Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2017-08-04

キーボードの文字印刷

私はデスクトップ・パソコンが好きである。

しかし今やノートパソコンばかりでデスクトップパソコンはゲームをやるなど趣味の世界。

贅沢品なのかもしれない。

使っているとキートップの印字がとれるが、そうなる前にキーボードを買い替えたりするので、あまり不満はないし、そもそも仕事で使っているパソコンでもないので、文字入力もそれほど多くない。

キーボードの文字の印刷はシルク印刷。

安物はシルク印刷ではなく、コーティングに印刷をしているだけであり、すぐに剥げるようである。

まあシルク印刷プラスコーティングというのが多いと思うが、これも打鍵回数で摩耗し、文字が剥げてしまう。

少し高価なキーボードに多いのはレーザー印刷らしい。

まあ、焼付なので正確には印刷ではないのでハゲることはないらしい。

それでも絶対に消えないとはいえないけれど。

しかしながらレーザー印刷にも弱点がある。

焼付なので黒色に印字しか出来ないこと。

なので黒いキートップにはレーザー印刷できない。(してもほぼ見えないので意味がない)

なので黒いキートップには従来のシルク印刷とコーティングである。

ノートパソコンではキートップが剥げたからと言ってすぐにキーボードを交換というのは難しい。

修理に出して交換する必要がある。

それにそうなると値段も高い。

絶対に文字が消えたり読みにくくなることがないキートップがある。

それはイルミネーションタイプのもの。

実際私も使っているが、厨二病まるだしの感じはしないでもないが、キレイだし、キートップを光らせなくてもキー自体が印刷ではなく2色成形なので消えるはずがない。

イルミネーションキーボードを備えたノートパソコンというのもあると思うが、一部に限られるだろう。

Macとか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tails_of_devil/20170804/1501857793