華氏451度へのカウントダウン このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

「表現の自由」を守るためのアウェアネス・リボン運動 「うぐいすリボン」

2012-11-10

オタクがリベラルを嫌うのではなく、弱者がリベラルを嫌うという構図。その背景にあるもの。

リベラル脱原発はなぜオタクから支持されない?』
http://togetter.com/li/404412


こんなまとめを見かけたので、自分なりの見解をまとめてみた。

これはオタクという属性に問題があるのではない。
もちろんオタクにはリベラルな者達が大勢いるのは、都条例反対運動が大きく盛り上がった事実からも分かるだろう。
ならばどういうことなのか。
これはつまり”同族嫌悪を起こしている社会的弱者達”の中に、オタクネトウヨもいるということだ。

反原発などのリベラル勢力は本来は社会的弱者(以下、弱者)を保護し、支援するはずの存在だ。多様性マイノリティを尊重し、平等や平和を旨とする。
そんな彼らをなぜ弱者が叩くのか?
それは 反原発などのリベラルには、基本的に弱者を守ろう・認めよう・共に繋がっていこうという考えが、根底にあるからだ。リベラルを受け入れるには、まず弱者自身が”自分は弱者である”と認識する事が大前提だからだ。

ところが、大きな壁になってくる。
弱者の中には、自分が弱者として認めたくない者、あるいは「自分にはまだ可能性がある、弱者ではない」と考える者がいる。
彼らは自分達の弱さから目を背ける事に必死になり、次第に自尊心を守るためにめに強大なものに縋るようになる。
そして彼らはこう考えるののだ。

――自分たちはあいつ等とは違うと。

しかし彼らのささやかな自尊心を満たす手は現実社会にはない。
本当は喉から手が出る欲しい、素晴らしい性格や容姿、豊かな財産、美しい恋人や楽しい友人関係、暖かい家庭環境などとは無縁なままだ。

そして自分は弱者ではないと思い込むささやかな自尊心と、置かれた現実のギャップが生むストレスは、他者への攻撃や排除に発展する。
しかし他者を攻撃しようにも、脆弱な自我だけではあまりに心もとない。
そこで彼らは頼るのだ。権力や権威を。
もちろん実際にそれらが手に入るわけではない。
つまり、「虎の威を借る狐」となるわけだ。

「威(い)」とは、権力のこと。「借る」とはかさに着ること。本人はたいしたことはないのに、ほかの人の権力をかさに着て、威張る者のこと。

「威(い)」を「借る」ことで、彼らは大義を得て自我を満たした気分になり、他者を攻撃するようになる。
ネトウヨ界隈に流れる罵詈雑言の数々を見れば、その大方が自分の言葉ではなく、「威(い)」を「借りた」ものであるのは容易に読み取れるだろう。

すなわち彼らは”同族嫌悪を起こしている弱者”なのである。
彼らから、反原発リベラル等が嫌われるのはある意味当然だ。
それが弱者の肯定に立ったものであり、さらに彼らが頼る権力や権威とは全く真逆の方向にあり、何より自分達が弱者である事を直視させる存在だからだ。

どの国でもそうだが、ファシムズ的な排外主義に走る者達の多くが、社会的に不遇の立場に置かれている貧困層であることが、実にそれを裏付けているだろう。

貧しく、満足に暖を取る冬着も無く、孤独で孤立しているとき。
自分を省みる人は誰一人いない。
自分で自分を抱きしめても、暖かくはならなず、いつも寒いとき。
自分のおかれた環境に嘆き、悲しみ、そして自分より恵まれた人達を羨み、憎み、恨み、妬む。
そんなとき、人はどういう反応を示すか。

寒くない、とやせ我慢をする。
そして暖かくしている人達を批判するのだ。「お前らはだらしない、我慢が足りない」と。
人は自分が弱者である現実を認められないとき、自らよりさらに弱い者に対し攻撃し、鬱屈した自尊心を満たす。

しかしただ「だらしない、我慢が足りない」では説得力が生まれない。
そこでこう言い換える。
「日本人ならこれぐらいの寒さは耐えられるはずだ。だらしないぞ、我慢しろ。この非国民が」
と。

権威を借る事で、優越感に満ちつつ他者を攻撃出来る上に、自分の現実から目を背けられる上に、日ごろ抱えていた怒りや憎しみ、恨み、妬みなども晴らせる。さらに自尊心も満たされる。
なんという悦楽。
この味を知ってしまうとなかなか抜け出せなくなるし、ますます深みにはまっていく。

一見社会的地位があり恵まれている人達でも、どこかに満たされない鬱屈した自我や捻じ曲がったストレス、いびつなコンプレックスがあるなら、あっさりとこれにはまってしまうだろう。
攻撃対象が無くなれば、次々に探して悦楽の元にしてしまうから、きりがない、
麻薬の様な、抜けられない無限ループだ。
さらにこうした攻撃行為に喝采を送る人でも現れれば、日常では無縁だった自己承認欲求も満たされ、二度と抜け出せなくなるだろう。

弱者である人々が、なぜ同じ弱者を攻撃するのか、というメカニズムに着目しなければ、「リベラル脱原発はなぜオタクから支持されない?」という命題には永遠に答えは訪れないだろう。

関連:

「うっぷんばらし政治」の危険性〜貧困に歯止めを
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2012/01/post-b1be.html

 本日付け朝日新聞「再生日本政治」の内橋克人さんのインタビュー。「貧困の多数派 歯止めを」がタイトル。中間層の崩壊する社会は、危険な時代への兆候。とし、貧困マジョリティの閉塞感が「うっぷんばらし政治」を渇望し、1930年代の政治が繰り返す危険を指摘。
 反貧困グローバル化に対抗する「食糧、エネルギー介護の自給圏」の確立が政治の役割、と主張する。
 
 以下は、そのポイント。

・日本には、年金など基礎的な社会保障からも排除された新たな階層、「貧困マジョリティ」が生まれている。

貧困マジョリティの特徴は、国内外の最強の秩序形成者に抵抗する力がなく、生活に終われ、政治的な難題に真正面から対峙するゆとりもない。同時に、精神のバランスを保つため「うっぷんばらし政治」を渇望する。
 政治の混乱を面白がり、自虐的に、極めて反射的に選挙権を行使する。「ハシズム現象」なども公務員をバッシングし、閉塞状況の要求不満に答えるやり方。

民主政治を基盤とする国でのヒーロー待望論は異常。日本古来の「頂点同調主義」に加え、異議をとなえるものを排除する「熱狂的等質化減少」が一体となる。
 「うっぷんばらし政治」の渇望を満たそうとすれば、1930年代の政治が繰り返される。グローバリズムが生み出した「貧困ファシズム」の培地となれかねない。

TakaTaka 2012/11/11 00:11 脱原発とか、リベラルという名の左派は、
ダブルスタンダードが、多いから、
信用できないのかと、
思われます。

紅葉紅紅葉紅 2012/11/11 04:14 というか「ヤンキー」「オヤジ」「料理好き」「釣りキチ」「おっちょこちょい」とか、どんな属性でもリベラルは少数派なような気がしますw ただの「母集団の差」ではないかと…
ひとつ関係するとしたら、オタクには団塊の世代、60歳以上はいませんよね。
そっちは全共闘の影響があって左が多く、それと対比したときに少なく見えるんじゃないでしょうか。

RASRAS 2012/11/11 10:46 はじめまして。
右・左、保守・リベラル、オタ・非オタの定義や分類が不明確なことや、統計学的な分析も無しに「オタには右派/左派が多い」という思い込みに基づく決めつけが、件の議論の場では混乱に拍車を掛けているように外野からは見えました。togetterでのまとめや、それに付随して生じた議論を読んで「数年前に『嫌韓流』へのカウンターのつもりで『嫌オタク流』が出版された頃から変化や進歩がないなあ」という感じの印象を私は受けます。
オタクからのモノは別として、リベラルや左派への支持が低下している事は、(一部の)リベラルや左派に属していると自認している方々自身に幾つかの要因があるのではないかと私は考えています。現状は、そこから目を背けたまま「彼らは何故我々を支持しないのか?」と悩んでいるフリをして現実逃避をしているような状態に思えます。
(※以下では『一部のリベラルや左派』の『一部』を煩雑を避けて省略いたします。)支持の低下を招いた、リベラルや左派の方々自身の抱える問題点、その一つは、自分たちの売り/強み/信念/価値観の根幹である『人間に対するミニマムな信頼』を捨ててしまった(ように見える)事にあるのではないでしょうか?一例を挙げますと、週刊朝日掲載の佐野眞一氏の橋下徹氏に関する記事に対して大きな批判が集まった際に、印象深いリアクションがリベラルや左派の方々から生じました。曰く「橋下支持者が急に人権に目覚めた」という旨の皮肉めいた物言いです。この言葉には「どうせ橋下信者は改心したりしない」という諦念や蔑みが潜んでいると私は感じました。
これまでリベラルや左派の方々が“売り”として「争いではなく対話を、罵倒や厳罰ではなく赦しや教育的指導による更正を」という言動を続けてきたのは「人間は悪をはたらいたり過ちを犯しても立ち直れるし、それを手助けできるように連帯できる」という『人間に対するミニマムな信頼』という信念を根幹に持っていたからなのではないでしょうか。しかし、リベラルや左派の方々は最早その信念を抱いていないように思えることが多々あります。自分たちですら信じていないような価値観には他者だって従わない…リベラルや左派への転向や支持が低下している現象とは、そういう事なのだと思います。内輪受けではない、他者からの支持を増やしたいならば、リベラルや左派の方々は他者のせいにせず原点回帰して地道にやるしかないでしょう。
乱文失礼致しました。

スズキスズキ 2012/11/11 20:45 弱者の味方をしている筈のリベラル勢力が弱者から敵視されているのは、(少なくとも一部の)弱者が間違っているのが原因であり、リベラル勢力に問題があるのではない、という主張ですね。
とても参考になりました。

taka_taketaka_take 2012/11/11 21:24 >Takaさん
>脱原発とか、リベラルという名の左派は、ダブルスタンダードが、多いから、信用できないのかと、思われます。

ある意味、その指摘は非常に的確だと思います。
理由は後述いたします。

>紅葉紅さん
>というか「ヤンキー」「オヤジ」「料理好き」「釣りキチ」「おっちょこちょい」とか、どんな属性でもリベラルは少数派なような気がしますw
データがないのでそこは一概には言えませんね。

>ひとつ関係するとしたら、オタクには団塊の世代、60歳以上はいませんよね。
戦中世代の宮崎駿氏は立派なオタクですよw
それはさておき、彼らの思春期時代はオタク属性をはぐくむ様なアニメやマンガなどのメディアが無いに等しいので、それは無理も無い話でしょう。

RASさん
>これまでリベラルや左派の方々が“売り”として「争いではなく対話を、罵倒や厳罰ではなく
>赦しや教育的指導による更正を」という言動を続けてきたのは
>「人間は悪をはたらいたり過ちを犯しても立ち直れるし、それを手助けできるように連帯できる」という
>『人間に対するミニマムな信頼』という信念を根幹に持っていたからなのではないでしょうか。
>しかし、リベラルや左派の方々は最早その信念を抱いていないように思えることが多々あります。
そこは私も常々感じるところではあります。
最近それが典型的に現れたのが『6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!』で、反原発として参加してきた右翼青年や、統一戦線義勇軍針谷大輔氏を暴力的に追い出した事件です。
もし本当の意味でリベラルであるならば、左派は例え相手が右翼であろうとも、そこは対話や赦しを持って向かい入れ、共に原発反対の同士として戦っていくはずです。
ところが現実に現れたのは、力による排除でした。

これに限らず、左派内部ではちょっとした意見や見解の統一から、すぐ分派活動や内ゲバが起こります。同じ護憲を掲げながら、共闘できない社民党と共産党もそうでしょう。
リベラルを標榜しながら、その内実は寛容性や、最大の目的達成のために小異を捨て大同につくという大局観、対話による合意形成を目指す努力など多くが欠如している有様です。
むしろ皮肉な事に、右派の方がこれらが充実している有様です。

ここまでの建前と本音が乖離してしまうと、まさにTakaさんの指摘どおり「ダブルスタンダード」なんですよね。
そしてそのダブルスタンダードが世間に完全に見透かされてしまっている訳です。
自分の主義主張に雁字搦めにとらわれ、その枠から一歩も抜け出せずにもがいているのが、今の左派やリベラルの現状なのでしょう。

>内輪受けではない、他者からの支持を増やしたいならば、リベラルや左派の方々は他者のせいにせず原点回帰して地道にやるしかないでしょう。

その地道な姿を実際にやったのが、万単位の多くの参加者を集めた官邸前デモを主催した首都圏反原発連合だったと思います。
彼らは細かな主義主張の違いを捨て、反原発と言うシングルイシューだけを掲げました。
反原発であれば全てを受け入れる、他は一切問わないと標榜したのです。
まずこの寛容性と、最大の目的達成のために小異を捨て大同につくという大局を取り戻さなければ、残念ながら左派やリベラルはさらに先細って行くでしょう。


>スズキさん
>弱者が間違っているのが原因であり、リベラル勢力に問題があるのではない、という主張ですね。
正しい、間違っているではありません。
こうした事象が必然として発生すると述べているのです。

ななしななし 2012/11/11 21:56 だって、日本のリベラルは弱者の味方じゃないんだもん。

原発を止められるならエネルギーコストが上がっても構わない!
ってなって、まず影響を受けるのは非正規で働いてる人やこれから就職先を探す人。
中国や韓国の台頭で影響を受ける層も同じ。

リベラルは弱者の味方を自称してるけど、信用できないんだよ。
「思想のためなら女房も泣かす」って雰囲気がありありで。

serioserio 2012/11/11 23:36 >ななし
>だって、日本のリベラルは弱者の味方じゃないんだもん。

彼ら的には弱者の味方をしているのだと思いますよ。ただ、リベラルが擁護する弱者が自分に該当しないことが多いわけで。

日本においてリベラルが嫌われるのは、「日本 = 過去の戦争の侵略者&豊かな先進国だから強者」、「中韓 = 戦争の被害者&途上国だから弱者」という認識の元に、日本批判と中韓の擁護に向かうことが多いのが原因の一つでしょう。

それに対して右派というのは「世界を外側と内側に分けたときに内側に味方する立場」ですから、自分をマイノリティと思いたくないオタクにとっては、仲間意識による承認欲求を与えてくれそうな右派は心地よいのではないでしょうか。

mskwmskw 2012/11/12 01:49 国境なき記者団をはじめとする世界中のリベラル連中が北京オリンピックに抗議していた時,日本国内の「リベラル」を自称する連中は何してましたか?ダンマリでしたよね。

日本には「リベラル」は居ません。もしリベラルを自称する者が居るとしたら,それはニセモノです。

>serio様

池上彰氏も指摘していましたが,「右翼(もしくは右派)」とか「左翼(もしくは左派)」とかという呼びのは(現在においては)「レッテル貼り」以上の意味は全く有りません。

また,歴史上のどの時点に置いても,「右派」の定義が「世界を外側と内側に分けたときに内側に味方する立場」であったことは有りません。

llbeanllbean 2012/11/12 04:45 >寒くない、とやせ我慢をする。
>そして暖かくしている人達を批判するのだ。「お前らはだらしない、我慢が足りない」と。
>人は自分が弱者である現実を認められないとき、自らよりさらに弱い者に対し攻撃し、鬱屈した自尊心を満たす。

リベラル陣営という方々にもすべて当てはまることだと思いますが。
日々の生活よりもイデオロギーを優先してる方々はみな当てはまると思いますが。
反原発も結構ですが、電気・エネルギーに生かしてもらっているという意識のない方々は皆そうだと思いますが。

slpolientslpolient 2012/11/12 08:00 私からは、「もちろんオタクにはリベラルな者達が大勢いるのは、都条例反対運動が大きく盛り上がった事実からも分かるだろう。」だけは確実に間違いであると申し上げておきたいと思います。

都条例反対運動の際に、都議会議員の元に大量のFAXが送られてきたという話がありますが、これは2008年の国籍法反対運動の時以来、右派が多く用いる手法です。
在特会などの「行動する保守」を謳う団体も抗議活動に参加しています。
それに、リベラルな思想でなくとも、あるいはネトウヨ思想を捨てなくとも反対運動に加わる事はできます。

Twitter上の非実在クラスタにリベラル、あるいは左派的な人が多いのは事実ですが、反対すること自体に(どんなに的外れの物であっても)思想信条を改める必要はないのですから、都条例反対運動の盛り上がりをもってして「大勢いる」という証拠にはなりえないと思います。

無政府主義無政府主義 2012/11/12 08:14 そもそも「脱原発がリベラル」って考えに根拠が無い件について

sleipnir-jasleipnir-ja 2012/11/12 08:46 それでは、脱原発の結果、職を失う原発関連職に従事している人は「弱者」ではないのですか?

ああああああああ 2012/11/12 09:28 >反原発などのリベラル勢力は本来は社会的弱者(以下、弱者)を保護し、支援するはずの存在だ。多様性やマイノリティを尊重し、平等や平和を旨とする。
ワロタwそんなリベラル見たことねーよwww反原発派なんてみんな偉そっうに他人を見下し、意見の違うやつを攻撃してばっかり(江川しょうこも被害にあってた)。結局自称リベラルなんてネトウヨとそうたいして変わらない連中。
君ら勘違いしてるよ、現実見ような

xtremextreme 2012/11/12 09:51 全く的が外れています。むしろ反原発を叫ぶ層は年収数千万円を稼ぎ出すテレビコメンテーターや政治家、文化人達です。彼等は幾ら電気料金が上がっても痛くも痒くもない。
それに比べアンチ反原発を叫ぶ層は電気料金値上げにより経済的、生活面において確実に影響を受ける一般的なリアリスト層。反原発主義者は現実を見なくても生きてゆける富裕層か、現実を見ることのできない夢想家というだけの話でしょう

いいいいいい 2012/11/12 09:58 リベラル活動家の主張に耳を傾けた事がありますか?
彼らの主張のなんと排他的なことか

ななしななし 2012/11/12 10:30 >都条例反対運動の際に、都議会議員の元に大量のFAXが送られてきたという話がありますが、これは2008年の国籍法反対運動の時以来、右派が多く用いる手法です。
FAX戦法は右派だけの占有物じゃないですよ
右左問わず結構使われてます
FAXを使ったから右派だ!というのは、あまりに飛躍しすぎです

のののののの 2012/11/12 13:44 仏教の世界で言えばグローバル主義者達は仮観の世界に生きる。原発や戦争で日本がどうなっても逃げる場所も資金もある。競争に勝つためには法律=ルールを味方にする必要がある。そのために政治家や官僚、弁護士、メディアなどをお金で抱え込む。戦略を実行に移すためには多くの奴隷が必要。彼らのおかげで日本は経済大国になったことも忘れてはならないが、そのための教育洗脳は必要だった。真面目な日本人は奴隷化に適していたのです。
最近ではあっさり洗脳されちゃったのがネトウヨ(やや中道寄り)な人々と言えるでしょう。彼らはグローバル主義者とは違って欲望は低い草食系なオタク世代ですが社会経験に乏しく世の中のしくみに疎い。小林よしのり「戦争論」と東北大震災、ネットの影響で政治に目覚めたちゃった感じでしょう。しかし、戦争だ核武装だとは言いながら石原が徴兵制だと言えばおよび腰(笑)。彼らは仏教の世界で言えば空観に近い。人生は単なる暇つぶしのような感性の連中が他排的になるとまるでオウムのような危険性を帯びる。ですから気持ち悪いのです。
リベラル。彼らは中観の世界に生きる。正義感は強いもののその改革案は様々で決定打にも乏しくまとまりが無い。高度成長期に生まれ若い頃は共闘を叫んだ団塊世代も「資本論」を説いたマルクス主義が独裁に悪用され失望。やがて資本主義ピラミッド社会の中で飼われ社会保障の最大の恩恵を受け堕落して保守に転じる。現在は年金パチンコ老害。腐敗した世の中を変えられるかどうかは団塊の世代の子供達に委ねられてる状態。民主主義は国家規模では無く平らな状態からでしか機能しないことに気が付けるかどうかだね。更にそのシステム作り。まあ容易では無いよね。
在日はマイノリティーとして考えもグローバル主義者に近い。地に足が着いていない。在日中国人にしてもそうだけど日本の良いところは学んで問題の多い母国に持ち帰って改革に役立てるくらいの気持ちが必要だよね。いつまでも洗練されないまま日本に寄生してたら右派から嫌われるのは当然である。

gryphongryphon 2012/11/12 18:36 >大量のFAXが送られてきたという話がありますが、これは2008年の国籍法反対運動の時以来、右派が多く用いる手法

記憶している範囲では90年代の前半には既に「幸福の科学」がフライデーに対し、組織的に大量ファックスによる抗議を実施。
その後も90年代後半、朝銀信組の問題を取材し記事にした「AERA」にも、朝鮮総連関係者からの組織的行動と見られる大量ファックス抗議があったそうです。

suzuki3350suzuki3350 2012/11/12 20:49 561 ソーゾー君 [] 2011/10/14(金) 12:40:17 ID:ykETALuMO Be:

銀行家がデモを煽る理由を書く。

1まだ知り始めた覚醒寸前の不穏分子纏めて刈り取る為。

2まだ知り始めた覚醒寸前の不穏分子を間違った方向に誘導する為。

3暴徒化させて政府に法改正と鎮圧の大儀を与える為。

1と2は3に連動する。
主たる目的は3である。

暴徒化は簡単に出来る… 
利子や発行権等の核心部分は触れずに綺麗事を語り無知な連中
や覚醒寸前の無知に囁きデモに参加させる。

一般の参加者は石投げたり殴ったり等の行為をする気はないのだが
デモに紛れ込んだゴロツキが石を投げて銀行のガラスを割れば立場は逆転する…
犯罪者を批判し真実を訴えるデモなのにガラスを割られた犯罪者は被害者になり
警察はデモ参加者を暴徒=犯罪者として捕まえる…
そして何故か絶対に捕まらない主催者がまた煽るわけだ…
「不当な逮捕だ!若者よ立ち上がれ!」と勇ましく最後列の一番安全な場所でワイン飲みながら煽る…

で…煽られた無知な正義感がある馬鹿が刈られるわけだ…

無知な正義感がある馬鹿が必死に抵抗すればする程、法は強化され鎮圧も過激になっていき言論の自由は無くなる。
「石を投げるゴロツキはどこで雇われるのか?」
「そこら辺の酒場に毎日居るゴロツキにお小遣い渡してるだけだよ…」
「なんでゴロツキは酒場に入り浸ってるか理解した?裏稼業の職安なんだよ…」

まだ時期ではない「知人に伝えて選挙に行く」を続けろ。

物理的に集まるな…大衆が知る事で意志がまとまり巨大な戟になる。

デモをさせて小さな戟を各個撃破するのが銀行家の戦略だぜ?

数で劣る銀行家ならではの戦略だ…

数が圧倒的に多い俺達はただ真実を伝えれば良い。

知れば意志が勝手にまとまり銀行家を貫く巨大な戟になる。

詐欺師は知られたら終わりだからな。


【中央銀行・発行権】黒幕は銀行家【信用創造】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/10043/1341436809/l50
【中央銀行・発行権】黒幕は銀行家37【信用創造】
ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1343051395/

ei-jiei-ji 2012/11/12 22:37 >もちろんオタクにはリベラルな者達が大勢いるのは、都条例反対運動が大きく盛り上がった事実からも分かるだろう。
彼らがニーメラーニーメラー唱えたのは「表現の自由」のみでむしろ他のことがらに関しては
自分たちが引用するニーメラーの傍観者まんまにしかなってないのですが。
それでリベラルとか正直笑ってしまいます。

slpolientslpolient 2012/11/12 23:30 >ななしさん、確かにFAX戦法は右だけが使う方法ではないのかもしれません。幸福の科学の事件も承知しております。
ご理解いただけないかもしれませんが、より詳細な説明をさせていただきます。
まず、都条例反対運動において、FAX戦法は「取ってはいけない方法」とされていました。それは、先ほど申し上げた国籍法反対運動の時に、大量のFAXが議員事務所に押し寄せて、事務所の活動に支障が出たといったことがあったから、その反省としてFAXが禁じ手とされました。事実、条例提出前の段階で、既に都議会議員の元に同じ文面の大量のFAXが送り付けられた例があったということです。

しかし、国籍法反対運動を展開したネトウヨは、改正阻止には失敗したものの、FAX戦法によって何人かの政治家に反対させることに成功したという「成果」を得ていると感じているので、引き続きFAX戦法を強行したものと考えられます。

これで納得していただけるかは分かりませんが、ネット上において、FAX戦法は右(必ずしもそうではないのですが)のやるものであると認識されていることものだという例を挙げました。

ななしななし 2012/11/13 17:35 >しかし、国籍法反対運動を展開したネトウヨは、改正阻止には失敗したものの、FAX戦法によって
>何人かの政治家に反対させることに成功したという「成果」を得ていると感じているので、引き続きFAX戦法を強行したものと考えられます。
これはかなり時系列がメチャクチャです
都条例反対運動でFAX厳禁が大きく呼びかけられたのは、コンテンツ文化研究会による緊急集会の前後からです。それも原因は都議からのクレームでした
ttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100306
ttp://d.hatena.ne.jp/marinba/20100307
ttp://toriyamazine.blog100.fc2.com/blog-entry-281.html

表現規制反対派はFAX厳禁だった、だからネトウヨの仕業に違いないというのは、ただの暴論でしょう
むしろ運動にあまり慣れていない、あるいは知らないオタクがFAXが禁じられている理由を知らずに送ったと見る方が妥当だと思います
特に煽っていたのが「王様を欲しがったカエル」というサイトです
ttp://toriyamazine.blog100.fc2.com/blog-entry-274.html
ttp://toriyamazine.blog100.fc2.com/blog-entry-275.html
この様に業界の大量の意見書や、都議の連絡先一覧(FAX込み)で意見を送るよう煽っています
ここのサイトは一時期反対運動の中心にあったので、ここを見たFAX厳禁を知らないオタクを送ったと考える方が遥かに妥当です

ななしななし 2012/11/13 17:36 >自分たちが引用するニーメラーの傍観者まんまにしかなってないのですが。
それそのまま、他のリベラルや左派にもいえますね
例えば国旗国歌反対派は、都条例に見向きも関心も示しませんでしたよ

ぼえぼえ 2012/11/13 22:45 ていうか、『ネトウヨ』という言葉に縛られすぎていると感じます。もちろん本当の意味でのネトウヨはいますが、ネット意見中保守的と区分されている意見の大多数は純粋に韓国・北朝鮮と在日朝鮮人(または中国の方々)の方々に嫌悪を持っているだけのように思えます。ゆえに中華系でも台湾に対しては好意的な意見も多く、また他東南アジア系に関しても荒っぽい意見・差別的な意見を殆ど聞きません。すでに国がボロボロで、北方領土でももめているロシアはどうでしょうか。やはり聞きません。

で、そういうスタンスから見れば左翼の方々は過剰に(在日)韓国・北朝鮮人を擁護しているように見え、で同じく左翼系が推進している(と見える)反原発もそれと同類の活動のように思える。そういう構造のように思えます

77 2013/08/21 04:30 リベラル派の偽善性や中韓や在日への嫌悪。
私も感じることはありますが、それ以上に、
ネットでおぞましいヘイトスピーチを吐いている人たちにも嫌悪を感じる。
ましてや、街頭で、「○○人を殺せ」だの「ガス室に送れ」だの「レイプしろ」だの「虐殺しろ」だの「ゴキブリ」などの残虐非道なヘイトスピーチを浴びせる人達、「お散歩」と称して、道行く人に「エラ張ってんな、ほんとに人間?人間とは思えんwww」などといったあざ笑う口調で人の容姿を侮辱する、幼稚で醜いヘイトスピーチを浴びせる人たちのやっていることが正しいとは思えません。

このようなヘイトスピーチで、日本が良くなるとは到底思えませんし、
ものすごい嫌悪を抱きます。

こういうと、「韓国も同じようなことをやっている」と反論する人も出てくるでしょうが、知性の欠片すら感じない低レベルで不毛な嫌がらせの応酬は、互いを不幸にしあうだけです。
日本側だけでも、何を言われてもヘイトスピーチ、すなわち人種や国籍、ジェンダーなど特定の属性を有する集団をおとしめたり、差別や暴力行為をあおったりする言動をするべきではない。

「何を言われてもヘイトスピーチを決してしない礼儀正しい理性的な日本人」。
こういう評価が国際的に定着すれば、日本人は名誉を得る。

googoo 2014/01/06 01:34 >>7
「リベラル派の偽善性や中韓や在日への嫌悪。」

こういう意見をネットでよく見かけるので
何を根拠にしているのかもだいたい検討がつく

ー リベラル派の偽善性

それはあなたがリベラルだとみなしている人間に対して
ほんの少しでも偽善性と思える言動があれば鬼の首をとったように斬罪したがるだけですよ

ー 中韓や在日への嫌悪

今日テレビをみてるとソウルで日本の芸能人が韓国人と仲良く会話してましたが
当たり前ですけど彼らは憎みあう理由なんてないんですよね。
なぜあなたは縁もゆかりもない他者を憎んでるのですか?


引用
「弱者の中には、自分が弱者として認めたくない者、あるいは「自分にはまだ可能性がある、弱者ではない」と考える者がいる。
彼らは自分達の弱さから目を背ける事に必死になり、次第に自尊心を守るためにめに強大なものに縋るようになる。」

ゆっこゆっこ 2014/01/21 15:54 お前がそう思うんならそうなんだろう
お前の中ではな

名無し名無し 2014/05/20 11:31 学識もないのにリベラルを叩く政治オタクの似非リアリストは大概弱者なのにも納得がいきました

.. 2014/07/18 17:16 ほぼ、ど真ん中に矢が的に当たっていると思います

キャッツキャッツ 2015/09/04 09:14 ネトウヨがどうしようもない馬鹿なのは間違いないが、そこに至るまでの状況は千差万別で、漫画のキャラの単純ではないと思いますが。

キャッツキャッツ 2015/09/04 09:14 ネトウヨがどうしようもない馬鹿なのは間違いないが、そこに至るまでの状況は千差万別で、漫画のキャラの単純ではないと思いますが。

無名無名 2015/09/21 17:40 要するにリベラルは正義
反対する奴はクズって言いたいだけだよね?
そもそも下記の構図が左翼のオナニーだと気付いてない
保守=権力=強者=悪
リベラル=弱者の味方=善

ななしななし 2015/12/08 06:25 もやもやが解けました。すごくわかりやすいです。

がもうがもう 2016/06/14 10:54 要するに反動なんですよ。
何かしら行動する者を叩いていれば、自分は知的で冷静だと思わせられる、みたいな。

名無し名無し 2016/08/27 16:35 最新の記事(民進党の表現規制公約は、一体どこから来たのか?)を見させていただきました。
コメントを書く欄がなかった為、ここの記事に書かせていただく事をお許しください。
特に後編に記載されている「性暴力被害者の支援に関する法律案 概要」も見させていただきましたが、2の定義に「「性暴力」:性的な被害を及ぼす暴力その他の言動」という文章がありますが、個人的には「その他の言動」という部分に民進党が公約として掲げるメディア規制が盛り込まれているのではないかという危惧をしています。また、この法案で表現規制をやるつもりはないとしても、この内容では警察、検察側で恣意的に定義の解釈を決められる危惧もしております。
というのも、元参議院議員の山田太郎氏がツイッター上でヘイトスピーチ禁止法に反対していた理由のひとつに「法案2条のヘイトスピーチの定義において、差別的言動の”言動”の範囲には出版までも含まれます。(法制局に確認済)」という事をおっしゃっていた事から、もしかして・・・という思いがあるからです。

名無し名無し 2016/09/21 16:39 2016/08/27 16:35にコメントを書いた者です。
あれからひと月近く経ちますが、何の反応もありません。
ツイッターをやっていないもので、ここにしか連絡する術がありません。
何かしらの反応を示していただくとありがたいです。

くまもんくまもん 2017/01/26 10:48 良い話で感じ入ります。
引きこもりウヨが何で、市民運動を毛嫌いするのか?
自己嫌悪認識のすり替えって心理操作当たってると思います。
自分は弱者じゃないって思いこみたい
痛々しい心理。
自分の作った自分を守る為に、弱い他者を嘲り、悦に入り現実逃避し、

つまり、彼女も居ない、金もない、学歴もない、4畳半以外行くところが無い
それは凄い孤独感と自己嫌悪の世界だから。
有るのは
無意味に長い時間
なのでネットで時間をつぶす。
社会経験が無いから、意味不明な事も書く

くまもんくまもん 2017/01/26 10:48 良い話で感じ入ります。
引きこもりウヨが何で、市民運動を毛嫌いするのか?
自己嫌悪認識のすり替えって心理操作当たってると思います。
自分は弱者じゃないって思いこみたい
痛々しい心理。
自分の作った自分を守る為に、弱い他者を嘲り、悦に入り現実逃避し、

つまり、彼女も居ない、金もない、学歴もない、4畳半以外行くところが無い
それは凄い孤独感と自己嫌悪の世界だから。
有るのは
無意味に長い時間
なのでネットで時間をつぶす。
社会経験が無いから、意味不明な事も書く

リブタードどもに葬式をリブタードどもに葬式を 2017/02/11 17:21 むしろここで明らかになっていると思うけど、
「リベラル」なるものが弱者に寄り添ってなどいないことが明白だよね
自らの思想にかしずかない弱者を攻撃や認めないことによって、自ら排撃している。
ここにあるのは、寛容の精神でも他者に対する共感でもなんでもない
偏狭な勘違いエリート思想のみで、白痴は自分が信仰しているものが何なのかにすら自覚がない。
あなたのような白痴はリベラリズムの精神が体現するところを信仰するのではなく、
その世界的に認められた権威及び力を陶酔しているに過ぎない。
よって、寄り添うべき彼らに攻撃を加えたり、または反トランプの連中が暴力沙汰を起こしたりと、その精神に明確に反することを行える。
東大教授であらせられる井上達夫氏が「リベラリストのことは嫌いになってもリベラリズムのことは嫌いにならないでください」とかいうふざけたタイトルの本を数年前に出していたのは先見の明があってのことでしょう。
ここで絶望的なのは、いかに理論上正しく思われるリベラリズムといえど、それを体現する人間にはどうしようもなくエラーが発生し、その出来損ない共を観測する人々にはもう行き場が無いということです。

ABCABC 2017/05/17 07:34 左翼の悪い癖は、自分が理解できないものにありもしない理由を作りあげる事だと思います。
左翼は上層の人が多いですから、単純に弱者の気持ちが理解できず支持が得られなかっただけの事です。
その上層にも家柄か勉強ができるからなっただけで叩き上げで苦労してなった人がいないのです。
頭でっかちで弱者を理解したふりをしても、弱者には分かってしまいます。
左翼に学歴差別や権威主義の口調が蔓延しているのもそれを証明しています。
左翼政党が右派を非難する時学歴非難をしています。一般人や弱者の大多数は学歴は良くないのに、それにさえ気づけないんです。
弱者の味方なら権威に逆らわないといけないのに、権威主義で反対なんです。

左翼が弱者に支持されないのは日本だけの現象ではありません。
左派ヒラリーさんはセレブ支持者を沢山呼んで権威を見せつけました。
右派トランプさんは余りセレブも呼ぶ事ができなかったわけです。
弱者や低所得者に支持されたのは誰かというとトランプさんです。
ヒラリーさんも口では弱者の味方をしていましたが、セレブ(弱者の反対)をぞろぞろ引き連れたら弱者の心が離れるのが分からないところが、ヒラリーさん自体が弱者になった事がないエリート街道だった事が簡単に見えるんですね。ヒラリーさんは元弁護士です。
トランプさんは父親は夜間学校に通っていた全くエリート家系ではなく、自分で起業して叩き上げでやってきた人です。

DEFDEF 2017/05/17 14:54 昭和時代ほど市民を騙しやすくないだけ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証