アニメ見ながらごろごろしたい このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-04-26

一風変わったアニメの続編のタイトル

アニメの続編のタイトルにはある程度決まった型というものがあります。例えばタイトルの後ろに「2」と数字をつけたり、1期の頃のタイトルに「!」等の記号がついていればそれの数を増やすとかですね。これ以外ではどの様なものがあるのか、そのちょっと変わったタイトルのつけ方を紹介したいと思います。


「ハイスクールD×D」
おっぱいアニメの「ハイスクールD×D」の2期ではタイトルの後ろに新しいという意味と乳という2つの意味を込めて「NEW」とつけられています。そしてその次の3期では「BorN」となっていますが、これは飛び出す程に大きいおっぱいを表現する時に用いられる擬音なんですが、ここで注目して欲しいのはNが大文字である事です。

頭文字でも無いのに何故大文字表記なのか、それは2期にあったNEWのNである事を強調したいからだと思われます。OPの歌詞に「何度でも生まれ変わるNew Born」とある事からもそれは言えます。


とある科学の超電磁砲
御坂美琴の妹達の物語が中心になる2期のタイトルは「とある科学の超電磁砲S」。タイトルのSにはに期を表すsecondと妹達を表すsistersの頭文字のSと複数の意味が込められています。「とある魔術の禁書目録」と違いこちらの方は凝っていますね。


「デュラララ」
2期は分割3クールとなっていてそれぞれ「デュラララ×2承」「デュラララ×2転」「デュラララ×2結」というタイトルがつけられています。承から始まるのは1期が起承転結の期にあたるからだと思います。1期のサブタイトルを国士無双に五里霧中と漢字四文字で統一していた「デュラララ」らしいタイトルのつけ方ですね。


ひだまりスケッチ
2期の説明は言葉で説明するのが面倒なので飛ばします。三期のタイトル「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の星3つにはそれ迄1年生と2年生しかいなかったひだまり荘に、新たな住人が加わり1年生から3年生までの3学年が揃ったという意味があるのでしょう。

4期になると☆☆☆の代わりにハニカムがつけられます。蜂の巣に見られる正六角形を敷き詰めた頑丈なハニカム構造。タイトルのハニカムにはこの意味が込められています。ひだまり荘の6人の絆は六角形のハニカム構造みたいに丈夫だと言いたいのではないかと。


こういった変わったタイトルは2期が少なかった時代にはあまり見られませんでしたが、最近ではこの程度の工夫は当たり前になってきた感じはします。アニメが増えると少しでも差別化しようと予告編やアイキャッチやエンドカードやタイトルに工夫が施され、そうした取り組みが他の作品にも広がるところは見ていると面白いですね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taida5656/20150426/p1
リンク元