アニメ見ながらごろごろしたい このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-11-27

女児向けアイドルアニメと男性向けアイドルアニメから見える美少女のデザイン

漫画やアニメでは複雑な事情から美少女も普通の少女も判子絵的に似た様な描き方をされる事態が頻繁に起きています。正直に言えば顔に関してはどのキャラも殆んど同じに見えてしまうのですが、不思議と私達は美少女か否かを判別する事が出来ますよね。不確実とはいえそれを可能にするのは、数百を超える数の美少女を見続けてきた経験。沢山の美少女に共通する要素を感覚的に理解しているから美少女を見分けられる。

ではその判別は具体的にどの様な基準で行われているのか。それを知る為にまずは美少女が多数登場するアイドルアニメやアイドルゲームから、美少女らしいキャラのデザインを考えていきたいと思います。ちなみにこの記事では各作品を比較した際の思考を羅列するだけで結論と言えるものでは出ません。色々と中途半端な記事に意味があるのかは分からないですけど、これを切欠にピアノファイアのizuminoさんとかOTACTUREのukkahさんとか他の誰かが何か凄い事を思い付くかもしれないので書き残しておきます。下に張り付けた画像はメインキャラの髪色を表したものです。


女児向けアイドルの美しさとは派手さにある
f:id:taida5656:20161126194204p:image
アイカツスターズ

f:id:taida5656:20161126194203p:image
プリパラ


女児向けの「アイカツスターズ」と「プリパラ」は鮮やかな髪の色が目を引きます。主な視聴者の脳の発達段階の関係で大人向けの作品と比較すると原色に近いものが多く、「アイカツ」の初期は特にその傾向が見られました。男性向けでは黄は金の類似色で外国人の血を引いた特に容姿が優れた美少女に使われやすいですが、女児向けでは明るい性格の美少女に使われやすい色でしかないみたいです。オシャレに関心を持ち始める女子小学生にとって、黒や白は地味に思われるのか髪の色には使われ難く、特に黒は日本人が生まれ持つ髪の色で平凡の象徴である為か、アイドルという特別な存在にはあまり使われません。小物に派手な装飾を施す傾向の強い女子小学生からしたら、自然な髪の色がオシャレに見えないのはあるでしょうね。

名も無き無数のアイドル達の怨念から生まれたガァルルは黒髪、プリキュアに登場する女性幹部も黒が基調、女子小学生の黒に対する印象は輝かしいアイドルとは合わないのでしょう。白は清潔な印象を与えてプリキュアの最終形態では毎回の様に使われますが、アイドルの衣装では活躍する機会にいまいち恵まれません。黒と白が地味に見えずに絶世の美少女が持つ髪の色と認識されるにはまだまだ月日が必要。中学生にもなれば黒と白の魅力に気が付き始めるんですけどね。ちなみに男性向けの「ラブライブ」は白を基調にした衣装が多くて「Snow halation」に「Wonderful Rush」に「Love wing bell」と結構な割合で使われます。

学研教育総合研究所の調査では女子小学生の好きな色は圧倒的にピンクと水色、その次に赤と青と黄、その下に紫と白と黒という結果が出ていますが、キャラの髪の色に関していえば紫も人気が高い様子。紫はミステリアスでエレガントな雰囲気を与える効果が高く、「アイカツ」ではトップアイドルの神崎美月に使われていました。紫はプリキュアではミルキィローズにムーンライトにキュアソードと特別な立場の戦士に与えられ、特撮では闇を感じさせる色で王蛇やプトティラと凶悪な力を持つ者に与えられます。冠位十二階でも最も偉い者に与えられる色ですし、日本では昔から特別な意味を持つ色なのかもしれません。

髪型の特徴としてはアホ毛が無い事とウェーブが多い事が挙げられます。ギャルゲーではあるのが当然なアホ毛ですが、これは傍目からは寝癖に見えてしまうものですから、オシャレに気を使う女子には好まれず出てきません。男性向けと女児向けのアイドルものの差はストーリーではなく、デザインに表れていると言っても過言ではないでしょう。「アイカツ」や「プリパラ」は主な視聴者である女子小学生のオシャレに対する意識の高さが反映されているらしくウェーブにしたり、リボンを着けたり、髪を結んだりと工夫が凝らされています。

女子小学生のオシャレに対する意識の高さはキャラのデザインのみならずキャラの行動にも反映され、トップクラスのアイドルはファッションセンスにも気を遣い美を追求する姿勢も忘れません。男性向けでは自分を綺麗に魅せようと服装や仕草を考える姿勢は中々評価されない項目。美少女は生まれたままの姿でも美しいから美少女、綺麗に見せようとするのは二流という考え方は男性に多いのではないでしょうか。個人的にはアイドル活動に真剣に打ち込んでいる「ラブライブ」の矢澤にこと「デレマス」の前川みくはもっと報われてもいいと思っています。観客に見られる事を意識している努力家の彼女達が何だか三枚目みたいな扱いをされて、アイドル活動に興味の薄い絢瀬絵里渋谷凛に追い抜かれるのは可哀想。



男性向けアイドルはおっぱいで描き分ける
f:id:taida5656:20161126194201p:image
アイドルマスターシンデレラガールズ

f:id:taida5656:20161126194202p:image
ラブライブ

f:id:taida5656:20161126194200p:image
Tokyo 7th シスターズ


男性向けの美少女は同世代でもおっぱいの大きさに強烈な格差がある。これには男性視聴者の女性に対する欲望が透けて見えて不快感を示す方もいそうですが、デザインする側にとっては外見の差別化が出来るので助かる気はします。胸の大きさは大切な要素で、巨乳は男性に対して絶大な威力を持つ武器。美少女の数が増えれば必然的に短髪とか眼鏡とか人気が低い属性を持つキャラも生まれてしまいますが、そのキャラに巨乳属性を付与して弱点を補うと人気のバランスが丁度良い具合に取れる。「ラブライブ」の東條希と「デレマス」の及川雫はその好例。全員の胸の大きさを平等にした場合に人気がどの様に変動するのかは見てみたいですね。

おっぱいで思い出しましたが、アニメ放送前の「ラブライブ」は男性に受ける為なのか、胸の谷間を強調するイラストが無駄に多いんですよね。そんなμ'sがメジャーデビューして女子中高生のファンも増えてから、男性の性欲を満たす為だけの露出が減らされたのはアイドルの姿として妙にリアル。今でも露出の高い衣装や水着は描かれていますが、制服を脱いでいる時に身体を触られるとか男性の妄想を詰め込んだイラストは少なめ。
f:id:taida5656:20161127140328j:image

黒髪は女児向けでは不人気ではありますが、男性向けでは人気が高いです。黒髪は地味な代わりに清楚で純情な印象を与え、それ故にオシャレな女性を敬遠する男性視聴者から受けが良い。黒は落ち着きのある美少女と組み合わせれば鬼に金棒、そこにロングストレートを加えれば最強の美少女を生み出す破壊力を持ちますが、元気が取り柄で仲間を巻き込む力を持つ系の主人公には適していない色。基本的にアイドルものでは主人公の性格は明るいので、髪の色は性格に合う茶が選ばれやすい。大雑把な視点で主人公色は女児向けでは黄、男性向けでは茶と考えておけばいいと思います。

アイドルものの中でも特にキャラの多い「アイドルマスターシンデレラガールズ」は、常識的に考えればキャラが多い分だけピンクとか奇抜な髪の色が増えそうなものなんですけど、意外な事に黒と茶と白と黄が大半を占めています。現実には無さそうな髪は輿水幸子の薄紫色、城ヶ崎美嘉のピンク色など極一部。年齢の差があるおかげで中高生のアイドルしか登場しない作品よりは描き分けが楽とはいえ、100人以上ものアイドルをデザインするのは相当骨が折れそうです。



女性向けアイドルはイケメンだけでは成り立たない
f:id:taida5656:20161126194259p:image
うたの☆プリンスさまっ

f:id:taida5656:20161126194258p:image
B-PROJECT

f:id:taida5656:20161127142912p:image
アイドルマスターSideM

f:id:taida5656:20161203112334p:image
MARGINAL#4


最後に美少女とは無関係ではありますが、女性向けアイドルもので描かれるイケメンについても触れておきます。女児向けと男性向けにおいて緑は使われる機会が少ないのですが、女性向けのイケメンには緑系統の色は結構な頻度で使われます。見る者の気分を落ち着かせる色である緑は、知的なキャラや大人なキャラに使われやすいみたいです。そういえばザーボンも緑間真太郎もアンドロメダ瞬もリゼルグもイオン様も緑でしたね。

女性向けでは男性らしさとは無縁のピンクや女児向けでは不人気な白をイケメンに使う点が特徴、「アイドリッシュセブン」はその系統の色が約半数という驚きの白さ。白髪や銀髪は「あんさんぶるスターズ」の日々樹渉などロングになる確率が若干高いですね。イケメンはツインテールが使えないなど髪型の種類が少ない分だけ、ピンクや水色や赤と髪の色がカラフルになる傾向は強め。使用される色の差は「デレマス」と「アイマスSideM」を見れば一目瞭然。髪の長さは額が隠れる程度はあるキャラが大半、セミロングのキャラの需要が高いらしく、スポーツマン並の短髪は「アイマスSideM」以外ではほぼ見かけません。「アイマスSideM」は筋肉の付き方でも描き分けられているなど、女性向けとしてはやや異質なデザイン。元自衛官の信玄誠司なんかは男性から見てもいい身体をしています。

それ以外の外見的な特徴では眼鏡をかけたキャラが1割程度いる事が挙げられます。女児向けと男性向けのアイドルは眼鏡をかける割合が少ない上に、かけていたとしてもアイドル活動中は外してギャップを見せる方向に進む為、アイドルとしてのチャームポイントが眼鏡になるのは非常に珍しい。想像ですが「アイマス」の秋月律子に熱狂的なファンが多いと噂されるのは、その稀少性によるところが大きいのではないかと。

女性向けでは何故か登場する機会に恵まれている男の娘やオネエ。「アイチュウ」のポップンスター、「アイマスSideM」の水嶋咲、「うたプリ」の月宮林檎、「B-PROJECT」の夜叉丸朔太郎、「アイドリッシュセブン」の姉鷺カオル。立場はアイドルやマネージャーと作品毎に違いますが、どこかしらに女性の心を持つ彼等の姿は見られます。その背景には視聴者の女性達から無駄に女性を増やされるのは嫌だけど、女性の気持ちを察してくれるキャラは欲しいみたいなのがあるんでしょうか。男性向けの男の娘はどちらかといえば女性の心を持つキャラよりも無理矢理に女装させられた秋月涼みたいなキャラの方が多い印象を受けます。この辺も考察する価値は高そうですね。話があちこちに飛んだ何が言いたいのか分からない記事になりましたが、アイドルものに対する意見は大体書けました。


アニメキャラの髪のハイライトの種類と流行 - アニメ見ながらごろごろしたい

キャラデザの差別化と同質化を行う「ガールズ&パンツァー」 - アニメ見ながらごろごろしたい

オタク向け魔法少女はイヤリングがない傾向にある - アニメ見ながらごろごろしたい

2016-11-19

「魔法少女育成計画」密度の濃いストーリーをさらに圧縮する無理難題をこなした江戸屋ぽち先生


魔法少女育成計画 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

f:id:taida5656:20161119231702j:image
漫画版は某所のレビューでは評価がいまいちでしたが、個人的には読んでいて泣きそうになる位に楽しめました。正直に言うとあれだけ画力も構成も上手な漫画版が低評価なのは腑に落ちない。とはいえ原作の完全再現を求めるファンからは不評になるのは非常に分かります。原作小説がルーラ死亡までに100pを消費しているのに対して、漫画は編集者の指示でルーラ死亡までをわずか50pで進めていますからね。

原作小説が本筋には影響しないコメディを途中で何度も挟む作風や風景の描写に何行も費やす作風なら、漫画版はそれらを省略して綺麗に収める事も可能だったのでしょうけれど、残念ながら原作小説は描写が淡泊でウィンタープリズンとクラムベリーの激闘にも4pしか使わない冗長とは縁の無い作風。16人の魔法少女の境遇を描きつつ、6回を超える戦闘を描いているだけあって、平均的なラノベと比較すると圧倒的に展開が速い。

漫画なら3巻を超えて当然の内容を2巻に詰め込めば、ファンから不満が出るのは火を見るよりも明らか。あの密度の濃い物語を2巻で完結させろなんて出版社からの無茶な要求に応えた江戸屋ぽち先生には尊敬の念を抱きます。

江戸屋ぽち先生は実力が高い上に趣味で「魔法少女育成計画」の絵を投稿する作品愛を持っていますし、こういう漫画家に描いて貰えると本当に嬉しい。それだけに2巻で完結したのが悲しい。アニメ化まで行ける人気の作品と実力も熱意もある漫画家、その組み合わせで3巻を出さないのは商売的に勿体無いなあ。

ちなみに漫画版は急激な圧縮に伴う変更点が多い事に加えて、漫画に適した見せ方にする為に改変した場面、原作小説には見られないオリジナルの展開が多数含まれています。ハードゴア・アリスが窮地に立たされる場面とスイムスイムとミナエルの相手を捕まえる技には唸らされました。原作小説を読んだ時にはスイムスイムとミナエルの魔法は自分が逃げる事と隠れる事に適してはいるものの、仲間に肉の壁の役割を求めるルーラの期待には応えられない類の魔法に感じていましたが、ああいう使い道が可能ならルーラの目の前の相手に言う事を聞かせる魔法が輝ける時代もあったかもしれません。まあ実際にはルーラは早々に脱落しましたが。

こうしたオリジナルの要素は読者によって好き嫌いが分かれる部分ではあると思いますが、個人的にはこうした漫画家の個性が出る方向性の方が好きですね。原作の再現を目的にした漫画に価値がある事は疑う余地が無いとはいえ、その手の漫画はアニメが傑作になると存在価値が下がる問題を抱えています。

漫画にはコマの形状変化による緩急の付け方など独特の魅力がありますが、単純に考えてアニメの方が色に音に動きと情報量が多いですからね。集団の力で作られたアニメと個の力で作られた漫画、作り手が原作の再現を重視して個性を消せば、数の力でアニメの方が魅力的に見えてしまいやすい。個人的に「涼宮ハルヒの憂鬱」と「ソードアート・オンライン」はアニメを見れば漫画は要らないと感じるんですよね。そういう事もあるのですが「魔法少女育成計画」の漫画はアニメの良し悪しによってその価値は揺らぎません。

漫画版は巻数の少なさ故に描写が不足して性格が伝わらない魔法少女も何名もいますし、情報量は原作小説と比較して物足りなさはあるでしょう。けれどその代わりにスノーホワイトとリップルの心理描写は丁寧に描かれ、原作小説では淡々と描かれた魔法少女の散り際もドラマチックに演出されています。終盤のスノーホワイトとリップルの会話の演出は素敵なので、漫画を読もうかどうか悩んでいる方には是非とも読んで欲しい。

変化を続けるライトノベルのコミカライズ - アニメ見ながらごろごろしたい

オススメするライトノベルのコミカライズ作品10選 - アニメ見ながらごろごろしたい