奇Ring・エッセンス

2008-06-10 タイムのデー

[][]小学館に何が起きているのだろうか?

 

前の記事反響に恐れおののいている私です。

コメント欄新條まゆ先生のブログ記事をご紹介いただきました。

 

読んで思ったことを書きます。

 

新條まゆ先生ブログには編集者のひどい振る舞いが出てきます。

 

一つ取り上げます。

 

ある時、

「こういう話はもう描きたくない。この連載は違う方向で描いて行きたい」

と相談したところ、

「だったら、この連載は終わり。次はこの雑誌に移って」

編集長に言われ、

その場は担当編集者も含めてのお食事の席だったのですが

「じゃあ、後は担当と話して」

編集長は帰ってしまいました。

もう一つピックアップ

例えば、新條を育ててくれた口の悪い編集者がいるのですが

新條が新人の頃その人に、ネームを床にばらまかれ、

「こんな漫画じゃ商売にならないんだよ!」

と足で踏みつぶされました。

「お前はウジ虫みたいな漫画家なんだから、

ウジ虫はウジ虫なりにない知恵しぼって漫画描け!」

とも言われました。

「お前はどう努力しても連載作家にはなれない」

と言われて、なんの才能もないけれど、努力だけは自信があった、

でもその努力すらダメなのかと絶望して、泣いたこともありました。

 

感じとしては、後の方がひどい気がしますが、

全文をお読みいただくと

 

前者は新條先生小学館からの離脱につながっていて

 

後者担当編集への信頼につながっていることが分かります。

 

なぜか。

なんで違いが出てきたのか。

ぶっちゃけ後フォローの違いです。

 

前者の方はその後のフォローがダメダメ

 

悩んで、悩んで、小学館を離れる決心をしました。

それを担当に告げると、

「だったら、いままでの出版物を全部絶版にする!」と言うので、

驚いて、「脅すんですか?」と言ったところ

「脅してるのはそっちでしょ!!」と言われてしまいました。

この辺りから、弁護士に相談するようになりました。

作家一人と大企業。

どう丸め込まれても、どんなウワサを広げられても一人では太刀打ち出来ません。

おまけに「頭がおかしくなってる」と言われ、むりやり連載を1回休まされました。

わたしは猛烈に反対しました。

楽しみにしているファンに申し訳ないと。

しかし、結果、休むことに。

が、休ませた本人はなんと、雑誌に休む旨の予告を入れなかったのです。

結果、まるで原稿を落としたかのような扱いに・・・

それだけならいいです。が、私の漫画が見たくて買ったファンの子は

どうするのかと落ち込みました。

大人にとって200円ちょっとなんて、はしたお金かもしれませんが

子供たちにとっては大事なお金です。

それを無駄にさせてしまった子がいるかと思うと、本当に胸が痛くて。

あの時、もっと反抗して、休まなければよかったと悔やみました。

そんな時、当時、小学館に出入りしていたうちのスタッフ

ある話を耳にします。それは、編集部の一人が

新條まゆが連載を休んだのは、休ませないと移籍すると脅したからだ」

と発言したものです。

ダメ対応。その後もダメ対応を連発して、ドンドンこじれる方向に話が進んでます

 

一方後者の方はどうかといいますと

 

でも、誰よりも新條の漫画をかってくれて、時には編集長ケンカをし

時には出世払いしろとおいしいお店に連れて行ってくれたりもしました。

なので、そんな罵倒ダメ出しも当時はなにくそ!とがんばれたし

また、その言葉の一つ一つに作家への愛情を感じとることも出来ました。

それは強固な信頼につながりました。

今ではそれらのエピソードは笑い話のネタにもなっているくらいです。

それらはすべて信頼関係があってこそ。

 

と新條先生の中では大絶賛です。

やはりこれはフォローの力上下関係でなく共闘関係だと感じさせることが信頼関係につながっているのです。

フォローがだめだと信頼もダメになります。

 

誰ですか、「DVメソッドだろ」なんていう人は。

面白い作品が出来ているんだからDVじゃないです。

 

同じような話は、モリタイシ先生も書いてらっしゃいました。

いでじゅうの単行本の巻末だったと思いますが

編集者が身銭を切って、新人を育てる話が出てます。

モリタイシ先生からの感謝言葉がつづられてました。(たしか)

 

では、なぜ小学館編集者ダメだと言われるようになったのか

 

小学館編集の話ではないですが、こちらのブログでは、現役の編集者の方が「サラリーマン編集」の問題を扱ってらっしゃいます。

非常に興味ぶかいです。

 

「会社から定期でお給料が出てればそれでいい」そう思ってしまうと自分の資源を削る気がなくなってしまうのかもしれません。

 

ただ、この話が原因の一つだとして、

 

「皮肉だなあ」と僕が思うのは

 

小学館ってサラリーマン編集が問題だ」って7年前に気付いてたんですよね。

 

7年前、「5日間バイトをして適性を見る」って採用選考を僕が受けたときに

「なんでこんなこと始めたんですか?」って飲み会で聞いたんです。

 

そしたら、「型どおりの採用を何年も続けてきたら、サラリーマンみたいな編集者が増えてきて・・・」みたいな話をされましたもの!*1

 

気付いていたはずの小学館が何でこんなことになったのか?

7年間に何があったのか!!!

 

よく調べれば、違うビジネス書が一本かけるかもしれません。

 

時間が来たので、僕が「今後分析が必要」と思っていることを箇条書きにして終わります。

 

 

あと出版界全体の話は、たけくま先生ブログが要チェックですね!!

「出版界全体が切り下がっていく中で、どうビジネスモデルを組んでいくか」という切り込みメソッドを採用してもいいかもしれません。

 

ほんとに時間が来たので、これで。

 

冠茂さんの件はあえて触れませんでしたが、

「個性の強い人は成果もあげるが、トラブルも多い、どう使いこなすかは上司責任」というにとどめます。

あくまで「会社として」という視点をはずしたくないので。

*1:いや他にも理由をいろいろ聞きましたが、理由の一つとして

amekaameka 2008/06/10 21:48 先日の雷句誠の件をブログで紹介されて目を通しました。
まとまっていてとても読みやすかったです。
バイト時のエピソード、驚きました。分かっていたのになぜ組織は変われなかったのでしょうね。
過度に感情的であったり過激な言葉がなくて、安心して読めました。

taitokutaitoku 2008/06/11 08:02 >amekaさん
ありがとうございます。

これは僕の憶測ですが、採用を変えようとしたが、社内の組織は変えなかったから、変われなかったのではないかと思います。
良い記事がありました。
http://d.hatena.ne.jp/izumino/20080610/p2
ご参考まで

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taitoku/20080610/1213052734