Hatena::ブログ(Diary)

タイで想う日々の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このhatena:Diaryは タイで想う日々管理人が運営しています。

06月15日(水)

ワールドユース2005オランダ

ワールドユース日本代表、ベナンと分ける

|  ワールドユース日本代表、ベナンと分けるを含むブックマーク  ワールドユース日本代表、ベナンと分けるのブックマークコメント

ワールドユースオランダ大会。

開幕のオランダ戦、規格外の速さ、強さに全く歯が立たなかったが、

後半建て直し、2戦目への光明を見出し日本、試練だが、楽しみな2戦目。

立ち上がりから落ち着いてゲームを進める日本FWはカレンと平山。

カテゴリーにおいて初の国際大会出場というアフリカベナン、明らかにプレイは青い。

しかし、身体能力、一発の強さには注意しなければならない。

早い段階で先制して、試合を有利に進めたい。


しかし日本、15分過ぎから中盤で不用意にボールを相手に取られリズムが掴めなくなる。

相手の15番・オモトヨッシなる選手が前線でキープ、一人で前も向ける、危険、絶対に止めないと。

タマ際が弱い日本、相手の足が一歩前、リーチの差。

そして37分、自陣で兵頭がボールを奪われ、そのまま振り切られ、失点。

最低の点の入れられ方。

おそらく後半はメンバーを入れ替える。

1点は許容範囲、これくらいの逆境に勝てなければ先には進めない。


後半。CX解説・風間氏の「慌てないこと。技術はあるんですから」

まったく同感、日本なら絶対できる。

水野が入ってボールが収まり、新しいリズムが生まれる。

なるべく早く同点ゴールが欲しい、遅れると……キツイ。

家長の切れ込みからゴール前でファウルを受ける。これを水野、直接FKで決める!

後半20分で1-1。

2枚目のレッドで相手MFが一人退場、ラッキー。

カレンに代えて森本。

のこり7分で家長に代えて苔口。うーん……

森本は?の出来。苔口、クロスの質も悪い。

日本、数的優位を生かせないまま試合終了。悔いの残る引き分け。

印象に残った選手は水野、家長。

フラストレーションが残ったが、もう勝つしかない3戦目。

個人的にもまだ選手を把握していないので、ぜひPLAYで目を引きつけて欲しい。

author:タイで想う日々管理人

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taideomouhibi/20050615