華氏451度へのカウントダウン このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

「表現の自由」を守るためのアウェアネス・リボン運動 「うぐいすリボン」

2013-11-27 急転直下、児童ポルノ禁止法が臨時国会で審議されるかもしれない。

山田太郎参議院議員からの緊急情報。児童ポルノ禁止法が臨時国会で審議されるかもしれない。

11月27日、山田太郎参議院議員みんなの党)から急きょ、児童ポルノ禁止法が今の臨時国会で審議されるかもしれない、という情報がもたらされた。
そこで久しぶりにブログを起動して、取り急ぎ該当箇所の全文書き起こしを掲載した。

2013/11/27(水)
みんなのさんちゃんねる
提供:参議院議員山田太郎事務所
http://live.nicovideo.jp/watch/lv160501357
49:10分頃

山田太郎(以下、山田)
「さて、もう一個は緊急にお知らせしておく話があるのは、ちょっと名前はまだいえないのですけども、児童ポルノ規制法案を衆議院法務委員会に出すという動きが、実は一気に

三谷英弘(以下、三谷)
「出てきましたね」

山田
「出て来てまして、これは何故かと言いますと、参議院側に法案が全部移ってきちゃったんで、衆議院暇らしい。暇なのでその間に法務委員会でいわゆる吊るしになっていた、というか審議がされていなかった児童ポルノ規制法案に関して議論しようという『ある政府高官』。ちょっと裏を取れていないので、そういう情報が、一報がちょっと今日入ったんですけども。えー、がありまして、かなり政府の高官です。えー、が、自民党政府高官です。

が、出してきた問題。ちょっとこれは注視してやらないと、もちろん通りません。あのー会期的にもう間に合わないので、たぶん通らないんですが、我々の方の読みとしては、まず全くこんなもの出す余裕もないと思ったんですけど、かなりビックリ。本気だ。ということと、もう一つは何故この人が出してきたのかよく分からないんですね。よく名前が出てきた人達とはちょっと無いんですね。

という別の政府高官であるという話と、もうひとつは青少年育成法という法律で、別件で切り離して出してくると思ったら、児童ポルノ規制法のいわゆる附則の中のアニメの規制という事で、出してきてるという事なので、ちょっとですね、警戒して情報を得とかないとマズイなと思ってまして。これに関する戦い方も、何でもかんでも反対したら数の力で押し切られるので、えーと、何は賛成して、何は修正または反対させるかってのは、あのー、たぶん我々とか我が党らしい戦い方を、たぶんすることになるのかなと。

今回秘密保護法に関する戦い方ってのは一つ、あのー見えてきたので、これ、たぶんあのー、争点になっちゃうと、そのまま丸っと通ってしまうので、少しちょっと警戒はしているということですね。で、えー、この勢いで行くとたぶん通常国会に出るのかな、と、まあいうようなことなので、(「政府の高官」とは谷垣法相か?というコメントに対し)ちなみに谷垣さんじゃありません(笑) あの、谷垣さん私の高校の先輩なんで。今、法務大臣ですけど。あのー、ちょっとですね、その辺は情報をきめ細かく入れてですね、皆さんにある程度リークしていくと、いう風にしたいという風に思っています。」


次に衆議院法務委員会が開かれるのは11月29日(金)である。
これが事実ならほとんど時間がない事になる。
反対の声を上げたい人は、急きょ地元の国会議員にメールや手紙等で意見を送った方がいいだろう。
FAXや電話は先方に迷惑(FAXは送信料の負担が先方に発生。電話は仕事を中断させる)がかかるが、時間がないという事情もあるので、各自の判断と責任で。
ただし感情的になってはいけない、冷静に。また住所や氏名などの連絡先明記を厳守のこと。

また以前反対の声明を出した諸団体に急遽知らせる事も重要。

■11月28日追記
29日の法務委員会はどうも開催されない模様。秘密保護法の問題が尾を引いているのか、他の要因かは不明。
ただ臨時国会会期末まであと一週間残っているので、引き続き注視が必要だろう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taka_take/20131127/1385569621