奇Ring・エッセンス

2009-02-18

[] 民主党も小飼弾もわかっていない「環境政策にまず必要なこと」

 

みんなわかってない。

 

痛いニュース(ノ∀`):勝谷氏の「20兆円で日本中の住宅にソーラーパネルを設置」案、民主党が採用へ?

 

はてなブックマーク:痛いニュース(ノ∀`):勝谷氏の「20兆円で日本中の住宅にソーラーパネルを設置」案、民主党が採用へ?

 

404 Blog Not Found:ハコモノ行政はもうたくさん、でもヤネモノ行政はいけそう

 

今日は専門の話なのですが、時間が無いので簡単に。

あとタイトル釣りです。

 

まずこれをごらんいただきたい!

 

f:id:taitoku:20080308155251j:image

 

弾さんの記事では、小さかったので大きいものを用意しました。

 

この中で、日本のCO2の発生源になっているのが、火力発電です。

 

発電所能力の最大を負荷一定で出力する」のが一番効率がよいため

「昼間の火力発電の割合を減らす政策」というのがCO2を減らすためにもっとも必要です。

どっかのアホ都知事が「コンビニの深夜営業を減らせ!!」と無知をさらしていました

それなら昼間の都庁の空調を切ったほうがよっぽど効果があります。

 

だから昼間電力を効果的に抑える太陽電池、とすぐなりそうなのですが、その前に必要なものがあります。

 

送電網です。

 

asahi.com(朝日新聞社):太陽光発電インフラ整備に6.7兆円 40倍普及で試算 - ビジネス

 

 太陽光発電目標通りに普及すると、企業や家庭の消費量を超える余剰電力が大量に送電設備に流れ込む。送電線の電圧上昇や周波数の変動をもたらす恐れがあるため、一時的に余剰電力を蓄える蓄電池の新設などが必要になる。

 電力需要にあわせて太陽光の発電量を抑制したり、火力発電による調整運転を実施したりするため、全体で4.6兆〜6.7兆円の整備費や対策費が必要になるという。

 

太陽電池などの自然エネルギーがしっかり能力を発揮するためには送電網の整備が欠かせません。

これだけ書くと、「やっぱりコストがかかりすぎんじゃん」「いまさらハコモノバラまき?」というご意見が出ると思います。

しかし現実はそうではありません。

やらなければ、もっと大きなコストが待っています。

 

京都議定書です。

 

日本には課せられた国際的なCO2削減目標があります。

現在、日本は達成ベースではありません。

このまま行くと、膨大なお金をかけて海外投資し、排出権を作成することになります。

(極端な言い方をすれば「中国に原発技術を輸出する」などをすることになります)

 

僕の意見海外投資するぐらいならまず国内投資だろ!常識で考えて!」です。

その意味では、勝谷氏は全く正しい。

「まず整備すべきは送電網」ですが、その先は「自然エネルギー大いに推進すべき」です。

僕の仕事は国内のものづくりに深くかかわってますので、ポジショントークの部分はありますが、国内のものづくりに金を入れずに国が潤うかといいたい。いまさら道路を作るのは無駄きわまり無いですが、送電網はこれからまだ必要です。

 

さて本来ならココからデータをそろえて、ご説明すべきなのですが。

今日時間が無いので簡単に論点だけ。

よくあるダメ意見を取り上げて、説明したいと思います。

 

よくある間違った知識。

太陽電池は高い・効果が薄い」

 

弾氏のエントリを見ていただければわかりますが「効果が薄い」というのは明確に否定されています。

さらに高いからこそ投資をすべきです。

弾氏のエントリでも触れられていましたが、国内の太陽電池に対する補助金が打ち切られて以降、国内の太陽電池メーカーは明確に減速しています。

その結果は、中国企業に国内有力メーカーが買収されるなどの形で現れています。

自然エネルギーはこれから世界市場が見込める数少ない分野ですので、国策で後押しすべきです。

損するのは電力会社だけで、あとの製造業や建設業恩恵をうけますから。

 

よくある善良な人の意見。 

原発環境に悪い」

ことCO2削減にだけ限って言えば、原発ほど優れたやり方は無いです。

 

asahi.com(朝日新聞社):スウェーデン、脱原発方針を転換 原発更新へ新法案 - 国際

 

同国は80年の国民投票で脱原発方針に支持が集まり、国会が10年までに原発を全廃するという決議をしていた。しかし、電力需要の約半分を担ってきた原発代替エネルギーが十分に確保できず、今のところ閉鎖した原発は2基にとどまる。さらに気候温暖化問題で、政府は脱原発方針は維持できないと判断した。

 

自然エネルギーだけでは電力はまかえないし、原発が実は一番CO2が少ない」という事実は、多くの環境活動家の方をアイデンティティの危機に陥れていて、それはそれで見ていて滑稽です。

また安全性の問題を指摘される場合もありますが、安全性が気になるのなら、そこにも明確に投資すべきです。

 

よくある意味の無いツッコミ。 

地球温暖化なんか嘘だ!!」

 

正直「実際」地球温暖化しているかどうかと、今回の件は関係ありません。

 

大事なのは

  • 多くの国が参加して、CO2削減の枠組みが国際的に作られようとしている
  • それが出来ると、膨大な金と技術が日本から出て行く

この2点です。

 

その前に国内に投資して、国内経済活性化させるべしというのが僕の考えです。

 

じゃあ今日はこの辺で。

(僕の意見を取り違えかねない部分がありましたので修正しました。)

kokorohamoekokorohamoe 2009/02/18 12:58 そんなに、大規模な太陽光発電をすると、天候による急激な電力不足を補うための火力発電が大変とかじゃね?

素直に、そのお金で旧式のエアコンを新型に変えた方がよくない?

というのは、どうなんでしょうか?
費用対効果的に。

bajomenbajomen 2009/02/18 13:20 どうせばらまくなら、電圧240V化なんてどうでしょうか?
電圧上げると送電ロスが少なくなるんですよね?

ajyax-marumenajyax-marumen 2009/02/18 14:36 日本の東西で違う周波数を一定にさせるのもいいと思うんですがね。

TakiTaki 2009/02/18 18:16 >bajomen さん
おっしゃるとおり、送電時は高電圧のほうが優れています。

TheIneleganceTheInelegance 2009/02/18 20:19 そうですよね。紛れも無いビジネスチャンスでありイメージ戦略と政治のための強力な材料が、カビの生えた神話に潰されるのはよろしくない。
200V化もいつかどこかでやれればいいなと思うんですけど…。

通りすがり通りすがり 2009/02/18 23:41 > CO2削減の枠組みが国際的に作られようとしている
どこかの頭の悪い連中が金融商品化しようとしてたけど一波乱あった後だからどうなることやら...

通りすがり通りすがり 2009/02/18 23:42 > CO2削減の枠組みが国際的に作られようとしている
どこかの頭の悪い連中が金融商品化しようとしてたけど一波乱あった後だからどうなることやら...

通りすがり通りすがり 2009/02/18 23:47 >国内の太陽電池メーカーは明確に減速しています。
こう書いたとたん、三洋が新工場建設を発表している罠。
減速しているのはメーカーではなく需要ですな。

気になったのが太陽光発電を推進してそのコストを誰が負担するんだって点が抜けてるのが何とも。(自称)環境先進国のドイツではコスト高に負けて投資を止めてフランスの原発から電気を買う事にしたそうな。

通りすがり通りすがり 2009/02/19 00:01 各家庭へ設置なんて面積的にみても設置費用にしても効率悪いだろ。工場の屋根や学校の体育館の屋根の方が効率はいいはず。家庭の電気代が減ったところで消費には結びつかないだろう。設備屋のおっちゃんのパチスロ代と酒代に消えちまうぞ!

woodwood 2009/02/19 00:05 コメント欄の反論・意見のレベルの低さに唖然としました。

>電圧>周波数
そのコストの方が安いと

>どこかの頭の悪い連中が
自分の理解力の無さを陰謀論で片付けないでください

>そのコストを誰が負担するんだって点が抜けてるのが何とも
blog主が言っているように環境技術のイニシアティブを取るか取らないかという2者選択です。環境技術を放っておいて「環境」とは関係ない技術で生き残れるのかということです。それはギャンブルを指向している自覚はありますか?

taitokutaitoku 2009/02/19 07:42 >kokorohamoe さん
どっちかというと火力発電の部分の面積を減らすのが目的になります。
火力発電所は今でも大きな負荷変動にさらされているので、まあよいかと。
エアコンの更新は意味がありますが、真夏のピークにつかう時はイマイチですかね。
 

>bajomenbajomen さん
>ajyax-marumenajyax-marumen さん
>TakiTaki さん
>TheIneleganceTheInelegance さん

送電ロスの問題は重大ですので、分散電源を効果的に使用するべきだと思います。

>通りすがりさん
 
金融商品とおっしゃっておられるのはたぶんCDMのことだと思います。
次のエントリで詳しく書きますが、CO2を減らす開発に投資して
その事業に対して国連の認証を受けて、排出権を作り出す仕組みですね。
実際金はまだ流れ込んでますよ。数少ない有望分野ですからね。
この辺も日本が損する仕組みが隠れているのですが、また後で詳しく。
 
国内メーカーが減速したのは、2005年に補助金が打ち切られて以降です。
年度を正確に書いてませんでしたね。スミマセン。
2005-2008は国際的に自然エネルギー投資が盛り上がった時期ですので
この時期に日本メーカーが失速したのは結構きついのです。
日本の政策は統一性が無いです。
 
またいきなり全ての家庭に太陽電池というのは僕も無茶だと思います。
ただ大規模施設の屋根に設置する場合も送電網の整備は必要です。

>woodさん
そのとおりです。
「環境ルール」をうまく読み込んで戦わないと、日本全体が沈没します。

U9U9 2009/02/19 21:17 >みんなわかってない。

自分の頭の悪さを宣伝している愚か者はお前の方だ。

日本政府は京都議定書の「世界」が長期に渡って維持されると保証できるのか?環境技術が「環境バブル」でないと保証できるのか?政府ならバブルでない事を予測できるのか?需要を予測できるのか?できるわけが無いだろ。倒産の覚悟を持った、市場に参加する企業のみがその当事者となる資格を持ってるんだよ。

政府による産業計画など今や大失敗しかありえない事は嫌と言うほど学んだはずだ。

一体どれだけ将来世代に借金を背負わせるつもりだ。お前はリスクを今の赤ん坊に背負わせて知らん顔して、首尾よくうまくいく事を願っているだけだろう。政府の財布を自分の財布と勘違いするな。補助金だってノーフリーランチなんだよ。分かってんのか!

お前のような無知なる外道とこの地で同じ空気を吸うのが死ぬほど嫌だ。

taitokutaitoku 2009/02/19 23:02 >U9さん
実際、京都議定書が達成できなくて国外にお金を出して排出権を買わなければいけないのはもうすぐなのですが、それはご認識しておいでですか?
私の主張は、「国外に金をもってかれるぐらいなら国内投資をして経済活性化すべし」ということです。
さらに自然エネルギーが普及すれば、継続的に石油や天然ガスを国外から輸入しなくて良いからさらに子孫のためになりますよね?
お金を使うか使わないか、ではなくどうお金を賢く使うか、です。
おっしゃるように、環境バブルというのはいずれははじけると思います。だからこそ、後に日本に何も残らない国外投資よりも、少なくとも景気刺激と化石燃料輸入削減という二つにメリットがある国内投資を僕は支持します。

TonnyTonny 2009/02/20 08:54 太陽電池については弾氏ブログよりも、
PV2030ロードマップを読んだ方がよっぽど
ためになると思います。

屋根にパネルをのっけたはいいけど、
裏にマンションができてパネル半分がカゲになったら、
発電量はがた落ちですからね。
こういうのは技術でカバーできないリスクを考えると、
設置費込みで30万円くらいじゃないと、
怖くて導入できないです。

taitokutaitoku 2009/02/21 12:25 >Tonnyさん
一般の家庭への設置よりも、公共の設備(長期にわたって日照が確保できることが確実な)への設置が先だというのは、僕も感じています。
その場合にも、効率よくピークカットの効果を発揮するには、送電網などの整備が必要になります。
PV2030ロードマップは今年(来年でしたっけ?)中間の見直しに入るはずなので、それも注目しています。

taityou@8eggstaityou@8eggs 2009/02/21 14:06 トラックバックできなかったんで手動で足跡つけてみます
http://www.hiroro.net/8eggs/index.php?categ=1&year=2009&month=2&id=1235160374

スパイラルドラゴンスパイラルドラゴン 2009/02/25 19:07 民主党の環境オタク議員達は、もう寒冷化サイクルに突入しているし、CO2温暖化悪玉説がデタラメを証明する気象観測結果が出ているのに、いつまで「温暖化するするサギ」に荷担しているのですかね?

taitokutaitoku 2009/02/27 06:30 >taityou@8eggsさん
おっしゃるように日本が不利な目標を押し付けられているという側面はあります。
しかしもう一つ、日本自身がGHGプロトコルという国際ルールをうまく使えていないというポイントにも注目すべきだと思います。
他の国はピークカットを高く評価してうまくやってます。
 
>スパイラルドラゴンさん
温暖化のレイヤー1の話ですね。
残念ながら、そのレイヤーの話をとりあげるつもりはあまりありません。
(正直CO2削減というのは保険のようなレベルの話だと思います。)
温暖化はするかしないかは別にして、国際的に保険金を支払うことは決まっているので、その負担をいかに減らすかが課題です。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証