Hatena::ブログ(Diary)

うさぎのねどこ

2017-09-13

tackの発熱

| 01:39

身内やshun太の友人関係から体調を崩した話があちこちから入ってきたこの時期

わが家でもtackが高熱を発しています…(涙)


週明け、朝起きてきたtackがやたらどんよりして、園服に着替えるのを渋りました

一学期にもこういうことがあったので、適当にいなしつつ、したくを手伝ったのですが

tackの体が熱いかも…。体温を測ると37.2度。微妙な値です

とりあえず園バスには先に行ってもらい、shun太なら余裕で登校なんだよなーと

悩んでいたら、出勤前のダンディ氏が車でササッと送っていってくれました

そんないきさつもあって、昼に幼稚園から電話が来たときは、あぁ…と出る前から覚悟

案の定、38度超えの熱を出したという連絡でした


自転車でお迎えに行くと、冷えピタを貼ってもらって事務所で寝ていたtack

給食はあまり残さずに食べられたようです。さすがダンディ家の子

熱はあっても元気はあったので、おしゃべりをしながら帰ってきました


幼稚園では何も流行っていないというけれど、聞く話に溶連菌や手足口病といったのが

出てきてたので、うつる病気でないのを確かめるため、お昼寝のあと病院へ

日ごろのお医者さんごっこの賜物で、先生の言う通りお腹を見せ、アーンもできました

かかりつけの先生の口真似が得意なtackなので、この先生の真似もそのうち披露しそう

たぶん溶連菌でも手足口病でもなさそうだけど、もうインフルの可能性も否定できない

時期です、と安心していいのか悪いんだか分からない診断と解熱剤をもらいました


普段は解熱剤をもらっても、あまり飲ませないのだけど、辛そうになってきたので服用

それでも39度超えの熱がもう3日続いています

ちょうどshun太が今のtackと同じくらいの月齢のとき、そして忘れもしないtack出産の

退院日の夜から一週間、40度近くの熱を出し続けたのを思い出します

あのときは環境が激変したゆえの知恵熱かと思っていましたが、

もしかしたら成長過程の節目の時期に高熱を出す子達なのかもしれません

ちょっとだけ火の鳥チックです

これをやり過ごしたら、いよいよ赤ちゃんぽさがなくなるのかな、という切なさと

あの、家庭内に嵐を呼んだ「年中さん反抗期」が次に来るのか!?というゲンナリ感

いずれにしても、そう考えたら、腰を据えてtackの熱と向き合う覚悟ができました

週末はshun太の運動会。そこまでに良くなればいいか、とひたすら水分補給してます

朝起きて、汗で濡れたパジャマを他のパジャマに着替えるようすすめても、コレは

チガウでしょ!と引き出しに戻して、意地でも普段着を着る気概は持っているようです

自意識高いよね

日ごろからよく食べて、体力ある方なので、焦らずゆっくり回復を待ちたいと思います

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tak98171/20170913/1505320749