たかぴろの 狂人日記 このページをアンテナに追加

2011-01-16 [読みかけ]天才と発達障害、など

明日からまた図書館に入れなくなるので、今日の読みかけ備忘録の色彩が強い(つもり)。つまり、いつもは報知放置プレイだけど、今日のは放置はしないつもり、ということ。

と思ったら、こちらの方が詳しいレビューを書いておられました。なので、詳しくはそちらを参照してくだされ。

副題からもわかるように、映像思考の人としてwikipedia:アントニ・ガウディを、聴覚優位の人物の例としてwikipedia:ルイス・キャロルを取り上げています。

自分視覚優位か聴覚優位かは考えてみると面白いと思うんだけど、僕は(ほぼ明らかに)視覚優位*1。だいたい、(今は)耳悪いし。

と思ってたら、

聴覚優位の人は)時には…ダジャレのような言葉を想起させることが生じるようです。

なんてあった。ということは、ダジャレンジャー能力から聴覚優位、ってことになってまうなぁ。うーん、また図書館は入れるようになったら、真面目に研究してみるか?!

あと、これは借りてきただけで、まだ序文やまえがきも読んでない。

*1:本の好みも、視覚優位の人はドキュメンタリーなどを、聴覚優位の人は物語を好むらしい。