作品に触れて紹介してみて。

 そうするうちに私の中でいろいろな変化がありました。

 いろいろな作品を紹介したり、自分語りをしたりすること自体が楽しくなってきてもいます。

 いろいろな人の話題にのったりそったりして、感じたこと思ったことを伝えるのがとても楽しいです。

 好きだから、やっていると言っちゃってもいいくらいに。

 

 それでも、私の中の少なくとも一部分は今回のエントリに書いたようなことを考えているのです。

 私のどこかを切り取ったときに、それは間違いなく含まれているのです。

 それを知っておいてほしかった。

 それを知ってもらうことで、本来の目的の達成がより困難になることはあきらかなのに。

 どうして私はこんなことを書いてしまったのでしょうか。

 

 ねぇ?

Dummy OhnishiDummy Ohnishi 2008/03/26 11:42 あなたを狂わせたその作品に対して興味を持ちました。

そしてあなたにも。


だからおk。

ショコラショコラ 2008/03/27 03:43 Pでもなんでもないただの1個人から一言だけ。
 
 
このブログがもっと好きになったし、もっと楽しみになった。

なもなきタグ屋なもなきタグ屋 2008/03/27 07:15 コメント、ありがとうございます。
今読み返してみて、本当になにを書いているのかぜんぜんわからなくって。
少し精神的に不安定になっていたのかもしれません。
本当に温かいお言葉、ありがとうございました。

RDGRDG 2008/03/31 17:34 ↑段落分けが全く反映されていないorz
長い上に,読みにくくてすいません.
もう一度,コメントしなおしてみます.
邪魔だったらコメントごと消してくださいませ.

**********
どうもRDGです.今さらですが長コメしに参上しました.

**
まずはトラバありがとうございました.
この記事に関しては正しいトラバの使い方だなあと思いますよ.
人の記事を踏み台にして自分の思考を述べるのはトラバの正しい姿かなあと.
自分の元記事も,書店Pのアンケートとかを踏み台にしています(トラバし忘れましたが).

**
さて,もっと評価してもらいたいという紹介を目指すのは大変ですよね.
まずは自ブログのアクセス数が必要.そして,どれだけの人を視聴に巻き込めるかという味のある紹介の仕方が必要.
ただ「楽しい」「見るべき」と書くだけじゃ,さすがに皆見てくれない.かといって「□□が素晴らしい」「○○の部分が大好き」と熱く語っても,コチラの思いが届かないかもしれない.
作品へのクリックを促すようなちょっと面白い紹介の仕方が欲しいですよね.
「おっホイ。」さんあたりが上手いなあと個人的には思っています.

**
もしくは紹介ブログが増えてきたので,まだその作品に出会っていない紹介ブログの管理人が自分のブログでも紹介したくなるような紹介の仕方をする,とか.
各紹介ブログは見ている層が大分被っているような気もしますが,丸被りではないでしょうし,1つのブログで紹介されているだけでは見るか迷っていた作品が,次のブログでも紹介されてて,またその次のブログでも紹介されてて,となれば視聴意欲が刺激されるでしょう.
そういったアプローチも,作品が評価されるという一要素になるのではないでしょうか.

**
自分の話になってしまいますが,再生数を伸ばしたいという気持ちが薄れつつあります(殆どないかも).
自分の記事の敷居さんのコメントが良いなと私は思っていまして,2つほど引用.
「再生数が反響を計るわかりやすい目安なら「複数のブログが取り上げた」というのもまた、わかりやすい影響に他ならないわけで。」
「その紹介がきっかけでニコマスにはまった人がいるかもしれない、Pの存在を意識するようになった人がいるかもしれない。それは数字で計ることのできない影響です。既に述べたように取り上げた事実そのものが作品の広がりの一形態でもある。」
自ブログは再生数の伸びに拘りを持つほどのアクセス数を稼げているわけではないですし,あの記事を書いてから「もっと評価してもらいたい」という意識が小さくなってます.
記事を読んでくれて,うっかりクリックしてしまった人が数名でもいて「なるほどね」と頷いて共感してくれるひとが1名でもいれば,それで良いなあと思っています.
もちろん好きな作品は気合い入れて紹介しますけどね.

**
たぶん,自分のブログでは再生数を伸ばすことができないだろうという諦めを感じたからだと思います.
そういった意味で「紹介することでその作品とより多くの人たちの出会いを助けてあげたいのです」という熱い気持ちを持ち続けている,なもなきタグ屋さんがちょっぴり羨ましく・眩しく思えます.
これからも熱い気持ちで作品紹介頼みますね.良い作品に出会わせてくださいな.

なもなきタグ屋なもなきタグ屋 2008/04/01 12:21 コメントありがとうございます。
少し熱くなりすぎていたというか、気負いすぎていたと今では少し思っています。
出会いってより多くの人という部分ももちろん大事だけど、
やっぱり『深さ』っていうところもあるんじゃないのと知り合いに言われたのもあって。
 
再生数を伸ばしたいというのは自分でも書いたけれどエゴでしかなくって。
それでも私がその動画のためになにができたのかということを後々考えたときにやっぱり
目に見える答えがほしいと思ってしまうのはきっと私が子供なせいなのでしょうね。
いつも中心に自分がいるから。
作者さんや、視聴者さんを中心においてみることができれば。
また違う景色が見えてくるのかもしれません。
 
それでもやっぱり。
私は私が思うようにしかやれないのだろうなぁとも、思っているのですけど。
ご期待に沿えるかどうかはわからないのですけれど。これからも頑張ろうと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tag-no-name/20080326/1206480127
Connection: close