Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2018-05-25

日大アメフト悪質タックル騒動

しばらくブログが書けなかった。

忙しくて個人のPCを起動するのがそもそも久しぶりである。

ともあれ、

もはやワイドショーの華となってしまった感のあるこの話題。

問題の試合は5月6日の関学との定期戦。

そのプレイは映像がネットで流れ、多くの人の目に触れる。

アメフトをしていた人もしてない人も、全く知らない人もあのプレイを見て違和感を感じたと思う。

悪質なタックルであるのは誰が見ても明らかである。

そして加害者は普段からこのような悪質なプレイをするようなプレイヤーであったか?というと全くそうではない。

関学側はこのプレイを悪質なプレイだと訴え、日大側に謝罪と真相の究明を求める会見をひらく。

しかし日大側はそれを無視。

加害者である選手および彼の父親は被害者にお詫びを申し入れようとするのも日大側はそれを遮ったらしい。

日大側の誠意のない態度により関学側は態度を硬化させる。

日大側はあくまで選手個人の責任に押し付け、大学側、指導者側には責任がないという態度を取り続け、関学及び世間(特にネット)の反感を買い続ける。

世間が騒ぐから関西まで謝罪に行ってやったという態度の内田前監督の態度と返答が多くの人間にとっては不遜な態度に映る。

お詫びする態度ではなく、詫びるべき大学の名前を3度も間違えるなどありえない失礼さ。

「責任は私にあるので監督は辞任します」と語ったがとても誠意のある言葉とは受け取れない態度であった。

個人的には数年前のスノーボードの日本代表選手の会見を思い出した。

「ちっ、うっせーな。反省してまーす

「俺が辞めるって行ってだからよお、もうガタガタ言うなよな。しつこいんだよ」というふうに聞こえたと思う。

加害者である日大の選手及び父親は日大側の態度に不信感を持ち、弁護士に相談、そして選手個人記者会見をひらくという前代未聞の事になった。

この会見は大きなターニングポイントとされている。

なぜなら実行した加害者の日大の選手というのは本来日大側の人間であり、このような事案がでた場合には本来大学側が学生に変わって何らかの謝罪などを行うのが普通である。

それが成人男性とは言え、まだ二十歳の青年にすべての責任を押し付けた形であり、彼の記者会見を見て多くに人が彼に同情した。

彼の言葉には内田前監督を始めとする日大側の人間たちのような裏がないように感じた。

支持があったかどうかという点に関しても淀みなく、具体的な言葉であった。

もともと加害者である選手をかばう声はネットでも多かった。

あんなプレイをする人間じゃないという声が多かった。

そもそも関学側もそのあたりはわかっていたのではないかと思う。

内田前監督を始めとする日大側が組織的に悪質タックルをやらせていたと確信していると。

あの会見は素晴らしく、完全に世論は加害者選手の味方になり、悪いのはああいうプレイをさせた内田前監督だという流れが決定的になった。

すでに手遅れであるが、その状況でも素直に謝らないのが彼ら日大である。

加害者選手の会見の翌日に内田前監督と共に実名を出された井上コーチが会見をひらく。

そこで加害者選手の会見を受けての弁明となったが、悪質タックルの指示を認めず、あくまで選手個人が勝手に判断してやったことだという主張であった。

言葉の上では相手QBを潰せといったが、それは気迫のあるプレイを白という意味で具体的に怪我をさせろとは言っていないという主張であった。

文春砲が炸裂。

内田氏の悪質タックルがあった後の肉声テープが公開され、その内容が記事となっている。

そこには自ら指示して加害者選手に相手QBを壊せと指示したと言っている。

そして内田がやれと言ったと書いても構わんとまで言っている。

今更、私はそんなつもりで言ったのではないとか、なんとケツの穴が小さい男であるかと思う。

もうひとりの人物、井上コーチは別の意味ですでに有名人となってしまっている。過去にはゲイビデオにでていたとか、もはやアメフト界で生きていくというのも厳しいだろうが、それ以上に社会的な制裁を受けてしまっているような気がする。

内田氏に関しては以前から学内での実力者でやりたい放題という状態。彼に物が言える人間は理事長しかいないが、その理事長が内田を可愛がっているらしい。

その理事長も非常に黒い噂の絶えない人間。

理事長ともどもやめてもらうか、潰れたほうがいいと思う。

こんな人間を上に据えたままの大学なんて教育機関ではない。

少なくとも心ある日大の教職員は彼らを追放し、新たな一歩を踏み出さないと日大に未来はないと思う。

あ、もうひとりスターが誕生していた。もちろんヒールである。

日大側の記者会見で司会を努めた日大広報部の米倉久邦氏。共同通信の元記者らしいが、彼もかなりイカれた人だと思う。

自浄能力は全く無いのであとは警察、公権力によって彼らをさばいてもらいたい。

2018-05-20

日大アメフト悪質タックル

世間で長らく騒がせている話題。

世界中から見ればちっぽけな話題だが、内田正人日大アメフト監督が辞任で終わりというような問題で終わらせてはならないと思う。

多くの日本人と同じくアメフトに対して造詣があるわけではないが、危険なスポーツであり、選手たちを守るために厳しいルールが有るというのはわかる。

そして今回のタックルについては誰が見ても故意であり、悪質である。

プレイ自体が悪質であるのは見ればわかるが、それ以上に悪質で問題とされているのが、この悪質なプレイが選手個人の判断でやっているのではなく、監督、コーチの指示によるものであるという点。

もちろん日大側は認めていないが、どう見ても個人が勝手にやってしまうレベルのものではなく、支持があったものと思われる点。

何よりもあれだけの反則を犯しながらもその選手を叱責することも下げることもなく、立て続けに反則をしていること。

「ワンプレー目で相手QBを潰せ」という」指示があったというのがネットを始めとしていわれているが、

それを裏付けるような動画もたくさん出ている。

これはスポーツではない。スポーツによる事故では断じてない。

傷害である。傷害教唆

それ以上に重い共謀共同正犯か。

いずれにしても「すみませんでした」で済ませるようなことではない。

日大という日本で一番大きな学校法人のNo.2らしい。

そもそもこの人物がNo.2なら日大という組織は根っこから腐っているんだろうなと思う。

我々のようなちっぽけな人間が言っても仕方がないことかも知れないが、断じて許してはならないと思う。

アメフトの感得を辞任しても大学の理事は勤めるつもりらしい。

いや、犯罪者には刑務所がお似合いだと思うのだが。

とにかくこの人物がツッコミどころが多すぎて、どうすることも出来ない。

大学のトップである理事長もかなりアレな人らしいが、No.2もこんな人間ではこの大学は腐りきっていると思う。

大学として必要ないし、この程度のことをきちんと処理できない人が将来のある若者を教育するなんておかしすぎる。


PS

トップの田中英壽理事長というのも凄まじい顔つきとその交友関係。

いや、日本という国自体が腐っているんだろうかね。

品性知性の欠片も感じられないタイプ。

こういう押しの強い人物でないと巨大組織のトップになれないのかも知れないが、少なくとも大学という教育機関のトップのタイプではないと強く感じるのである。

2018-05-16

Universal Windows Platform

セキュリティのため、という大義名分があるとは言え、やりたい放題な感じのMicrosoft

OSで稼ぎにくい時代なので、AppleGoogleのようにソフトウェアを配布するプラットフォームの育成に力を入れている。

Windows8からOSに組み込んで強引に使わせようと画策している。

一方私のような普通のユーザーにとってはプラットフォームなんてどうでもよく、今までどおりちゃんと動いてくれれば良い。

勝手に改変して、今後はそのアプリはサポートしないから使わないでというやり方には本当にうんざりしている。

セキュリティのためという大義名分があるにしても。

むしろセキュリティの〜と騒ぎ立てているのはMicrosoftを始めとするPC業界。

勘弁してほしい。

Windowsを使う理由のひとつとしてOfficeが使いたい。

特にOfficeの中核たるExcelを使いたいと言うのが大きな理由だと思う。

もちろんWordがないと困る人もいるし、プレゼン命の人にはPowerPointだろう。

いずれにしても仕事で使うPCにとってOfficeは必須のソフトで話せないものだと思う。

しかし一方でその機能をトコトン使い切っている人はほぼいない。

使う必要もないというのがほとんど。

便利なマクロ関数を利用するためには必要なんだろうが、個人で利用するにはオーバースペック

ともあれ、仕方がない。

安くもないOfficeを1年1万円以上のサブスクリプション、もしくは3万円位するパッケージを買わないと使えない。もしくはプリインストール

パッケージやプリインストールと行っても昔のようにCD-ROMDVD-ROMが付属しているわけでもなく、Microsoftアカウントの取得が必須であり、Microsoftアカウントを強引に作らせているという気もしなくもない。

勝手にインターネットダウンロードしてきたものやメディアで配布しているソフトウェアなんてものは信頼できないのでMicrosoftの公式のプラットフォームで安全に使ってくれということらしい。

UWPってものもあまり信用していない。

Officeも機能は便利だが、そもそも最近はフリーズだのアイコンが真っ白になってしまったとか、関連付けできなくなったとかわけのわからないことばかりである。

更にはサポートの電話も繋がりにくいと言うか、そもそも電話サポートもなくしてしまおうという腹づもりのようでもある。

Microsoft Office にストアアプリ版があった

ユニバーサル Windows プラットフォームの紹介 - UWP app developer | Microsoft Docs

いずれはすべてのアプリはこのプラットフォームで提供し、それ以外のものは使えなくしてしまうつもりなんだろうか。

いつもながら強引だと思う。

ゲームソフトなんてものはどうなるのだろう。

個人的にはOfficeの動向よりもそちらのほうが気になる。

Steamなどのプラットフォームとの関係はどうなるんだろうなあ。

2018-05-14

ノーベル平和賞

ノーベル賞科学者に送られる栄誉ある賞というイメージが強い。

しかし文学賞経済賞もあり、何も理系の人間だけが受ける賞というわけでもない。

なによりも科学者でも研究者でもない人が受ける賞として平和賞があるが、何をもって平和に貢献したという判定をしているのだろうかといつも疑問に思う。

政治色が強く、疑問である。

今話題になっている、米朝会談が順調に終わると世界的に平和に貢献したということでその候補になるとかならないとか。

いや、おかしいだろう。

他国の何の罪もない人を拉致し、洗脳してスパイとして利用する、そういうことをしてきている国である。

つい最近まではそのアメリカに対して「血の雨が降る」とか散々煽っていた張本人である。

兄を暗殺した人物である。

粛清の名のもとに自分を批判する人間たちを処刑してきた独裁者である。

そしてその権力基盤は金王朝と言われる世襲である。

そもそも金王朝自体も正当性もなにもない。

そんな国の長と大国アメリカ大統領会談するというのは画期的なことだが、名誉欲で浮かれているトランプ大統領だが、うまく出し抜かれたりはしないかどうか。

何よりも米朝会談で主役は彼らの舞台になった。

日本は完全な脇役である。本来はもっと声を上げるべきときなのに、政治は停滞。

相変わらず家計問題で空転したまま。

もちろん安倍政権自体にも問題はあるのだが、世界に目を向けると日本のなんと国際感覚の欠落していることか。

TV番組でも世界に目を向けるわけでもなく、元ジャニーズの山口の話題に多くの時間を割いている。

誰も見たいわけでもないのに余計なことである。

いずれにしてもノーベル平和賞なんて今ひとつ意味がわからない。

そんなものと引き換えに安易に北朝鮮を許すべきことではない。

一番おかしいのは韓国であるが。

大韓航空機爆破事故で亡くなった遺族たちは今の北朝鮮との関係に邪魔になるからとかなり疎んじられているらしい。

悲しいことである。

2018-05-13

Windows10 1803 WindowsUpdateという避けられないマルウェアwww

半年に一度の大型アップデートで大変なことが毎度のことながら。

もちろん全部のPCでなっているわけではないと思うが、かなりの割合で起きているのだろう。

TPMファームウェアアップデートを促されたり、前回のアップデートでは強制的に暗号化されたりとかもあり、その状況でTPMアップデートを促されて失敗したら・・・。

あー怖い怖い。

ブルースクリーンをはいたり、OS起動不可になったり。

Chromeが起動できないなども。

SSDクラッシュなどの報告もあるようで、もう笑うに笑えない状況。

「今回のWindowsUpdateSSDが壊れたんだって?かわいそうに」なんて状況が許されるはずがない。

Windows 10 April Update 2018適用後、Intel製SSDシステムがクラッシュする問題が発生中 - PC Watch

100%Microsoftのせいとは言わないまでも余計なアップデートで起きていることは間違いない。

こんなに大型のアップデートをする必要があるんだろうか。

スマートじゃない。


【Win10】 Windows10 v1803 April 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧 : ニッチなPCゲーマーの環境構築