Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2012-05-22

ブラウザ戦争、Chromeが首位に?

なったらしい。まあ勢いに違いがあるのでいずれは首位の座を明け渡すと思っていたが、本当にすんなりIEは首位から転落。

しかしFirefoxではなくChromeとはやはりGoogleがすごいということか。

個人的にはChromeはもうかなり長くメインのブラウザとして使用している。

おかげでIEがよくわからないようになってしまった。とはいえ、仕事柄IEも使うことがある。それほど悪いブラウザではないはず。そして高速ブラウザであるChromeもそれほど高速ではない。最近は結構重いような気がする。

クラッシュしたりしないのが一番いいのだが…。

「Google Chrome」ウェブブラウザシェアでIEを抜いて1位に

2011-03-27

IE9、Firefox、Chrome ブラウザの戦い

IE9の製品版は日本では延期になった。震災の影響を考えてのことらしい。今更IEという感じで覚めた目で観ている。

そういや先日IEのシェアがついにFirefoxに抜かれたとかいう記事を見た。日本ではなくヨーロッパでのこと。

no title

以前からヨーロッパではIEに対する見方が批判的。独占禁止法に抵触するということでOSから切り離すように勧告されたのもヨーロッパ市場だったと思う。

というわけで、以前からFirefoxのシェアは高かったのがヨーロッパであるが、それでもIEブラウザの1位だったということはやはりMicrosoftブランド力は凄いということか。

しかしこの記事にあるように、Firefoxがシェアを上げたというよりも新参者ChromeIEのシェアを食ったということが大きな理由らしい。

私は2年くらいはChromeを使っている。もはやIEなんて戻れないというのが本音。

以前はFirefoxも使っていた。その時もIEには戻れないと思っていた。とかいいつつSleipnirをその後しばらく使っていたけど、IEの描画エンジンを使っているとはいえ、使い勝手はずいぶんとよかった。Sleipnirを使っていた時もやっぱりIEには戻れないなと思っていた。

Operaを使っている物からするとそれが使いやすいという。やっぱりIEよりもいいので、IEには戻れないとかいう。

そう考えると日本におけるIEの地位はまだ凄いもんだ。特にIE6が未だに10%位いるというのも先進国では日本だけみたいだし。

記事によると新しいFirefox4は速度もChrome並かそれ以上らしい。使ってみようかとも思うが、やっぱりChromeでいいかとも思う。起動が速いし。

IE9の製品評価版を入れて使ってみたが、すぐに削除し、IE8に戻した。IEが必要な場面も多分?あるかも。IE9は速いと言われているが、そうは感じなかった。製品版ではないので平等な評価とは言えないが、製品評価版だしおそらく製品版もそれほど速くないのでは?と思ってしまう。何よりも起動に時間がかかった。IEは何をもって速いと言っているんだろうか?

お気に入りの位置が左だったのがIE時代の基本。しかしIE9では右側になる。これはやっぱりChromeを意識してのこと?

2011-02-19

IE9はいかがなものか

IE9製品候補版というのが出たらしい。

no title

no title

まだ製品候補版ということで正式な製品ではないという位置づけ。

圧倒的な地位を築いていたIEもシェアはドンドン低下しているようである。IEもの低速ぶりはヘビーユーザーには耐え難いようで使い込んでいる人ほどデフォルトブラウザとしては使用していない。

IE6は多くの人に使ってもらい、なおかつ未だに使っている人も多いようである。特に会社のPCなどで会社のシステムとの整合性からIE6でないとまずいという人も多いようである。かく言う私の務める会社のPCも正式にはIE6しか対応していないようであるが、何故か配布PCにはIE8になっている。そして会社のツールを使うとエラーで、IE6を使えと言ってくれるが、権限がないから入れられない。結局のところFirefoxIEプラグインを入れて動かしている。

IE7はVistaで搭載。Vistaそのものの評判も悪かったが、IE7の出来の悪さもそれに拍車をかけたのではないか。IE7は早々にIE8へと移行していく。

現在最も使われているブラウザIE8Microsoft製ということで当然放っておいても使われるブラウザである。Windows7ではデフォルトブラウザだし。で、このブラウザの評判はIE7ほどは悪くはないが、他の非Microsoftブラウザと比べると評価が低いようである。いろんな機能を持っているようだが、私も殆ど使ってないのでよくわからない。

IE6の頃からDonuts R→FirefoxSleipnirと使ってきて、今はChoromeである。DonutsやSleipnirIEのエンジンなので速くはない。Firefoxも速いと感じたことはあまり無かったが、IE6の頃ではタブブラウザとして使いやすかった。安定感も高いし。残念ながら今は使っていないが、多くの人が離れられないブラウザのようである。人気の秘密はプラグインの豊富さではないだろうか。たくさんのプラグインで便利に使っているらしい。ただ、その分非常に重くなっているらしいが。

Chromeも当初はあまりプラグインがなかったが、今は大分使えるものが増えてきたようだ。便利な機能である。Chromeの高速性は本当に一度使うと戻れないような気がする。安定感も高いし、修正も頻繁だ。

Netscapeからブラウザの主役を奪って長い間あぐらを書いていたIEも最近は非常に焦っていると思う。しかし新しいブラウザがナカナカ出ない。IE9のほうも噂の段階からベータ版そして現在にいたるまで時間がかかりすぎているような気がする。かなりの速度らしいが、正式版が出るまでは入れようとはあまり思わないなあ。それに便利なプラグインが出揃ってからというのもあるし。

なによりもMicrosoft謹製であるにもかかわらず、旧IEとの互換性の低さから敬遠される可能性もあるしね。