Hatena::ブログ(Diary)

たかぎなまこ の たねまき

2015-01-07

なまこの引越し

f:id:takagi-namako:20120221171350j:image

下記の場所へブログのお引越しをしました↓

http://takagi-namako.blogspot.jp/

これからも細々と続けますので、どうぞよろしくおねがいします。

2015-01-01

ひつじさん年

f:id:takagi-namako:20141226160149j:image氷河が染まる朝)
2015年になりました。

今年も、いいことがたくさん見つけられますように。
悲しいことを少しでも減らせますように。

2014-12-25

サンタさんもおどろく歌

f:id:takagi-namako:20141225021509j:image
(ガラスの国のサンタ)
ママがサンタにキスをした』という歌はジャクソン5で聞いていたので、英語
歌詩の内容は知っていました。
クリスマスの日、子どもがこっそり起きていて、ママがサンタクロースにキスしているのを見てしまった一場面の歌。
 最近生まれて初めて、その歌の日本語版を聞きました。
聞いてショック!!
なんと歌の最後に「でも、そのサンタは、パパ〜♪」と言っているのですね!
サンタと仲良くしているママを見て子どもが、パパが見たらどうしようとかドキドキするイメージで、この何十年も聞いていたのに…。
訳者の草野氏は、何故そんな結末に変えたのでしょうか?

先日、ある小学2年の男の子が言いました。
「幼稚園の年中頃までサンタはいると思ったけど、ぼくはもう知ってる。
家族がサンタになるんだよ。」
私は、
「○○君の家はそうかもしれないね。でも、家族がいろいろな理由でサンタになることが出来ない家もあるから、そういう家にはサンタがくることになってるのかもよ?」
と答えましたが、お勉強がよく出来る大人びた○○君は、反論してくるかなと思いました。けれど彼はうなづいて言いました。
「そうか!だから、サンタは来るって言う人と、来ないって言う人がいるんだね。」

 子どもには真実を伝えなくてはいけないと言われますが、
何が真実か、大人だからといって言い切れません。
この世界は、合理的なものだけの集合体ではないはずと思います。

2014-12-22

一陽来復

f:id:takagi-namako:20141009011541j:image:w360
(ふくふくした雀さん)
今年も冬至がやってきました。毎年思うことですが、明日からは少しずつ春へ向けて陽が長くなると思うとほっとします。
 

 いつのもの年より早く、私の身の回りではインフルエンザが流行ってきました。
学級閉鎖されていた学校もあります。マスクはちょっとした買い物へ行くにも必須です。
 風邪で寝込んだことは過去何度かありますが、一番忘れられないのが20代前半にこじらせた風邪。
 休みにくい多忙な時で、発熱や咳を無理やり薬で抑えながら出勤していました。ところが、ある時突然薬は全く効かなくなり、熱がぐんぐんあがり咳も止まらず…。病院へ行ったら肺炎になっていて、そのまま入院でした。
 若いから油断していた…の一言です。独り暮らしで食事はほとんど外食。朝昼はファーストフード、夜はラーメン屋や居酒屋といったあまり感心しない生活をしていました。
 かなりこじれていたので6日ほど入院していたのですが、大部屋の内科病棟の患者さんは皆ご老人。話す人もいないし、退屈なので点滴をひっぱりながらうろうろ散歩していると、廊下の手すりにつかまって一生懸命歩くおばあちゃんに話しかけられました。私の向かい側ベッドの方でした。
「あなたは、すぐに退院できるね。」
そのおばあちゃんがどのような病状で入院されていたのかは憶えていませんが、その言葉ははっきり憶えています。そのときは何気なく「はい。」と答えましたが、おばあさんの心にはいろんな思いがあったのでしょうね。
「あなたはすぐに退院できるね、これからは気をつけなさいよ。若さなんてあっというまよ。風邪をバカにしちゃいけないよ。」
または、「わたしはいつ出られるかわからないのよ。」
かもしれません。
今になって、つくづく思います。風邪を軽くみてはいけないし、自分の身体だからって自分が酷使していいわけじゃないことを思います。自分が倒れれば、必ず誰かしらに、心配や迷惑もかけるのですから。
 今夜はゆず風呂に入り、なんとかインフルエンザにやられぬよう気をつけたいと思います。

2014-11-24

不明部分の物語

f:id:takagi-namako:20141124103502j:image
(つい買ってしまった土偶クリアファイル)
先週、国宝展へ行く機会がありました。
今回は私の大好きな土偶さんたちがいらしていると聞き、
人ごみ苦手な私も、気合を入れて訪問しました。
国宝土偶5人衆がせいぞろいする期間から外れていることを知らずに行ったので、
お二人しか見られませんでしたが、お目当ての合掌土偶さんには会えました。
 今もその用途に謎が多い土偶さんには、さまざまな物語が浮かびます。
創造は勝手にふくらみ、おかしな話から怖い話までいろいろわいてくるのです。
 説明板に「当時のものと思われる修復痕がある」と書かれていました。
彼らは、修理しながら大切にあつかわれていたのですね。
それにしても、ふくよかな女性の体から、かなりスリムなボディスーツ風のスタイルまで、
様々な体系と姿勢です。おまけに、合掌土偶さんは口のまわりにヒゲみたいな点々までありました。
これからも、どこかの土の中からひょっこり現れてくれたら嬉しいです。

 旅行先で偶然見つけた博物館でも、思わぬ不思議なものと出会えるときがあります。
ギリシャの小さな博物館だったとおもいますが、ワイングラスのような器なのに、なぜか口が3つか4つもついているがありました。
「これで飲むとしたらかなり大変だろうな…。同時にすわないとこぼれちゃうし。」
私は顔面にいくつも長い口びるがある妖怪を想像し、説明の英文を電子辞書をひきながら必死に読みましたが、
結局『用途不明器』と書かれていました。わからなくて残念と同時に、わからないほうが楽しいとも思いました。
 物語の種が発芽する、用途・使途不明なものたちが大好きです。