たーくんの狂人日記 このページをアンテナに追加

2008-10-26 [読書]日経新聞読みこなし隊

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊

ま、この本を手に取ったのは偶然です。似たような書籍は、他にもいろいろ出てるみたいですしね。(例えば、no titleとか。)別に、渋井教(公式サイト)に染まったから、という訳では全然ありません。その証拠に、2005年の本を目にしたのが2008年ですから。


まぁ、そんなことは置いといても、結構面白い本だった。曰く、

経済とは、人間の欲望を貨幣という単位で数値化したものである。

など。なるほど、と思わせる言葉が多かった。


ある意味日経新聞モード*1外国語だから、音読が効果的だそうです。うーん、図書館ではキビしいけど、たまに買ってきたときにやってみるか。


あと、僕が大いに同意したのは、

テレビの情報は、自分の中で言語化できない(ことが多い)。また、新聞ネット上の情報も、点で捉えるなら大きな違いはないが、立体的に捉えるなら、新聞の方が圧倒的に勝っている

とのことです。


もう一つ、タテ読み(各面を別個に読む読み方)に対してヨコ読み(数日間に渡って、各紙面を関連づけて読む読み方)の重要性も説いていました。そのためには、やっぱり継続して読むことが大事かなぁ。

雑感

今、菊花賞の中継見るのに、NHKにチャンネル合わせたら、タイトルが " NHK Sports " だと。競馬って、スポーツだったのか?

*1:ここでは、作法と訳すべきか?

2008-10-25 [読書]高次脳機能を鍛える このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

高次脳機能を鍛える

高次脳機能を鍛える

図書館で見つけて借りてきたんだけど、実は家にもあった。

しかし、こういう医学の専門書って、高いよね。

これなんて、62ページで¥2,800だから、一ページあたり¥45くらいか。

ファインマン物理学〈1〉力学

ファインマン物理学〈1〉力学

同じサイズでも、こっちだと(今は)¥3,465@379ページ*1から、一ページ¥10弱で、単価は上の本の1/5くらいだね。

で、「高次脳…」の本ですが、まぁ著者が意図した意味で役に立つのは、僕のようなキチガイくらいでしょうが

高次脳(機能障害)は感染する

ので*2、これから時代一般の人々にも役に立つこともあるんじゃないかな、と思った。

例えば、近年話題に上ることの多いADHDや高機能自閉、アスペルガー症候群などは高次脳機能障害と極めて関連性が高いです。

*1:ちなみに僕が持っているのは、¥3,010の時代だった。ページ数は一緒。

*2:僕は、高次脳は指定伝染病から、と表現していました。いわゆる、wikipedia:法定伝染病とはちょっと異なるニュアンスです。→('16/02/13 追記)と思ってたら、指定伝染病というのもあるそうでorz指定伝染病(していでんせんびょう)とは - コトバンク

2008-10-23 [時事]支持率 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日の日経には、米大統領選の各社の支持率が並べて書いてあった。

それによると、オバマ氏50〜53%、マケイン氏42〜46%で、先日日本での麻生内閣支持率の違いよりは小さかった。ちなみに、読売新聞ではギャロップ(gallop)オバマ氏52% vs マケイン氏41%という数字が紹介されていた。でもまぁ、これも下一桁は日替わりみたいだから、そんな数字に一喜一憂するのもどうか、と思うけど。


いずれにしろ、こういう数字が一人歩きして政治世界の物事が決まっていくのって、何か空恐ろしいよなぁ、と思った次第です。さらに恐ろしいのは、こういうサンプル調査と選挙のような全数調査が、ほとんどの場合同じ結果を出してしまうこと。ごくまれに、選挙当確の速報が外れることもあるけど、そういうことって本当にごくわずかでしょ?

2008-10-17 旭川で友人たちと会う このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

mixiの日記には書いたんだけど、こっちの方が使い慣れてるから、こっちに詳細をば。


高校時代の友人三人と、旭川で会ってきました。

f:id:takahiro_kihara:20081017224323j:image

まぁこうして改めてみると、皆それぞれ味のある形で年輪を重ねていますなぁ。あ、オイラは写真写りが悪い*1ので、撮影専門です。


続きを読む

*1:これは、普通の意味写真写りが悪いことに加え、自力ではどうにもならないこともあります。(事故の影響で、wikipedia:斜視(やぶにらみ)だから写真撮られると目つきが悪くなる。)

2008-10-10 [読書]ブックオフと出版業界 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

そんな訳で、次に手を出したのは、この本:

ブックオフと出版業界 ブックオフ・ビジネスの実像

ブックオフと出版業界 ブックオフ・ビジネスの実像

この本は、かつてはぱる出版から刊行されていた同名の書籍2000年)の増補新版にあたるそうです。ブックオフ関連の本はいろいろ出ているみたいで、中にはブックオフ礼賛本と言い切っていいものも多いようですが、この本は明らかにブックオフに批判的な立場から書かれています。

まだ初めの方しか読み進めていないんですが、ここまでの感想を。『』内は引用です。

近代とは紙の時代であり、それが'70年代あたりに終わった。』現代は、言わば近代読書から現代的読書への移行の時期、だそうです。

『「薄利多売主義」は、永遠の命は持ち得ない』と。これは、初めは「そうか?」と思ったけど、よく考えてみると一面で真実をついているかもしれない。

『ほとんどすべての人間が文字を知っており、また多かれ少なかれ本を読むからといって、その事実に欺かれてはならない。文字が読めるからといっても、大部分は、自転車に乗れるとか電話が使えるとか、車の運転ができるからというのと同じことであり、賭博師や守銭奴が少数であるように、読書人もまた少数なのである。』(ヴァレリ・ラルボー「罰せられる悪徳・読書」(岩崎力訳))ドキッ

読書とは「見ぬ世の人を友とし、書物を通じての見ぬ世の人との対話」である。』(徒然草 第十三段

『つまるところ、'70年代までは出版社→版元→書店→読者→古本屋→読者 というサイクルが出来ていた。(でも私が思うところ、古本屋以降のサイクルが成り立つのは、一定規模(政令指定都市級)以上の大都市圏だけだと思う。)それが、'80年代から'90年代にかけて出版社→版元→郊外書店コンビニ消費者*1ブックオフなどの新古本屋→消費者 というサイクルに変わった。』

とりあえずここまで読んだところをまとめると、「出版業界は、21世紀における新しい書籍流通システムに移行できるのか?」といった問題提起がなされています。

で、ビックリしたのは、この新古本屋っていうのは、本が初版かどうかは関係なく、新しくてキレイな本ほど高く買い取り、基本的に¥1,000の本を¥100で買って¥500で売るような商売をしているんだそうです。また、売れる本の内訳も、コミックが約50%、CD・ゲーム30%、残りを一般書籍、っていう感じなんだそうですわ。

そんな訳で、単純に安いからと言って喜んで新古本屋ばかりを利用していてはいけないなぁ、と思いつつ、一介の(貧乏消費者としてはやっぱり安い方が良いわけで、今日も、新古本*2新書を一冊買ってしまいました、とさ。ま、昔ながらの書店で文春を買ったから、一勝一敗でいっか。

いずれにしろ、最近は、せっかく買って読んだ本はむやみやたらと新古本屋に売ったりせず、スペースの許す限りは家に置いておく方が良いよな、と思います。また、それに伴い、昔は僕は本にはほとんど線を引かなかったんだけど、最近は、気になった文章に赤線引いたりすることも多いです。(もちろん、自分で買った本には。図書館の本にそんなことをする輩は、シケイ!でしょう。*3

続きを読む

*1:読者、ではないことに注意

*2:でもここには、昔ながらの古本屋風の商品(例えば'87年、国鉄JRになって初めて出した時刻表、あと第二次世界大戦時の航空機戦闘機)の配置表とか。どう考えても素人が買いっこないね。)が置かれてたりする。値段の付け方が、旧来の古本屋に比べてどうか、まではわからない。

*3:以前、僕はパタリロ風と言ってましたが、がきデカ風の間違いのようです。

2008-10-09 [読書]CP非保存と時間反転

ノーベル物理学賞の、受賞理由のwikipedia:CP対称性の破れ発見の、"CP対称性の破れ"って何じゃらほい?と思って、借りてきたんだけど、サッと読んでもやっぱりよくわからなかった。弱い相互作用では、C(Chargeに由来、荷電共益のこと)とP(パリティParity)の対称性が保存しない、というのはわかったんだけど、あとはなんだかようわからんかった。ファインマンダイアグラムとかも、見た記憶はあるんだが、その意味するところはようわからんかったりするorz

まぁ、オラも物理世界から(強制的に)遠ざかって、約十年だしなぁ。思えば、遠くへ来たもんだ。

[]考える力

アイディアを10倍生む考える力

アイディアを10倍生む考える力

だから、今はこういう本の方がピンと来たりする。

いくつか、文中にあって響いた言葉を拾ってみると、

  • 「考えるとは、蝶のように舞い、蜂のように刺すことだ。」
  • 「(勉強の際に)休憩の時間は、敢えて作らない。強いて言えば、トイレ時間が休憩時間
  • 戦争は、善悪二元論が引き起こす、知性から最も遠い、知性が欠如した状態」
  • 「商売をやる上でも、士魂商才が重要である。商才というのも、元々道徳を前提としたものであって、道徳と離れた不道徳、欺瞞、浮草、軽佻の類は小才子、小利口の類であって、真の商才とは言えない。(渋沢栄一論語と算盤」)」
  • 「少し未熟な方が、聞き上手になれる。」
  • 「敢えて、名画と二流の絵画を並べ、比較する。」

全体的には、「考える快感」を味わうためのヒントや方法が、凝縮されている、といった感じの本で、どちらかというと手元にあった方が良い本かもしれない。

この本以外にも、齋藤孝さんは多数の本を書かれていて、僕もいくつか読んだ記憶がある。(残念ながら、BOOK OFF に売ったりで、手元には見あたらないんだけどorz

下村さん

ノーベル化学賞を受賞した、下村さんって、スタートレックDS9に出てきたオドーに似ている気がする、と思ったのは、僕だけでしょうかね?

http://www.startrek-dvd.jp/ds9/common/images/cas00106.jpg←オドー(こちらより拝借)

2008-10-08 [新聞]新聞読み比べ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨日の、ノーベル物理学賞ニュースの詳細を知ろうと、図書館に行ってきた。

日経朝日読売毎日新聞を読み比べた結果、一番わかりやすかったのは毎日だった。

まぁ僕も素粒子理論はあまり勉強してないけど、読売コラムとかは、この記者、本当にわかって書いてるのかなぁ、と疑問が残る書き方だった。(よく読めば間違いではないことがわかるんだけど、そういうわかりづらい文章しか書けないということは、理解の程度が浅い、ということでしょう。)

shigeamishigeami 2008/10/10 19:44 小生も素粒子理論はあまり勉強してませんが、南部先生のブルーバックス「クォーク(第2版)」は「対称性の破れ」の説明も含めてとてもわかりやすかったです。もっとも現在注文が殺到しているようですけど。

takahiro_kiharatakahiro_kihara 2008/10/10 22:09 ま、この件に関しては、もうしばらく状況の推移を見守ろう、と思います。

2008-10-07 [読書]クリティカル・シンキング練習帳

僕は、大学図書館で見つけて借りてきたんだけど、これは(一部書き込み式の)練習帳だから、買った方が良いのかもね。その証拠に、図書館には同じ本が三冊並んでいた。(なんかの講義テキストに使ったのかもしれない。)

で、僕はいつものクセではじめから順番に読んでいったんだけど、この本の場合、後書きから読んで問題点クリアにしてから読み進めていくのが良いのかもしれないな、と思った。

wikipedia では、wikipedia:批判的思考となっている。

※例によって、日付は適当です。

後書きから、まとめの部分を引用しておこう。

効果的なクリティカルシンキングの8ヶ条

  1. 相手の言い分を真に理解したい、という姿勢を示す。
  2. 聞いたこと(読んだこと)を自分の言葉で言い直し、自分の理解が議論で述べられている(書かれている)ことと矛盾しないかを質問する。
  3. クリティカルクエスチョンを発するときは、声のトーンや言い方(書き方)にも注意する。
  4. 議論をより説得力のあるものにするような理由をさらに挙げてくれるよう頼む。
  5. 対話を続ける努力をする。爆弾を落とすようなやり方をすると、議論は発展しない。
  6. 相手の許可を得てから、推論の弱点を探すようにする。
  7. 相手と自分は、同じ目的、すなわちよりよい結論に向かって共同作業をしている協力者だ、と印象づける。
  8. 相手が理解できないような用語を使わない。

これは、hatenaでの議論でも同じことが言えるね。(もっとも、ネット上での顔の見えないdiscussionでは難しいことも多いけど。)

2008-10-03 (追記)バナナダイエットに関して、など このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

(10/19更新*1

この日の朝日新聞に、一躍ブームとなった朝バナナダイエットに関しての詳細が載ってました。なんか、元々は

朝バナナダイエット

朝バナナダイエット

という書籍出版されていたそうですね。で、時々TVで紹介される程度だったのが、火に油を注いだのがTBS系列の特集番組ドリームスペシャルらしい。情報源)だった、と。

まぁ、バナナが優れた食品だ、というのは事実です。それにしても、バナナだけ食っていれば良い、というのは、常識的に考えておかしいでしょう?痩せるために必要なのは、いつの世でも、一にバランスとれた食事(基本的に間食は無し)、二に運動、三、四が無くて五にこまめに動くこと、です。(怪しげな、サプリメントと称する栄養補助食品は考慮対象外。)私はこれで、(10kg以上)痩せました。

しかしまぁ、こんなサイトまで出来ているとは、世も末じゃ。その証拠に、今は納豆ダイエットなんてほとんど耳にしないもんね。まぁ、ググればちらほら見つかるけど。ま、一応こっちは捏造だった、ということでカタがついたんだったか。でも、朝バナナだって「目くそ鼻くそを笑う。」的なものだと思うな。

*1:何故こんな日に更新したか、というと、部屋を掃除したら、旅行中に買った古新聞が出てきた、というわけです。

2008-10-02 今日から、旅に出るので

しばらく更新しません。

しかし

出発の前に、ちょっとダイエーに寄ったんだけど、そしたら日本ハムCS進出記念セールなんぞやってた(チラシ)。え、ダイエーが?!節操ないね。

2008-10-01 補足 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

http://q.hatena.ne.jp/1222821591

まぁ、僕自身も、使われたらあまり良い気分はしないと思いますが。(古い考えの持ち主だから、言葉意味コロコロと変わるのは好まない。)

で、こういう質問はイワシにしたら良かったのかもしれない。