Hatena::ブログ(Diary)

タイで想う日々の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このhatena:Diaryは タイで想う日々管理人が運営しています。

09月18日(木)

taideomouhibi2008-09-18

鹿島、自分たちの攻撃出来ず(ACL2008)

|  鹿島、自分たちの攻撃出来ず(ACL2008)を含むブックマーク  鹿島、自分たちの攻撃出来ず(ACL2008)のブックマークコメント

2008年アジアチャンピオンズリーグ。今季はベスト8にJリーグからは実に3チーム。数字的には日本勢連覇の可能性も高い。だからこそこの準々決勝では3チームすべてに踏ん張って欲しい。ベスト4にJから3チーム!となればさながら「Jはアジアプレミアリーグ!」と叫びたいw

(運良く)全ての試合をチェック。

AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦 /茨城カシマスタジアム

鹿島 1 - 1 アデレードユナイテッド

得点:

38' トラヴィス ドッド(アデレード・U)

44' オウンゴール鹿島

BS朝日にて生中継でチェック。今夜の日本勢唯一のホーム戦。

立ち上がり予想外にアデレードUが攻撃して来る。印象はパワフル。ゴール前の空中戦も強い。

先制されたのが痛かった。ヘッド競い負け。

内田のシュートが相手DFのミスでOG。1-1で折り返せたのは幸運だったのだが、結局スコアはこのまま終了。

鹿島は足下中心、グランダーの早いパス回し、ゴール前でのワンツーなどを多用すれば十分勝機があったように想うのだが。開き直って豪州で自分たちの戦いを貫くのみか。

ガンバ、レッズと当たる(予定の)決勝戦まで是非進んで欲しい! 奇跡を見せろ!

author:匠武士

*本家webタイで想う日々は毎日更新中です! 是非いらっしゃって下さい!

レッズの最後の1点に希望が(ACL2008)

|  レッズの最後の1点に希望が(ACL2008)を含むブックマーク  レッズの最後の1点に希望が(ACL2008)のブックマークコメント

AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦/クウェート

アル・カディシア 3 - 2 浦和

得点:

18' Fahed ALEBRAHIM(アル・カディシア)

33' エジミウソン浦和

57' BENACHOUR(アル・カディシア)

84' Khalaf ALMUTAIRI(アル・カディシア)

89' エジミウソン浦和

BS朝日にて深夜4時生中継でチェック。

昨年の浦和レッズには(タイの地で)本当に楽しませてもらった。

今季はシードでトーナメントから参加。これが吉と出るか凶と出るか。

試合立ち上がりは浦和が余裕をもって攻めていたのに、たった一度のゴール前FKにやられた。綺麗にバックヘッド決められて先制を許す。

ようこそ!

アル=カーディシーヤ スポーツクラブは皆様を歓迎いたします。

広報担当

という丁寧で正確な日本語フラッグが中継画像で抜かれた直後! 赤いカウンター炸裂! ボールをもらった細貝が前に向いた時点で右から長井、中央・エジミウソン、右・相馬が全力で駆け上がる。右の長井が受けて早いグランダークロスにエジミウソン! 

全員が意思統一された見事な1点だった。

後半9分のポンテのゴールは痛恨のオフサイド判定。最初パスを受けたエジミウソンオフサイドを取られた。

後半12分またしてもセットプレーにやられる。完全に逆を突かれたGK都筑。14番ベンアシュール(元チュニジア代表)は本当に怖い選手。こんな技巧派がクウェートに居たとは。

事件は後半37分、堀之内がゴールエリアぎりぎり手前で倒しPK判定、堀之内は2枚目イエローで退場、PKも決められ3-1。

残り時間3分。このままではキツいレッズ

しかし、上がった闘莉王の右サイドでの粘りからエジミウソンの2点目!!

絶体絶命のピンチから大きな希望を繋ぐゴール。セットプレー他対策をしっかり立てて、来週の埼玉スタジアムで撃破して欲しい。浦和なら出来る

author:匠武士

*本家webタイで想う日々は毎日更新中です! 是非いらっしゃって下さい!

ガンバの華麗なサッカーが中東で炸裂!(ACL2008) 

|  ガンバの華麗なサッカーが中東で炸裂!(ACL2008) を含むブックマーク  ガンバの華麗なサッカーが中東で炸裂!(ACL2008) のブックマークコメント

AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦/シリア

アル・カラマ 1 - 2 G大阪

得点:

7' アブドルダイム(カラマ)

70' 山口智G大阪

77' 山崎雅人G大阪

BS朝日にて早朝6時録画放送でチェック。シリアって日本から9000キロ! この距離ならいっそUCL参加!?

セットプレー、ゴール前の混戦から立ち上がり失点は実に勿体ない。1-0。

アルカラマは典型的な「ゴール前に人数をかけ堅守、そして速攻」のチーム。

中盤でのボール支配率、パス回しではガンバが圧倒するも最後のパスが。でもこのスタイルでファールを受けFKなど奪えれば一気に、とも想える。ルーカス、ロニーのトップに二川、遠藤、橋本、サイドから加地らが絡む攻撃は多彩。ただサッカーは"点を奪う"スポーツ、華麗さだけでは。

後半、試合が動く。

DFを削って播戸山崎を投入。そして遠藤のCKからDF山口のヘッド! ドンピシャ!!

さらに山崎が抜け出しGKとの1対1を冷静に決める!!

ガンバの華麗なサッカー中東で炸裂! シリアサポーターも納得?の敗戦だったろう。

ガンバは圧倒的に有利な状況で大阪決戦に挑む。

author:匠武士

*本家webタイで想う日々は毎日更新中です! 是非いらっしゃって下さい!

katsumarokatsumaro 2008/09/19 21:42  前回の五輪の記事に続き、今回もトラックバックしていただいてありがとうございます。2度にわたるトラックバックに返事もしないのは何とも素っ気無いので、コメントさせていただきます。
 おっしゃるように浦和の2点目は大きな1点でしたね。いくらアウェーゴールが採用されているとはいえ、2点差と1点差では全然違ってきますから。次節のホームでは運動量も上がって今回よりいいサッカーができると思うので、期待したいですね。とはいうものの、今季獲得した新戦力がいまだに噛み合わず(特に高原)、個の力頼みなところがいささか気になりますが。今のところ最もベスト4に近いガンバには、このまま逃げ切りに期待したいです。

taideomouhibitaideomouhibi 2008/09/21 12:10 katsumaroさま、コメントありがとうございます。ACLはタイに居ても楽しめる、大切な国際大会です。今年もJチームが優勝してくれることを望んでいます。それにしても小笠原が今季絶望の大けが……言葉も出ません

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taideomouhibi/20080918