Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2018-09-11

台風の後の道路事情

今年は台風の当たり年なんだろうか、すでに3度大型台風によって通勤などに支障があった。

特に台風21号は強かった。

大阪の信号などは軒並み方向がおかしくなってしまっている。

あまりにひどい、例えば45度から90度くらい振れてしまっているところは早急に直しているようだが、2〜30度くらいの振れでは放置されている。

台風21号が直撃して1週間になるが、まだそのあたりは放置したまま。

昨日は集中豪雨で大和川付近がものすごい渋滞をしていた。

週末も台風が来るとか来ないとか。

もういい加減にしてほしいと思う。

2018-01-28

詐欺?犯罪を許すな

はれのひ社長の記者会見もかなり胡散臭い。

逃げていないだの、ギリギリまで交渉していただのただの言い訳。

結果として多くの人に迷惑をかけた。

金はないから払えませんという口実だろうが、マスコミは芸能人の不倫とかそういうくだらんことよりも計画的な詐欺、犯罪の匂いのするこういう連中をトコトン追い詰めて欲しいと思う。

叩き上げ人物らしいが、やったことはとんでもないこと。

図太さもおそらく相当なもので面の皮も分厚いだろうが、許してはいけない。

コインチェックについても同様。

自己資本で返済するとか言っているが、相場が下がって出金もできず、返済する時期も方法も明かされていない。

自分たちの都合の良いタイミングで返金してもそれは違うだろうと思うが。

そもそも盗まれた被害者という立場を装っているようにも見える。

犯人の特定がある程度できているとか、実は自作自演とか色んな情報が錯綜している。

あれだけ巨額なのに、割りと平然としている27歳の代表取締役と37歳のCOOも我々の感覚からはかけ離れた人たちとしか映らない。

興味が無いため、仕組みについてはよくわからない。

ただ、その中で仮想通貨通貨という名前はあるけれど、現実は、通貨のように価値のある者との交換に利用できる可能性があるというだけで、デパートやコンビニ仮想通貨で支払いは殆どできない。

仮想通貨がもてはやされているのは、その値動きが激しく、上昇圧力が高いので更に買いが殺到している状態、いわゆるバブルだと思っている。

資産仮想通貨に交換した人もいるらしいけど、そこまで行くともはや信者。

信じるものは救われる。

いや、信じるものは足元をすくわれる。

2018-01-02

紅白歌合戦、レコード大賞

昨年末の紅白歌合戦の視聴率が過去ワースト3だとか。

どれくらいなのかと思えば39.4%もある。

全然低視聴率ではないが、過去50%超えの視聴率が当たり前の番組だっただけにこの数字ではダメらしい。

1年の締めを家族揃って炬燵でみかんを食べながらあるいは、年越しそばをすすりながらテレビを見るというのがどこの家庭でも見られる状態だったと思われるが、今はそうではない。

にもかかわらず、ものすごいお金を使って、過去の栄光を追い求めているのだろうか、あらゆる世代に見てもらおうという工夫が悪い方向にばかり進んでいるようなきがする。

ポップス部門と演歌部門に分けてみたり、わけの分からない企画が多かったり、他のライブ会場からの中継をしたりとか。

作っている方は努力していることをアピールしているのかもしれないが、強引な詰め込みすぎで、進行にも無理がある。

誰に見てほしいのかをはっきりさせないとますます酷い番組になりそうである。

それでもこれだけに数字があるというのは惰性で見ているだけだと思うが、どうなのだろう。

年々くだらない紅白歌合戦になっているように思う。

紅白歌合戦よりも酷いのはレコード大賞である。

私が子供の時代にはレコード大賞というのはそれは権威のある賞であったように思う。

レコード大賞歌手というだけで箔がつくし、歌唱力もあり、歌の実猟を認められたという証でもあった(はずである)

それがいつからか酷くなった。

もうレコード大賞なんて番組は全く見てもいないし、誰がとっているのか自体知らない。興味もない。

そういう人ばかりだと思う。

もうやめてしまえばいいのにいつまでやっているんだろう。

レコード大賞は古賀政男、服部良一といった日本の歌謡界の大御所がアメリカのグラミー賞に続けとばかりに私財をなげうってでも成功させるという気迫でつくられたらしい。

その頃のレコード大賞は賞自体が知名度もなかったらしいが、私が子供の頃は年末の話題を独占するほどであった。

芸能界や歌手に全く興味のなかった私ですらそういう話題に全く見向きもしないというわけにもいかず、それだけ大きな賞であった。

年末は「輝く日本レコード大賞」という番組から「紅白歌合戦」というのがどこの家庭でも定番だった。

子供時代の思い出では尾崎紀世彦、ちあきなおみ、五木ひろし、森進一、布施明、都はるみなど大物歌手が受賞し、歌唱力、実力を兼ね備えた歌手が取るものと言うイメージであった。

ピンクレディーがとったときも驚いたが、今の状況から見れば可愛いものである。

他に取らせる人間がいないのかと思うくらい、同じ人間ばかり。

浜崎あゆみが3年連続のあと、EXILE、AKBの繰り返し。

AKBはもはや歌も歌っていないパクパク。歌唱力って何?

過去に大賞を受賞した大物歌手にとって今の状況はひどいと思っているのではないだろうか。

レコード大賞歌手というのが一つの看板だったのに、今やなんの意味もない賞である。

紅白歌合戦とともにやめてしまえばいいのに。

2017-11-17

電車内でのこと

スマートフォンは便利な道具である。

歴史は浅いがもはや現代人の必需品である。

仕事帰りの電車でそれを痛感した。

ベンチシートは7人掛けくらいだが、そこに吸わているのは5人か6人ほど。

そして皆下を向いてスマホを触っている。

別に珍しくもないが、私の載っている車内を見渡すとどのベンチシートでもすべての人がスマートフォンを触っている。

なんということだ。

以前もそういうことを感じたことがあった。

携帯をいじっている人間の多かったこと。

しかしそれでも6人いたら3人ほど。他の3人は本を読んでいたり、ぼうっとしていたり、居眠りしていたり。

ガラケーの時代とは違う。

それにしても全員が皆、下を向いてスマホを一心不乱に操作しているのを見るとなんともなあと思ってしまう。

思わず、このシーンを忘れないようにメモをしておこうと思った。

そして私もスマホを取り出した。

2017-05-19

北朝鮮

ミサイルを発射した北朝鮮。

こっちを向いて相手して欲しいんだろうけど、この平和ボケした日本ではもはやニュースの価値としてもそれほどないのか、誰も話題にしなくなった。

恐ろしいことである。

しかし、かの国は一体何を考えているのだろう。

不思議で仕方がない。

あんな若造が国を牛耳っている?

誰か黒幕がいるのでは?

以前から金王朝に関しては疑問符がいくつもつく。

いつも関係者は金王朝の指導者に対して「頭脳は明晰」という分析をしているが、どうも見た目で判断してしまう私には「頭脳明晰」には見えない。

今の金正恩も暗殺された金正男も、また父親の金正日もである。

庶民の暮らし向きは良くないと以前から言われ続けている北朝鮮。

ミサイル実験と食糧問題。

どう考えてもまともな国家ではない。

なによりも西側で流れている報道が事実ならなぜ暴動が怒らないのか不思議でもある。

恐怖政治のやり方が巧妙だとか色々言われているが、中枢にいる特権階級の人たちにとっては居心地のいい国なんだろうか。