Hatena::ブログ(Diary)

思っているよりもずっとずっと人生は短い。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006/02/12

志の高い企業、ふつうの人

メモ。

志の高い人を雇いたがるのは、志の高い企業のするべきことなのだろうか。志の高い企業は、ふつうの志の人を雇い、高い志を持たせるような企業ではないだろうか。あるいは、ふつうの志の人を雇い、ふつうの志のまま、よい仕事をさせるような企業ではないだろうか。

優れた人を雇いたがるのはよいことなのだろうか。それは極論すれば、優れていないひとはどうでもいい、ということなのではないか? そのような企業で働きたいと思うだろうか? そのような企業で働きたいと思う人ばかりの社会で生きていたいと思えるだろうか?

ふつうの人が9時から6時まで(または10時から7時まで)、ふつうにプログラムを書いていればふつうに生活ができる、という世界の実現は困難なのだろうか。

今のソフトウェアエンジニアリングはふつうの人に辛すぎる。ここで言う「ふつうのひと」とは、たとえば「基本的に自分で本を買わない」「就業時間以外はプログラムを書かない」ようなひとだ。

自分で本を買って読むのはよいことだ。就業時間以外にコードを書くのもよいことだ。しかし、それは個人のたのしみのために行われるべきものであって、職業上の義務としてなされるべきものではない。それでは単なる時間外労働である。

業務のために、就業時間外にたくさん本を読め、と説く人々は、時間外労働を対価なしに(むしろ本代を払って)行え、と説いていることに他ならないはずだ。これを問題だと思わないのだろうか。私は非常に重大な問題だと思う。そのような行動をとらなければキャリアに支障を来たすというなら、それは業界そのものが深く病んでいるとしか思えない。

時間外労働を対価なしに行うひとだけが報われる社会を、そして何より、そのような社会を留保なしに肯定する人たちを、私は認めない。

SICP読書会

興味はあるんですが、20時はちょっと間に合わなさそうです……。

SICPの思い出

ちなみに、某id:ogijunさんとはじめてサシで話したのは、新宿のヨドバシカメラで偶然会った時のことだったはずです。そのとき、「この本知ってますか? すごく面白いですよ!」と言って掲げたのが、他でもないSICPだったりしたのでした。ようやく読んでもらえそうで感慨深いです :D

SICPの思い出その2

SICPと言えば、私が始めてオブジェクト指向(というより、オブジェクトメッセージパッシング)にふれたのがこの本でした。当時はまだ「プログラムの構造と実行」というタイトルの旧版でしたが、大学院のころにこれを読み、「なんだかよくわからないけどすごい!」と興奮したものです。あれでよくわかっていればよかったんですけどねえ。

WRCsus4WRCsus4 2006/02/13 08:35 残念・・・。> 20時

m_sekim_seki 2006/02/14 00:31 企業って誰でできてるんだろう。私は一緒に仕事してみたい人と仕事したいなあ。

iR3iR3 2006/02/17 13:08 自分のために、就業時間外にたくさん本を読め というのはありですよね

FF 2006/02/19 20:57 どの業界・職種でも、自身の研鑽のために勉強するのは当たり前だと思いますよ?
むしろ、自分自身の努力、勉強を必要としないような業界のほうがレアというか、多分、そんな所は存在しないのでは。

YY 2006/02/20 09:44 上記Fさんと同意見です。
ソフトウェア業界に限らず、どんな仕事でもプロ意識を持つならば、日夜自己研鑽をするのは当然であると思うのが間違っているのでしょうか。

時間の切り売りでは、パートタイマーと同じではないでしょうか?
自分の能力を高め、その能力の対価として報酬をもらうという考え方であれば、「就業時間以外」だとか、「時間外労働を対価なし」という考え方は出てこないように思います。

yad-ELyad-EL 2006/02/20 12:53 私は「研鑽ってのは自分のためのもので、他の人に強要したり、しない人を見下したりするためのものではない」というように読みました。受け取り方は人それぞれですね

hubrishubris 2006/02/28 08:10 ええと、精神論はどうでもいいんですが(個人の技量に頼りろくな教育システムを失い、昔のDECや最近までのIBMのような人材が出せなくなってしまった体たらくを私は問題視します)、勤め人の控除は必要経費分として認められてることを皆様どうかお忘れなく。

MM 2006/04/05 10:40 takahashimさんと同意見です。会社に無料で勉強時間を提供している現実を当たり前と思っている現実が、狂ってるとしか思えないんですが。

私はプライベートの時間のほとんどをHACK(= with fun :-) )に費やしてますが、それが会社の利益のためかと言われたら、断じて否、です。

家でPCに触る・触らないとか勉強するしないに関わらず、生産性で適切に報酬が変われば、フェアになるんじゃないかなーって思います。そうすればプライベートでも勉強するでしょう:-)

Connection: close