旅の本屋 大陸堂 [ゆるゆる大阪大陸堂通信]

2010-12-24

16:46

お久しぶりです。

愛です。

2010年10月21日に新しい家族が増えました。

名前は「樹(たつき)」です。

よろしくお願い致します。

出産祝いにたくさん素敵な絵本をいただいたのですが、その中の一冊を紹介します。

■木

9784834021110 福音館書店 800円

2001年2月発行

佐藤忠良画 

木島始

f:id:tairikudo:20101224153915j:image

木の生命力がひしひしと伝わってくる絵本です。

根っこ、こぶ、め、わかば・・・・と木の細部をゆっくりじっくり見て

最後にだきついてのぼって、「うっひゃあっ」と叫ぶ。

それはまるで、ものを「わかる」こと

何か「もの」をわかろうとする時、一側面から見ただけでは「わかる」ことはできない。

細部を見て、全体を見て、季節を通じてどう変化するか見続け、匂いを嗅いで、耳を澄まして聞き、そして触って抱きつき体全体で感じて、それでやっとわかるもの。

たくさんの情報を誰もが手軽に手に入れられるこの時代、じっくりとひとつのものを見てわかろうとすることの大切さを教えてくれる1冊です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tairikudo/20101224/1293176808