青木タイセイ その1日 このページをアンテナに追加

2018-11-24 ティンパニをどうやって借りたか。

そもそも高校一年生の頃、男子部員が少ないからという理由だけで、とあるクラスメイトに誘われるまま、吹奏楽にそれほど興味が無かったのに入部してトロンボーン出会い、そこでまた、友人にウェザーリポートを聴かされ、初めて出会うその音楽に衝撃を受け、そして現在に至る。

と、現在の自分のキッカケとなったのが高校時代吹奏楽部であることは間違いないのです。

その母校のOBOG吹奏楽団ユーカリウインドアンサンブル演奏会ジョイフルコンサートについ先頃参加しました。

同期が応援にもはるばる遠くからも、駆けつけてくれて、打ち上げでは、あの時代のとんでもない思い出話しで盛り上がるのです。

その思い出話しの中の1つ。

ティンパニを借りにいく話。

当時の吹奏楽部は特に打楽器に恵まれていなく、ティンパニが無かったのです。どういうつてか未だに不明なのですがとある有名女子校がティンパニを貸してくれるというので、取りに行くことに。しかしながら、これもどいうわけかクルマを出してくれるつてが無く、なんと男子部員4人で電車に乗って取りに行く事に。

規律厳しい女子校に男子高校生がのり込んでティンパニを借りに行くのもかなり意外な出来事ですが、ティンパニを高校生が電車で運ぶというのはホント当時は大丈夫だったのでしょうか。結果的に往路復路ともティンパニを電車運ぶミッションは無事完了しました。

電車の中にティンパニが2つ乗っている光景は後にも先にもあれ以来見たことがありません。

と、まあここには到底書けないようないろんな思い出話しに花盛りだったわけで、演奏も含めたいへん楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taiseiaoki/20181124

2018-11-12 ビッグバンドジャズ体験講座

昨日は千葉県八千代台文化センタージャズビッグバンド体験講座の講師を務めさせていただきました。

参加者の皆さんのほとんどが、吹奏楽経験者ではあるのですがジャズのビッグバンドは初めてという方ばかり。

それでも、この日のために2曲ビッグバンド用にアレンジした楽曲が、みるみるうちにジャズサウンドになって行く様、それは素晴らしいかったです。

是非、改めて皆さんの演奏披露できる機会があればと痛切に思いました。

アドリブソロも体験していただいたのですが、そもそも、アドリブソロっていうのは、やりたい人が率先してやるモノだと思うんです。音楽家の中には、アンサンブルには参加するけどアドリブソロはしたくないっていう人もたくさんいらっしゃるのは事実

それでも、何人かの方には、初アドリブソロ体験で、その面白さを見つけていただいたのではないかと。

講座後のミニコンサートでは、ジャズのくくりを遥かに超えて、シャンソンタンゴポピュラーミュージックの素晴らしさを存分に魅せていただいたピアノ竹内恵里さん。

飛び入り参加で大いに盛り上げていただいた、アルトサックスの児玉信一郎さん。

そして、中学2年生とは思えない、周りをよく聴き音楽を盛り立ててくれる、テクニックはもちろん素晴らしい講座の段階からサポートしてくれたドラム片山晴翔くん。

あまりにもの盛り上がりぶりについつい時間が経つのを忘れ、かなり長くなってしまいました。

とても素晴らしい時間を皆さんと共有できたのではないかと思います。

たくさんのご参加ありがとうございました。

これを機に八千代でもビッグバンドジャズが盛んになればいいなぁと思います。

関係者各位に深く感謝します。

今後ともよろしくお願い致します

f:id:taiseiaoki:20181112200552j:image:w360:left

f:id:taiseiaoki:20181112200545j:image:w360:left

f:id:taiseiaoki:20181112200537j:image:w360:left

f:id:taiseiaoki:20181112200529j:image:w360:left

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taiseiaoki/20181112

2018-11-02 今日の上町63

いろんなタイプの音楽があるのは周知の通り。

素晴らしいアレンジ、誰もが楽しめ、時には踊りだしたくなる衝動を抑えられないくらいの超大盛り上がり!ありとあらゆるオーディエンスで熱気ムンムン!

って言うライブと本日は、全く逆の(もちろんネガテヴェな意味ではなく)、

アレンジも無く、

盛り上がるかどうかさえ怪しくもある。。

しかし、その場に集結した音楽家が、感性と瞬発力、あるいは、暖かく見守る、広い視野を持って創り上げる、その日限りの音楽、そんなのを聴いてもらえるといいなぁ。

ドラマー池永さん、当人は多分覚えていらっしゃらないと思うけど、私がライブをまだ数回しか、したことがない20代の頃に一度だけお願いしたことがあるはず。

今では多くのドラマーがeven8でお願いします、って言うと、すぐに納得してもらえるのですが、当時のわたしの周りには、「あの雰囲気」を作れる方は、ほとんど居なかったような。

池永さんはわたしの中ではeven8のあのフィールを作り出せる先駆者なのであります。

サックス上村さんはもう上町63ではすっかりおなじみ。

美しい音色予測不能アプローチ。どうなることやら。

よろしかったら今夜、上町63のドアを開けてみてください。



■11/2 (金) 馬車道 上町63

かみむら 泰一 (ts)

青木 タイセイ (tb.etc)

池永 一美 (ds)

http://jmsu.web.fc2.com/63/

神奈川県横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1

開場 19:30 開演 20:00

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taiseiaoki/20181102