Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2018-06-13

米朝会談

いろいろな見方をする人が大勢。

私は専門家でもないので、週刊誌やテレビ、ネットでの情報をもとに思ったこと。

具体的な話はまったくなく、大統領が目立ちたいだけの会談になったような気がする。

北朝鮮はうまく立ち回ったという人もいるが、金王朝も末期でもう最後の悪あがきだと言う人もいる。

これに対して、今回の共同声明を評価し、政治家はこうあるべきと橋下徹氏は言っているようだ。

トランプのおっちゃんは知っている! 局面を動かす時こそ政治家・トップの出番だ

今回の米朝会談で日本のことは何も語られておらず、拉致問題のことは一言すら触れられていない模様。

それを非常に残念という人もいるが、考えれば、アメリカ・ファースト標榜するトランプ大統領は時刻の利益にならないことは後回し、自国の利益になるためであれば、同盟国が不利になろうが全く構わないという感じ。

最終的に拉致問題解決は日本と北朝鮮との直接の交渉しかない。

北朝鮮にしてみれば、北朝鮮経済発展のために日本と韓国がお金の協力をするとアメリカが言ったということを盾にまずは金を出せと言ってくるだろうことはわかりきっている。

日本に向けてミサイルを構えている国に対して経済援助など馬鹿げていると思うのだが、不思議とこの国には彼の国を怒らせて暴走させるよりは、多少はお金を包んで渡しておけばことは穏便に済むと考える文化人もいるようで、どう考えても日本の国益にプラスになったような米朝会談ではなかったと思う。