Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2018-06-25

日本vsセネガル

昨夜、というか本日の朝の試合。

大一番である。

コロンビアに勝つということで決勝トーナメントに進出するまたとないチャンスである。

そしてアフリカの強豪セネガル

マネというプレミアリーグFW、スターもおり、またディフェンスはみんな屈強。

何よりもセリエAでも屈指のセンターバックの呼び声が高いクリバリ。

195センチの身長なのにものすごいスピード。

もちろん筋骨隆々の体躯であたりはかなり強いらしい。

よくもまあ、こんなチームと戦って互角、いや互角以上に戦ってきたものだと思う。

川島がポカをしなければ、大迫が足に当てていれば、乾のシュートがバーを叩かなければなど、タラレバを言えばきりがないが、それくらい勝ってもおかしくない試合であった。

開始早々はペース配分を無視したかのようなセネガルの怒涛の攻め。

本当の恐ろしく、川島がやらかしたときには正直言って、何店取られるんだろうという気もしていた。

しかし、経験というものがこのチームにはあったのだろうと思う。

焦らずしっかりと立て直し、自然と日本のペースになる。

長友が頑張って乾が決めた同点弾。

乾の好調さが出ていた素晴らしいシュートであった。

海外からはシュートと言うよりもゴールにパスをするような丁寧なシュートとの評価も。

その後はずっと日本のペースだったのだが、何度か訪れる決定機を決めきれず、嫌な感じがしていた。

案の定、決定機を外したあとはセネガルに決められ、1点を追う展開。

残り時間は20分もない。

しかし慌てふためかず、香川に替えて本田投入。

更に原口に替えて岡崎投入。

その6分後に本田の劇的な同点ゴール。

持っている男だと思う。

3大会連続ゴール。

アジア人通算4得点はいずれも最高の記録。

そもそも3大会に渡ってゴール、アシストを決めた人間は世界広しといえどもまだ6人しかいないらしい。

すごいことである。

その後も引き分けをよしとするのではなくあくまで果敢に攻め続ける日本。

セネガルは前半の飛ばし過ぎというのがあったのか明らかに運動量が落ちていた。

決めきれなかったのもやはり日本らしいが。

その中でフレッシュな人間として3人目の交代は宇佐美。

しかし彼は走らない。

実況の北澤氏が少し切れていたが、わかるような気がする。

みんな疲れていっぱいいっぱいのときにはフレッシュな人間が頑張る必要がある。

そもそも残り時間を考えると目一杯動いても大丈夫なはずである。

残念なプレイヤーである。

グループリーグ最後はポーランド

買ってスッキリと決めてほしい。

コロンビアが勝ったので最終戦セネガルが負けると得失点差で日本が決勝トーナメントに進めない可能性もある。

引き分け以上でよいので有利だが、狙って引き分けに持ち込めるほど甘くはない。

勝つという強い気持ちでプレイをしてほしいと思う。

キーパーはハッキリ言って穴。

川島は酷すぎる。

世界中でお笑いになってしまっている。

初戦のセーブもそうだが、この試合でのパンチングなんてありえない。あんな低い珠をパンチングでどうしようと思っていたのだろうか。

そして原口も今ひとつだった。

まあ、彼は走るので日本のチームにとっては必要だと思うが。

途中出場でも走らない宇佐美は使い所がない。

守備力は全く期待できないし。

まあ乾も香川も守備力は期待できないが、まだひたむきに走っているという姿勢があるのだが。

2018-06-22

ワールドカップ2018

他に楽しみがないのか?と言われそうだが、それくらいワールドカップサッカーは普段サッカーを見ない人間にとっても十分楽しめるコンテンツである。

4年に1度の祭典で、国の威信を書けたものである。

それだけにスター選手がその実力を発揮することもあれば、新鋭が活躍し、新たなスター選手として頭角を表すというのもこのワールドカップならではである。

アルゼンチンクロアチアに破れた。

優勝候補の一角として見ていたが、初戦がやはり隠したと見られていたアイスランドに引き分け。

そしてこのクロアチア戦はこのグループ最大のライバル。

世界最高のプレイヤーであるメッシを中心に攻めるが、攻めきれず、前半終了。

後半、キーパーのクリアミスから失点。

2点目はレアルの司令塔であるモドリッチにミドルを決められ、ほぼ勝敗は決する。

ロスタイムにもゴールを割られてしまい、なんと3-0。

まだグループステージ敗退ではない。

ナイジェリア戦に勝てば勝ち点4だが、得失点差もあるので苦しくなったのは間違いない。



先程、ブラジルvsコスタリカの試合が終わった。

堅守5バック+守護神ナバスのコスタリカがよく守った。

よく守ったが、ロスタイムについに力尽きた。そういう試合。

しかし、この試合でネイマールの動きが悪いと思っていたが、試合途中に彼のストッキングを見るとぼろぼろである。

やはり初戦でもファイルをたくさん受けたが、この試合でもネイマールに対するマークはきつかった。

ミスも多かったと思っていたが、かなり削られていたのだろうとも思う。

一旦PKの宣告を受けたがVARで覆った。

確かに少しオーバーアクションだが、手がかかっていたことは間違いない。

判断は審判が行うことだが、審判とネイマールの相性は良くなかったように思う。

そのうっぷんを晴らすかのような2点目を決めたのがネイマールだった。


さて、アルゼンチントーナメントの行方だが、このあとのアイスランドvsナイジェリア戦にもかかっている。

アイスランドの最終戦は決勝トーナメントを決めているクロアチア戦。

アルゼンチンとしては次のナイジェリア戦は勝つしかないが、アイスランドが引き分けてもグループリーグは敗退してしまう。

アイスランドナイジェリアが勝ち、アイスランドクロアチアに負け、アルゼンチンナイジェリアに勝たないと行けない。

まだわからないが。

2018-06-16

スペインvsポルトガル

グループリーグ屈指の好カード。

無敵艦隊スペインとスーパースター、クリロナを擁するポルトガル。

昨晩は眠くて見ることが出来なかったが、録画していたのを見た。

今日は休みだったので、ネットでニュースなどを見ずに録画を見た。

なんとクリロナがハットトリック。

3-3という最もおもしろサッカーのスコア。

FIFAランキングこそポルトガルが上回っているが、実際はスペインのほうが自力が上戸多くの人が見ているし、個人的にもそう思っている。

試合を見てもそう思うが、スペインは最近監督が変わったばかり。

こういう内紛があるとろくな事がない。

グループから言ってスペインがグループリーグ敗退というのは考えにくいが、優勝するだけの力があるかどうかは微妙。

一方ポルトガルもスーパースター、クリスチアーノ・ロナウドにとっては悲願の優勝を目指したいところだが、ちょっと難しいのではないかと思う。

ドイツ、ブラジル、フランス、アルゼンチンが優勝候補。

スペイン、クロアチアコロンビア、ポルトガルがそれに続くという感じ。

PS

アルゼンチンも優勝候補と書いていたが、アイスランドに引き分け。

やはり初戦は難しいということか。

日本はアイスランドのようなチームを目指すべき。

全員で守る意識を高めてほしい。

エース、メッシに仕事をさせず、よく研究していると思う。

そして90分間、辛抱に辛抱。緊張感を持続したのは大したものだと思う。

弱者には弱者の戦いがあると思う。

2018-06-14

ワールドカップ

ボロボロ評価の日本代表だが、いよいよワールドカップが始まる。

西野ジャパンで1勝も出来ずに本番に入り、本番でも格上との戦いで勝つことは至難。

となるとワールドカップを全敗で終わってしまうと、西のジャパンは1勝も出来ずに解散ということにもなりかねない。

そこはパラグアイ戦で勝ったことにより、なんとかなった。

日本代表復活なんて脳天気に煽っているところもあるが、パラグアイは弱かった。

本番はこんなに簡単に勝てない。

むしろ出来の悪かったパラグアイ相手に2点も取られたことのほうが心配。

そして決定機はいくつもあったがことごとく外してしまったことも大きな課題。

格上との戦いばかりのワールドカップでビッグチャンスが何度も訪れるということはない。

数少ないチャンスをあんなに簡単に外しまくっていたら勝てるわけがない。

改めて今の状況を見るといろいろなところで言われている通り、初戦がいかに大事かがわかる。

コロンビアはこのグループで最強。しかし初戦。強いチームがかならず勝つというほど単純でもないのがサッカーというスポーツ。

そのためにはしっかり準備して、ベストなコンディションと戦略で戦う必要がある。

初戦を落とせば、2戦目、3戦目も苦しい。

どのチームも日本との戦いは勝ちに来る。他のチームにしてみれば勝ち点3を挙げられないと取りこぼしという印象になると思う。

3強1弱という構図はどう考えても変わらない。

だからこそ初戦は負けずに終えることができればということになる。

3戦とも引き分けるというのも非常に難しいが、3試合引き分けだとまずグループリーグは敗退する。

一つは勝たなければ絶対に決勝トーナメントに進めない。

セネガルにもポーランドにも確率は低いが勝利の見込みがゼロではない。

しっかり守り、日本と引き分けることが負けに等しいと感じるように焦りを引き出せれば、面白い試合になる。

見ていてつまらない試合で評価されないかもしれないが、サッカーで勝つ、勝負で勝つというのは案外つまらない試合なのかもしれない。

派手なゴールシーンも華麗なプレーもいらない。

90分間ゴールを相手にゴールを決められなければ良い。(それが難しいのだが)

本番を前に監督交代を嘆いていても仕方がない。

しかしそれ以上に直前になって監督交代劇があった。

なんと強豪国、優勝候補の一つにも数えられているスペインである。

監督交代があったチームはたいていうまくいかない。

スペインも優勝した頃からかなり研究され、今やパスサッカーは時代遅れとも言われている。

今回はどのようになるのか。

優勝候補は前回の覇者ドイツを筆頭にブラジル、フランス、アルゼンチン、スペインといった強豪国ばかり。

やはりなかなか頂点に立つというのは難しいのだろうと思う。

常に優勝に絡んでくるドイツやブラジルはいつでも強い。

本当に強い国。

2018-05-31

ロシアワールドカップを前に

ワールドカップ開催の年に監督交代激というドタバタがあった。

こういうドタバタがあるとろくな事がない。

ましてやサッカー後進国の日本、万全な体制で望んでもグループリーグ突破が難しいレベルだが、こういう事があるともはや期待は全くできない。

チームとしてどういう方針で戦うのかが全く準備ができていないと思う。

そして選ばれた選手を見ると全く代わり映えがしない。

選んだ理由は実績だろうと思う。

西野監督の手腕がどうこういうつもりはない。

こんな短い期間で何も出来ないというのが本当のところだと思う。

以前オシムから突如岡田監督に変わったときでももう少し時間はあった。

ワールドカップで結果を出すまでは岡田監督も散々に叩かれたものである。

それでも岡田監督にはまだ多少のチームとしてのまとめる時間があった。

今回はあまりに時間がなさすぎる。

そして選手。

ビッグ3と言われる本田、香川岡崎

3人共代表になったが、彼らに頼るというか彼らに変わる人材がいないというのが情けない。

中盤もひどい。

いつまで長谷部を必要とするのか?

キャプテンとして、まとめ役として優れているだろうが、選手としてはすでにピークは過ぎているし、怪我もある。

パフォーマンスは明らかに落ちた。

山口も頼りないし、大島なんてなんで選ばれているのか全くわからない。

いつも責められる最終ラインだが、吉田と槙野。

両サイドには長友と酒井宏樹と酒井高徳。

このあたりも全く代わり映えしない。

吉田の実力派もわかりきっているし、槙野もそうである。

屈強でスピードのある海外の攻撃陣を封じるというのは荷が重い。

期待されていた若手(と言っても日本チームで若手というだけで世界的に見ればもはや若くない)も多くが落選。

浅野や井手口は外れた。

ザックジャパンとそんなに変わっていない?という声も多いが、一応、大迫や宇佐美、原口などはザック・ジャパンにはいなかったので違いはあるといえるか?

いや、何も変わっていないな。むしろザックの頃より老化しているので質は明らかに落ちていると思う。

老化じゃなく、経験を積んだといえば聞こえはいいが、そういうレベルに達していないと思う。

ジタバタしても仕方がない。

頑張って欲しいが、期待は全くしていない。