Hatena::ブログ(Diary)

悪魔の尻尾

2018-07-25

FIFA18

ワールドカップの熱も冷めやらぬところで、サッカーゲームがしたくなった。

下手くそなのはわかっているが、どうしてもやりたくなって評判の良いFIFA18を購入。

Amazonで3000円ほど。

9月の半ばに新作のFIFA19が出るので、今更という気もするが、そんなことはどうでも良くて購入。

やっぱり私には難しいが、難易度を落とせば余裕で勝てる。

というかビギナーにまで落としてやると一体何点入るんだ!というくらい得点が入って、もはやサッカーの試合ではなくなるような感じ。

今の所私の腕ではアマチュアでちょうどよいくらいである。

まあ、下手くそなわけだ。

ともあれ、普通にサッカーの試合をするだけではなく、一人の有望な若手フットボーラーの人生をシミュレートする、Journeyというモード、いわゆるストーリーモード?があり、それがまた面白い。

上手い人はより楽しめるが、下手は下手なりに難易度を調整して楽しめる。

他にも面白いモードはいろいろありそうで、やり込むといくらでも時間がかかりそう。

ロシアワールドカップも収録されており、もちろん日本代表として試合を行った。

コロンビアには3-1で勝ち、セネガルには1-0で勝ったので早々にグループステージ突破である。

ちなみにポーランドも連勝で3戦目はどちらも首位で突破するかどうかの問題のみである。

残念ながら2戦目で決勝ゴールを叩き込んだのは大迫であるが、怪我で3週間アウト。

エースストライカーの離脱で決勝トーナメントはかなり痛い。

FIFA 18 - PS4

FIFA 18 - PS4

2018-07-16

ワールドカップ終幕

ワールドカップ ロシア2018が終わった。

結局地力で勝るフランスクロアチアを下したが、クロアチアは年齢層も高く、ここまで決勝トーナメントはすべて延長戦であり、また日程も中2日と不利だったことも。

序盤のPKクロアチアにはついていなかった。

MVPモドリッチ

素晴らしい選手なんだろうと思う。

スター選手はFWに集まる時代だが、モドリッチは昔ながらの10番である。

まさに司令塔であり、ゲームメイカー。

クロアチアの試合はあまり見ていないので評価しづらいところはあるが、質の高い選手を揃えたクロアチア黄金世代

年齢的にも次はなく、この大会に掛ける意気込みはものすごいものがあったと思う。

フランスはまだ若く、次の大会もかなり来されるだろう。

なんと言っても次世代のスターになろうとしているエムバペがすごい。

エースのグリーズマンや中盤のポグバ、カンテまだ若く、次の大会を狙える。

CBのバランやRSBのパバールなどもまだ若いのでこれからが楽しみなチーム。

印象に残った選手はベルギーエデン・アザール

足に吸い付くような素晴らしいドリブルをする。

小柄ながら体幹が強いのか簡単に止められない選手。

日本人が目指すアタッカーとはこういうタイプの選手ではないだろうか。

デ・ブルイネとルカクをあわせた3名は強烈な攻撃陣だった。

3人共最も油の乗った時期。

次の大会は経験は豊富になるだろうが、力が落ちている可能性もある。

キーパーのクルトワも固いという印象が強い。

大スターであるメッシクリロナも素晴らしいところを見せたが、どちらも決勝トーナメントは初戦で敗退。

一つの時代が終わったと言われているのもわかる。

ふたりとも30代であり、次回は微妙。

仮に出たとしても力が落ちているのは明らかになるだろう。

そう考えると、今回で代表を辞する可能性が高い。


大きな期待を背負っていたドイツには本当に失望した。

あれだけ強かったドイツがこうなってしまうのだから、フランスも4年後にまだ今の強さを維持できているのかどうかはわからない。

ただ、選手は若く、能力的に落ちるとは考えにくい。層も厚いし。

がっかりで言うとブラジルもがっかりである。

エースのネイマール一人の責任にしてしまうのは可愛そうだと思うが、今ひとつ輝けなかった。

アルゼンチンメッシ中心のチームから普通の代表チームになり、新旧交代が一気に加速するだろう。

ポルトガルクリロナが抜けたあとはどうなるのだろうか、ヨーロッパで一線級の力を維持するのは難しいのではないか。

相変わらずアジアはそれほど強くはないが、日本はそういうアジアサッカーに一つの希望となるような戦いをしたと思う。

結果は10人のコロンビアに対して勝っただけでたった1勝しかしていないが、ベルギー戦は本当に素晴らしかったし、グループステージセネガル戦も素晴らしい戦いだったと思う。

日本も新旧交代。どうなっていくのだろうか。

2018-06-29

日本vsポーランド戦

昨夜のゲームはもちろん見た。

おかげで今日は寝不足で眠い。

そういう人は多かったと思う。

しかし、寝ずに応援したファンを裏切るような試合だった。

他力本願な試合。

セネガルコロンビアに負けているので勝ち点では並び、得失点差も総得点も同じ。

日本は警告数がセネガルより下で全く同じならそのポイントで決まる、フェアプレイポイントで日本が上回っているので決勝トーナメントに進む。

同時に試合が行われており、リアルタイムでおそらく状況はそれぞれのベンチに伝えられていたと思う。

正直言ってポーランドは強くはなかった。

3チームと対戦してやはりコロンビアセネガルは強かったと思う。

コロンビアは実質10人の相手とずっと戦っていたわけだし、セネガルも序盤の猛攻は激しく、川島のミスもあって、よくぞ追いついてくれたと思う。

勝てる相手に勝ちに行かないゲーム。

メンバーも大幅に変えて、主力を休ませる。

それも戦略と言われればそうだが、つまらないゲームとなった。

俺の睡眠時間を返せと思った人は多かっただろうと思う。

私もだが。

一晩開けて、落ち着くと、まあこれもワールドサッカーの一部だと理解する。

決勝トーナメントに残ったのであれば、今度は無様な負けは許されない。

決勝トーナメントに出場する中では最弱と言われているが、ギャフンと言わせてほしいものである。

2018-06-25

日本vsセネガル

昨夜、というか本日の朝の試合。

大一番である。

コロンビアに勝つということで決勝トーナメントに進出するまたとないチャンスである。

そしてアフリカの強豪セネガル

マネというプレミアリーグのFW、スターもおり、またディフェンスはみんな屈強。

何よりもセリエAでも屈指のセンターバックの呼び声が高いクリバリ。

195センチの身長なのにものすごいスピード。

もちろん筋骨隆々の体躯であたりはかなり強いらしい。

よくもまあ、こんなチームと戦って互角、いや互角以上に戦ってきたものだと思う。

川島がポカをしなければ、大迫が足に当てていれば、乾のシュートがバーを叩かなければなど、タラレバを言えばきりがないが、それくらい勝ってもおかしくない試合であった。

開始早々はペース配分を無視したかのようなセネガルの怒涛の攻め。

本当の恐ろしく、川島がやらかしたときには正直言って、何店取られるんだろうという気もしていた。

しかし、経験というものがこのチームにはあったのだろうと思う。

焦らずしっかりと立て直し、自然と日本のペースになる。

長友が頑張って乾が決めた同点弾。

乾の好調さが出ていた素晴らしいシュートであった。

海外からはシュートと言うよりもゴールにパスをするような丁寧なシュートとの評価も。

その後はずっと日本のペースだったのだが、何度か訪れる決定機を決めきれず、嫌な感じがしていた。

案の定、決定機を外したあとはセネガルに決められ、1点を追う展開。

残り時間は20分もない。

しかし慌てふためかず、香川に替えて本田投入。

更に原口に替えて岡崎投入。

その6分後に本田の劇的な同点ゴール。

持っている男だと思う。

3大会連続ゴール。

アジア人で通算4得点はいずれも最高の記録。

そもそも3大会に渡ってゴール、アシストを決めた人間は世界広しといえどもまだ6人しかいないらしい。

すごいことである。

その後も引き分けをよしとするのではなくあくまで果敢に攻め続ける日本。

セネガルは前半の飛ばし過ぎというのがあったのか明らかに運動量が落ちていた。

決めきれなかったのもやはり日本らしいが。

その中でフレッシュな人間として3人目の交代は宇佐美。

しかし彼は走らない。

実況の北澤氏が少し切れていたが、わかるような気がする。

みんな疲れていっぱいいっぱいのときにはフレッシュな人間が頑張る必要がある。

そもそも残り時間を考えると目一杯動いても大丈夫なはずである。

残念なプレイヤーである。

グループリーグ最後はポーランド

買ってスッキリと決めてほしい。

コロンビアが勝ったので最終戦でセネガルが負けると得失点差で日本が決勝トーナメントに進めない可能性もある。

引き分け以上でよいので有利だが、狙って引き分けに持ち込めるほど甘くはない。

勝つという強い気持ちでプレイをしてほしいと思う。

キーパーはハッキリ言って穴。

川島は酷すぎる。

世界中でお笑いになってしまっている。

初戦のセーブもそうだが、この試合でのパンチングなんてありえない。あんな低い珠をパンチングでどうしようと思っていたのだろうか。

そして原口も今ひとつだった。

まあ、彼は走るので日本のチームにとっては必要だと思うが。

途中出場でも走らない宇佐美は使い所がない。

守備力は全く期待できないし。

まあ乾も香川も守備力は期待できないが、まだひたむきに走っているという姿勢があるのだが。

2018-06-20

ワールドカップ

見ていなかったコロンビア戦の前半、ダイジェストで見た。

なんと開始早々に退場した。

以前コロンビアでは予選敗退の戦犯としてオウンゴールを献上したディフェンダー、エスコバル。

エスコバルは帰国した空港でオウンゴールをありがとうと罵られ、銃殺されるという悲劇に見舞われた。

恐ろしい国である。

今回の戦犯はハンドでレッドカードとなったサンチェス。

すでにサンチェスの身柄を心配するツイートなどが多数挙げられている。

それともう一つ。

川島の失点シーン。

すでに何度も見ているし、この絵もいつまでも語り継がれるだろうと思う。

アジアカップでもゴールマウスの中でキャッチするというあるまじき失態を演じた川島。

今回もセーブする位置が悪すぎる。

決して強烈なシュートでもないと思うのだが、情けない。

すでに海外メディアでもかなり叩かれているようである。

帰宅が遅かったので後半の途中からしかライブでは見られなかった。

その後のセネガルvsポーランドは見た。

ポーランドのエース、レバンドフスキに全く仕事をさせなかった。

組織だった守備で中盤でのボール奪取も多く、今までのアフリカのチームとは違った強さを持っている用に感じた。

もちろんアフリカ人ならではの身体能力の高さもある。

スター選手のマネのスピードはもちろんだが、マネ以外の選手も足の速い選手が多い。

そしてディフェンダーはセリエAでも最強クラスと言われるクリバリ。

もはやバケモノクラスのディフェンダーだろう。

195の長身でありながら、スピードも武器としている。

もともとMFでもあるので足元のテクニックもあり、体格も巨漢出あたりも強い。

なにかチートなキャラクターである。

こんなチームが組織だってプレイをしっかりすれば、もはやスキはないのではないかと思う。

もちろん弱点はあるのだろうが。

やってみないとわからないが、コロンビア戦のように退場者が出ないとかなり苦しむ展開になるだろうと思う。

前がかりに人数を使って攻めた場合はカウンターが恐ろしい。

人数をかけずにカウンターで攻めて、チャンスらしいチャンスがあるだろうかとネガティブに考えてしまう。